プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

6月24日 帆走練習

今日は久々に帆走練習。このところ海に出る言えば機帆走ばかりで純粋な帆走は余りやってきませんでした。エンジンとオートパイロットに頼りきりのクルージングも悪くは無いのですが、ヨットは自分で繰って帆で走るものなのです。

レースに備えてティラーにエクステンションを取り付け直しました。クルージングでオートパイロットだけで行くならいらない代物だったので外してあったのです。取り付け位置を少し後ろにずらしての取り付けでした。それでも年代物のエクステンションなので重いのが偶に傷です。

今日の帆走練習のお題は、初心に帰って帆走オンリーで行き帰りするというもの。まだレースの練習には程遠いので、トリムやヘルムを一から見直すというものです。それでも中途半端にジブトラックの位置やメインセールのトリム位置を記録してあるので、まるで素人という訳では…

何をやったのか記録するための定位置カメラを低くセットしての出港です。これが結構良かったようです。詳細は今日の動画を見て下さい。

風は南東3m~5mで20度位の振れがありました。セールアップしたらエンジンを止め、オートパイロットも使わないというルールを自分に課します。尤も遅い昼食の時はオートパイロットだけは使いましたが。

出て直ぐにポートタックのクローズホールド。ただ揚げてトリムしていないセールでは2.5ノット程度しか出ません。ジブシートトラックを定位置の7番へ、両舷のメインシートを真ん中で少し緩めに。加減はテルテールで見ます。
同じ風なのに3.5ノットに増速です。風は3.5~5mを行ったり来たり。登らせては落としてを繰り返していきますが、艇速は余り伸びないし、高さも余り稼げているとは言えません。

波を味方につければレースでは有利ですが、中々思ったようにはいかないものです。今日の様にうねりがある時には有効な方法だと思うのですが…
タックも今日の練習メニューです。幸浦の辺りでタック。これが失敗タックになってしまいました。オートパイロットを使っていると割と楽に行けますが、ティラーを足に挟みながらのタックではどうしてもゆっくりとしたタックになってしまい、ジブを返すのもやっとの事でした。これだから機械に頼るのは良くないのですよ…

メニューの一つは登りの最大スピードが得られる角度。今までは機帆走でエイッとばかりに力づくでやっていましたから、帆走だけの登りでどの角度が一番早いかなんてほとんど気にしていませんでした。エンジンを替えたりファーリングにする前にはやっていたのにね。

でもやっている内に少しずつ思い出してきました。オーパイも無くエンジンも旧式の時はマストトップの風見とうなじが頼りでしたが、今は風向風速計があるので前を見ながらでも角度が分かります。32度は上り過ぎ、50度は落とし過ぎでその間の角度が丁度良い塩梅でした。

ラフとベアを繰り返すというのはディンギーでは当たり前の事ですが、クルーザーも同じです。同じ角度で登っていくよりも高さを稼げるようです。でも、程度の問題で、余り頻繁にやるとかえってスピードが落ちてしまいます。ディンギーはスポーツカーの様なもので、加速が良いですから高さを稼ぐのは難しくないのですが、クルージングヨットの場合は反応が鈍いので急な加速をしようと思っても付いてきません。

むしろ重さを利用して波を切り裂く方が良さそうです。

タックで沖出しすると33Ftクラスのクルーザーと並走になりました。丁度良い加減ですね。向こうが少し先行しているのでどの位走ったら離されるのか試してみます。クローズホールドよりも少し落とした角度で並走しますが、トリムを忘れています。途中で気が付いた時には離されていました。それでも動画で見るよりも近い距離だったので、なんとかレースにはなりそうです。

二度目のタックはなんとか成功。それでも回るのが遅いです。もっと早くしないとレースにならないですね。シングルならオートパイロットを使うべきだと思いました。

ポートとスタボータックの速度の違いはどうやらメインシートの引き具合にあるようです。真ん中と思っていても風上に引けていたりするので、シングルではトリムが難しいかも知れません。しっかりと両方のメインシートを持ってトリムした方が良さそうです。

八景島まで来たところで遅めの昼食。ここではオートパイロットをウインドベーンモードで使います。どの程度違うのかな…
え~、昼食どころではないですよ。4m位の風なのに3.5ノット出ています。ティラーを握って頑張っても3.2が精々なのに、どうして~

