プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

9月4日 上架しました

大分水線上に貝が着いていたので潮時かなと思って上架しました。
4日の日曜日は墓参りだったので回航をお願いしての上架です。

月曜日に船体の掃除に行くと、何時もの様に舫いは全て外した状態で上がっていました。
Catseyeは高圧洗浄した状態で工場の入り口にいます。貝の取れた後が生々しくて水線から下はポツポツと穴が開いているように見えます。結構な量が付いていたようですね。ペラも同様ですから走りが遅くなるのは当然です。9月の帆走練習会の時は微風でこの状態である程度走ったのですから、大したものかも知れませんね。

かみさんと一緒に船体の汚れをふき取ります。何時もは付き合ってくれる事が無いのですが、今日は上機嫌でゴシゴシとやってくれています。
K道さんの気配りで足場を貸してもらったのでラクチンに作業できます。汚れのふき取りはとても簡単。
クレンザーをスポンジにとって船体を軽くこするとほとんどの汚れは綺麗にふき取る事が出来ます。後は石鹸分を濡れた雑巾で拭きとり乾いた布で艶出しすれば終わりです。

一人でこれをやると一日仕事なのですが二人だと半分以下の時間で済んでしまいます。
11時から昼食を挟んで3時には終わっていました。

後はバフ掛けですが水曜日から始めます。ワックス掛けしてから艶出しすればピカピカになります。汚れをふき取ったままでもそれなりに綺麗ですが折角再塗装したのですから塗装直後の艶を維持するようにしたいところです。

台風が近づいてきているので降ろしたくないですが金曜日には下架する予定にしています。

今回の上架では船底塗装、ペラクリン、エンジン整備、バッテリースイッチの再配線をお願いしています。バッテリースイッチはエンジンルーム横のスイッチを無理やり回した人がいて半分壊れ掛かっています。
ソーラー充電とサービスバッテリーのスイッチを変更してからバルクヘッドの左側スイッチは空きになっているので、これをバッテリースイッチに使おうと思っています。その為の再配線です。

エンジンルーム横のバッテリースイッチはクルージング中に切り替えるのがとても大変でしたが、バルクヘッドのスイッチに変えるとコクピットからも手が届くようになるので使い勝手が良くなります。
更に右側のスイッチはサービスバッテリーに繋がっているので、これもエンジンバッテリーとして使えるようにします。ディープサイクルバッテリーは余り始動には向いていませんが新品の内はCCA(クランキングパワー)が530位あるので始動に使おうと思えば出来るのです。

使いながら使い勝手が良くなるように改良していくと良いものが出来るようになりますね。今回はDIYでやろうかとも思ったのですが、エンジン始動時の電流はかなり大きいのでお願いした方が良いと判断しました。

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1818: by Catseye on 2020/10/06 at 17:59:41

マハロパパさん
上架当日はK道さんにお願いして上げてもらいました。何時もより貝が付いていたようですから正解だったようですね。
船底を綺麗にしてもレースには出ないつもりです。ウインチを回すのにオタオタしているようでは駄目ですよ。

1817: by マハロパパ on 2020/10/06 at 17:37:44 (コメント編集)

上架したのですね。
船底をキレイにして、オープンレースにかけるつもりなのですね(笑)
今年は上位をねらえるかも!!

▼このエントリーにコメントを残す