プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

10月14日 下架しました

上架してから台風やら風邪ひきやらで延び延びになっていましたがやっと下架しました。今日は久々の写真もあります。

伸びた原因の一つは台風対策でした。下架した途端に台風で被害にあってはとK道さんにお願いしてスケジュールを延ばしてもらいました。もう一つは風邪。一瞬コロナと疑いましたが直ぐに熱が下がったので問題は無かったのですが、バフ掛けしていたら雨が降り出して帽子もかぶらずに頑張ってしまったのが風邪の原因で、しかも当日はバウの片側だけ残してしまったという情けない状況でした。

今日はバフ掛けの残りをやろうと張り切ってきたのです。これはものの30分で完了です。

もう一つ、バッテリーバンクの主要配線を延長してもらう事にしていましたが…ご担当が今日は詳しく教えてくださいね?…
確かに複雑と言えばそうなのです。
今迄はエンジンルーム横にバッテリースイッチがあって始動用の車バッテリーとサービスバッテリーの選択スイッチを切り替えるようになっていました。
これをエンジンルーム横のスイッチを廃止して、バルクヘッドに付けた二連の丸形スイッチに配線し直してもらおうというものです。今までの二連丸形スイッチの右側はサービスバッテリーに繋がっていてエンジンルーム横の2番に繋がっていました。これはそのままにして同じく左側の丸形スイッチをエンジンルーム横のスイッチと置き換えてしまおうとお願いしていました。

文章にすると複雑そうですがエンジンルーム横スイッチを単純にバルクヘッド丸形スイッチ左に置き換えるというものなので簡単そうに見えますね。

しかし、詳しく教えてねと言われてバッテリーバンクとスイッチの関係を図解すると結構複雑なのでした。しかも物理配線がタイバンドで結束されているので番号だけでは良く分かりません。結局テスターで確認しながらの作業になってしまい、付きっきりで配線を指示しながらの作業になったのですが…

殆ど分かったというので作業をお任せして休憩していると、終わったというので確認して見たら、あれっ…
バッテリーバンクの1番と2番のプラスが一緒になっています。しかもバッテリー端子のスイッチがオンになっているではありませんか。これってヤバいかも…

因みに1番は始動用の車のバッテリー、2番・3番はディープサイクルです。マイナスは一緒ですからプラスが一緒に結線されていると言う事は1番と2番が並列になっていると言う事なのです。ディープサイクルの方が電圧が高いので2番から1番に充電してしまっているのです。とっさに端子に付いているバッテリースイッチをオフにしました。

で、エンジンスタータの配線と1番の配線をバルクヘッド左の丸形スイッチに配線してもらって1件落着となりました。ふ~
配線完了後のテストでは問題なさそうですが上架しているままでは始動できないので下架してからの確認になります。

配線の問題で時間を喰ってしまい下架したのは4時頃でした。エンジンの始動も問題なく出来たので無事終了です。
自バースに戻ってみるとお隣のヨットが居なくてH本さんと目がばったりと合ってしまい、しかも隣には妙齢のご婦人が…

娘さんですね。お初にお目に掛ります。今日は動画を撮ったのでYouTubeにアップするそうです。動画も楽しみの一つにしたいんですとの事です。楽しみの幅が広くなって良いですよね。
暫く経ってからGolden Ladyで探せば見つかるかもしれませんよ。

今日は体を動かせただけでなく、心残りの仕事も完了しました。次はクルージングですが、暫く雨続きの様なので家でDIYをやる事にします。

本日の写真
この角度から見ている限りまるで新艇ですね。
20201014_001.jpg 20201014_002.jpg

船台部分の拡大です。お任せで船底塗装してもらうと船台の部分まで塗装してもらえます。一見何の変哲もなさそうですが、これは船台部を残して塗ってからクレーンで吊って船台を移動して残りを塗るので結構な手間が掛かっていますが、お任せの良さですね。
20201014_003.jpg

いよいよ下架です。
20201014_004.jpg

この角度からの写真は久しぶりです。ソーラーパネルがフレームに沿って曲がっているのが良く分かります。
20201014_005.jpg 20201014_006.jpg

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1822: by Catseye on 2020/10/15 at 20:33:19

マハロパパさん
潜ったのですか? お疲れ様でした。
私は10年来のお付き合いをさせて頂いているK道さんにお願いして三日目で上げてもらいました。偶々船台が空いていた様なのですが、誰かが割りを食っていたかもしれないです。マリーナの窓口を通すより、直接K道さんにお願いした方が融通が効きますよ。
上げた後を直接見たわけでは無いですが水線上に少し付いていたくらいと思っていたのが、後で見たら結構な範囲で着いていた様です。特にキールはひどかったです。
12月の上架だとまだ瞬くはクルージングで苦労しそうですね1月位までは暖かですから、それからでも遅くは無いですね。
保田の他に大島にも行ってみたいですが雨続きなので日程が厳しくなるばかりです。

1821: by マハロパパ on 2020/10/15 at 16:07:27 (コメント編集)

お疲れさまです。キレイになりましたね。これならクルージングに行くにも心配ないですね。
当方は、上架予約が12月になり、それまでのつなぎとして、本日潜ってペラの貝落とししてきました。ハルにもビッチリと貝か張り付いてましたが、水線付近をちょこちょこと落としてごまかしておきました(^^)
もう少し早く上がるべきでした。

1820: by Catseye on 2020/10/15 at 11:37:39

ポッキーさん
全くそのとおりです。陸置きなら貝の心配がないですよね。船底塗装も要らないので良いかも。

電装はバッテリーに繋げる太い配線なので工具が必要になります。手持ちの工具だと精々MC4に繋げるケーブル位しか加工できないので工具を買うかやって貰うかの選択になりますね。でもあのバッテリーケーブルをかしめるとなると大変ですよね。
ソーラーパネルは置き場所に困りますね。着いてから付けるのもありですね。100Wを2枚付けると置き場所に困るのでビミニトップの上に付けましたが、台風が来るたびに外すので大変です。
いっその事セーフティーに取り付けて係留中だけ展開するの良いかもです。海外のヨットではそんなやり方をしている例が結構ありますね。それにスターターバッテリーも搭載するのであれば鬼に金棒じゃないですか。

エンジンをオーバーホールしたんですね。これで暫くは安心してクルージングに行けますね。
これから先暫くは雨が続く様なのでDIYに専念しようと思っています。

1819:新古艇? by ポッキー on 2020/10/15 at 08:02:07

N野さん、写真を見ますとハルに景色が映っていて新艇の輝きですね。
このまま陸置き艇にしたくなるのでは。
自分も電装系ならば手作業で出来そうなので、今回は大型のソーラーパネルを追加配線中です。
アームは付けずにクルージング先で泊まった際のバッテリー消費を抑える為に、ブームに簡易的に取り付ける形です。
旅先で夜更かししてしまうと結構バッテリー食いますので、次の出港時にセル回せるようにです。
それと自動車用のクイックスターターの大容量の物も購入して搭載です。
本年春にエンジンをかなりのオーバーホールしたので、少しの間は調子が良さそうですから身体が動くうちにクルージングです。
先日のムリムリ大島もエンジン信頼での決行かな!

▼このエントリーにコメントを残す