やはり長時間ティラーを握っていると感覚がマヒしてくるのでしょうね。どうでも良いか~って具合になっているのでした。
昼食を終えたらUターンして下りの最大スピードを探ります。元々ルボンは登りには強いのですが、下りはカラッペタなのです。メインセールが小さい割に大きなジェノアが生かし切れていないです。いきなりスピードダウン。

メインセールの影響が一番小さくてジェノアが生かせる下り角度はなんとか割り出せました。リーチングは余り焦らなくても大丈夫ですが、ジェネカーを使わないとしたらこの角度は大事です。
ジェネカーどうするかな~。ファーリングだしな…

行きもあっという間の八景島でしたが、帰りもあっという間にマリーナ湾口。結構神剣にやったんですね。エンジンを掛けて帰港でした。

上りは何とか走れるようになってきたので、模擬レースでもしたいところですね。
今日残った課題はなんといっても下り。もう少しましに走りたいところなのですが…

今日の動画
カメラの固定位置をスタンションの一番低い所にしてみました。それ程の波では無かったですが、何とか雰囲気だけは出せました。


6月12日 何故か箱根にドライブ

昨日のお酒がまだ残っているのですが、気分転換にドライブでも…というかみさんの声に誘われて箱根までドライブ。
ブログは船の話題しか載せない事にしているので、何故かなというと
大島行の3日間と続けての象の鼻桟橋行と慌ただしい中のバーベキュー参加。少し前なら体力には自信があったので何という事も無かったのですが、又々続けてドライブしたらどうなるかという体力テストの様なものなので、載せる事にしました。

今日は起きたら曇りがちの天気。ねえ~たまにドライブでもしない…
という声に起き出してハンドルを握ります。

あれだけ飲んで帰ったので大丈夫かなとも思いましたが、ハンドルを握ると正気に返るのです。
それでも疲れが出ているのが分かるので、高速はサービスエリア毎に停車で、左車線をひた走りに走るというエコモードです。

下りの海老名SAは以前とあまり変わらない様子でしたが、足柄SAは様変わりでした。一階部分が大きく変わって店が増えて賑やかになっています。

箱根に行く目的はこの季節の花、紫陽花を見る為です。以前は御殿場ICを降りて仙谷峠までの道脇に一杯咲いていたのですが、今回は殆どゼロ。手入れされなくなったのか殆ど見かけなくなりました。ちょっと残念。
この辺りでは疲れがピークになってきたので元箱根の芦ノ湖畔で休憩です。ちょっと無理をしたかな~
20170612-001.jpg

帰りは箱根新道から小田原・厚木道路をゆったりペースで走ります。愛車のFIT RSはエコ&スポーツでエコモードで制限速度の70Kmで走ったら区間燃費でなんと32Km/lを記録しました。これって最高記録です。カタログ値は19.5Km/lなんですけど…
当然左車線をのんびり走行ですが、バックミラーを見るとずらりと後車が並んでいました。皆さんエコなんですね。

厚木からは東名で海老名の登りSAに入ります。ここは依然と違って様変わりです。レストランは全て二階に移って一階は真ん中と両側に有名店が一杯に。九州物産展をやっていたので夕食の食材を調達です。
尾籠な話で恐縮ですが、どのSAもトイレはホテル並みの奇麗さ、しかも最新の設備です。変われば変わるものですね。

無事に家にたどり着きましたが、先のクルージング、バーベキューなど諸々とあったので、沸かしてもらった風呂に浸かると疲れがどっと出て気持ちの良い事。お酒も進みます。


考えてみたらお馬鹿なスケジュールでしたが、クルージングは体力勝負。どんな時でも体力を残しておかないといけませんよね。歳をとってくると体力が衰えてくるのは避けられません。
それを考えると体力テスト的な意味では価値があったかな…

さて、ドジャーを本格的に作り始めますかね。

6月11日 クラブでバーベキュー

外来艇歓迎クラブのメンバーになってから1年余りが経ちました。余り活発に参加しているとは言えませんが、気が向いた時には出るようにしています。クラブは会費を取らない、強制しないという緩いものなので参加しやすいというのもあります。

それでもいつの間にかクラブ幹事になっていました。私の役割は広報(らしい…)でクラブのホームページを作ったり、ページに掲載する写真を撮るなど割と楽なものです。そんな中で今回はバーベキューは会場が取れたので何人か集まりましょうというもの。クラブ全員に参加を呼びかけるものではないので余り気のりがしませんでした。

前日に急に参加できなくなった人が出たので、なんとか…というので出る事にしました。バーベキューは焼き方の如何によって味が変わるのですが、誰もいないので急遽私が焼き方に。
集まったのは6人の筈でしたが、後からS木さんが参加して7人に。

集まりが遅くてまずは集まった人だけで乾杯~
20170611-001.jpg

今回は女性二人が参加して華やかに…
20170611-002.jpg
この中の四人は幹事さんです。私も含めると5人!?

まぁ、クラブの性格が楽しければ良いというものなので良いかな。
海の好きな人の集まりなので、レースやクルージングの話で盛り上がります。なんとタモリカップは代表のO田さんと出る事に。ファーストステップにはS木さんも含めて三人で出るという豪華版になりました。練習しなきゃね。
外来艇を歓迎するという趣旨で作ったクラブですが、そこはそれ…酔いも手伝ってクルージングをやりましょうという事になり、手始めに保田に行きましょうかという事に。
保田といえば朝食はキューバサンドが定番です。作り方などを披露すると食べたいという声も。
クルージングを主体にするならクラブなら名前もそれらしくしたいところですね。

肉や野菜を焼きながらお酒を頂いていたら出来上がってしまいました。お開きではスタッフにお願いして全員の写真を。
20170611-003.jpg
私のしゃがれた顔を覗くと皆さん中々に映っています。これも楽しいからこそですね。

実はこの写真を撮ったあたりから記憶が飛んでいて、気が付いたら新杉田の居酒屋でまたまた飲んでいたという次第でした。当然どうやって帰ったかも覚えていない始末。

反省、お酒は程ほどに…
何時もこれだけど。

6月9日 横浜港 象の鼻桟橋へピクニッククルーズ

セルさんからのお誘いで象の鼻桟橋に行く事に。色々なところに行きましたが、横浜港内は処女地なのです。これ迄に何度も行こうという事でお誘いを受けていたのですが、日程が合わなかったり、予約が取れなかったのです。
今日は天気も良く風波共に良好なので、自艇に三人乗って向かう事にしました。

11時の約束で少し早目に出た筈なのに、着いたのは殆ど同時刻。さぁ、出港です。
風は弱いのですが、波はそこそこあって本牧ふ頭を過ぎる辺りでは結構な波です。それでも大島に行った時より優しい波なので気にしません。

それでも向い波なのでオートパイロットに任せておくと乗り心地としては…横浜港内に入るまでは手動です。この方が引き波や突然やって来る波に対応しやすいのです。大島行での荒天航行の練習の甲斐がありました。

横浜港内に入ると山下公園前をぐるりと回り、大さん橋をかわしながら象の鼻へ。入り口では音響信号が必要という事であまり使っていないホーンを鳴らしての入港。
どの位の広さかというとマリーナの給油所位に桟橋が数本あるという狭さ。観光船に横抱きで舫いも完了です。分かっている人が乗っていると入出港時の舫やフェンダーの扱いがとても楽ですね。
20170609-001.jpg
観光船は乾舷が高いので、桟橋に降りるのにも一苦労です。
20170609-002.jpg

ランチタイムなのでシルクセンター交差点角の二階にあるレストランで昼食を。
20170609-003.jpg 20170609-004.jpg

食後は桟橋近くを散策。
20170609-005.jpg 20170609-006.jpg
20170609-007.jpg
晴れていて清々しい感じです。

ゆったりとした時間を過ごした後、桟橋を離れてマリーナへ。ここからは船で来ないと見られない風景ばかりです。
20170609-008.jpg 20170609-009.jpg
20170609-010.jpg 20170609-011.jpg
20170609-012.jpg

ベイブリッジを通過するとセルさんはバウデッキで大の字。聖ちゃんはというと
20170609-013.jpg
煙草を吸っていない貴重な一枚…

横浜港湾センターのサイン。これから出港する船があるというサインでした。
20170609-014.jpg

来るときは向い波でしたが、帰りは追い波。これならオートパイロットに任せられるので楽チン操船です。
1時間ほどでマリーナの入口へ。これは最後の行き交い船です。
20170609-015.jpg
天気予報どおり、北の方は何やら怪しい雲が出ていて、その下は雨が降っているような…

程なくマリーナ入港。自バースに戻る時も手伝いがあると本当に楽ですね。

何故か行かなかった横浜港でしたが、楽々ショートクルージングで身近なランチスポットとしてお勧めできます。
セルさん、聖ちゃん、誘ってもらって有難うございました

今日はピンクムーン。アメリカではストロベリー・ムーンというようで、ランチタイムでも話題になっていました。500mm(750mm相当)の超望遠で撮って見たらこんな感じです(少しトリミングしてあります)。
20170609-016.jpg


6月5日 大島クルージング その3

保田の朝。Y田さんが壊れたジブファーラーを取り換えるため油壷に回航するというので8時に出港です。見送るために早起き(といっても7時ですが…)してコーヒーを準備します。

コクピットで談笑しながら、しきりに海況については騙されたと…確かに海快晴を信用せず、富士山が奇麗に見える時は西が強くなるというのも無視しながらの強硬突破でしたからね。
それでも懲りない私は何でしょうか。

この航海中は色々と良い経験をしました。藻が巻き付いた時の外し方や風や波に対する処し方は勉強になったのです。流石に30年乗っている人と高々10年に満たない経験の違いというものがありました。
少し話が長くなって12時までに着かないといけないところが遅くなってしまいました。

セルさんを起こしながらY田さんの出港を見守りです。また行きましょうね。

で、船に戻りながら船底を見ると何やらペラに巻き付いている様子です。ホンダワラを巻いてしまったようです。ユラユラとしているのが見て取れます。う~ん、冷たいので潜るのも何ですからボートフックで巻き付けてみます。
何回かやっていると大体は取れましたが、まだシャフト周りとペラにまとわりついてします。機帆走には問題なさそうなので帰ってから対処する事にします。

帰りは何時ものコースなので何も心配ありません。10時少し過ぎた頃に港内でメインをアップしての出港です。
20170605-021.jpg

沖合の漁網を避けながら北系の風に合わせてセーリング中心の機帆走。今日は少し頑張って見ましょう。第一灯浮標を目指します。入船が途切れた所で横断を始めます。
クローズホールドで始めは3回巻きのジブで、終わる事にはフルセールでエンジンを止めて走ってみました。見掛け7mの風で5ノット強、ヒール角20度強といったところです。これならレースに出ても何とか行けるかも知れません。
20170605-012.jpg

それでも観音崎までは真上りなのでジブをファーリングしてエンジン全開です。波長の短いうねりしかないのに6ノットしか出ませんから、ペラに巻き付いている藻の影響かも。
20170605-013.jpg

観音崎をかわしてからは微風です。それでもセーリングしているとセルさんから微風レースの練習に付き合いますよと…
沖の根まで競争です。でもこの風で?
0.5から2mの風で走水の近くですから潮に流されたらお終いですからね。

暫く我慢のセーリング。沖よりも岸寄りに風波があったので、岸に寄せながらの我慢比べです。こんな時にタックして失敗すると絶望的ですね。思わず反対に舵を切って潮に流されながら270度回転してタックしてみたり、旨くタック出来たりと色々です。それでも競争しながら我慢比べしているのと、デイセーリングでのんびりやっているのとは意識が違うので時間が過ぎるのも忘れて没頭していました。

VHFでもう止めましょうかと言われるまで我を忘れていました。
ここからは機帆走で帰ります。猿島から八景まではあっという間。
20170605-014.jpg

マリーナに還りついたら早速燃料を補給してK道さんにお願いして船をクレーンで釣り上げてもらいます。
ペラにまとわりついた藻は少なかったですが、これでスッキリです。

艤装を解いて船内を片付けている時にY田さんから電話連絡が入りました。何とか無事に油壷に入って帰る途中との事。ホッとします。

こちらも疲れた足を引きずるようにして車へ。


疲れましたが不無事に帰って来れました。それでもな次に出たくなるのです。ヨットって不思議ですね。


<本日の動画>
3日から6日までの通しになっています