プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

9月22日 台風対策

台風12号が急に発達して関東を直撃しそうなのでビミニトップとジブセールを外しにマリーナへ。
と言いながらこの記事を書いている時点では東に大きく外れて影響は殆どなかったですが…

ビミニトップはソーパネルを付けているので外さないと影響が大きいのです。今まで中規模の台風ならば大丈夫とたかを括っていて去年の19号では幌が裂けてソーラーパネルも何処かへ飛んでいってしまった苦い経験があります。台風が来る時は幌とソーラーパネルを外すことにしました。

ソーラーパネルは幌にファスナーとベルクロで貼り付けてあります。取り外しは至って簡単ですが、前端から船尾方向に140cm位の所にファスナーの取手があるので手は届きません。ボートフックに針金でフックを付けて引っ張ります。後はパネル前後に付けたベルクロを外せば良いのですが、長いベルクロを付けているので外すのは厄介です。少し外すとまた付いてしまうので持ち上げる様にして外していきます。二つ目は慣れたせいか簡単でした。
F9706681-DCA0-4B90-A92F-9440C31A0812.jpeg

取り付ける時は専用の道具を用意しましたが、外す事があるのは少し先だろうと思っていたので準備不足でしたね。
外した幌とソーラーパネルはキャビンに収めました。

お次はジブセールです。ジェノアですね。今日は結構風があるのでハードです。
久しぶりにジェノアを外すのでシーブが渋くなっています。中々降りないので良く見るとスロットガイドからボルトロープが外れていました。メインセールと同じでスロットの太いところから細くなる部分にスロットガイドが付いていますが、細いところにボルトロープが食い込んでいて外れないのです。

一旦ガイドを外してからボルトロープを基に戻すとスルスルと降りてきました。たまにしかやらないのでこんなトラブルがあるのですね。ジブセールの交換を頻繁にしていれば発見できたかもです。

ジブがスルスルと降りるのは良いのですが、風に煽られて海に落ちそう。フットをロープで固定しながらやっと下ろせました。随分と手こずった為に心配したスタッフが手を貸しましょうかと声をかけてくれましたが、シングルでしかも外洋で下ろすことになったら手を借りるわけにはいかないので丁重にお断りしました。

何時でも小さいジブに切り替えられる様に原則として外すことにしていたのですが、怠けて外さなかったのが敗因でした。これで今度のセーリングの時はどのジブを使うか切り替え出来ますね。

ここまでは無事に完了しました。
お隣のH本さんが声を掛けてくれたので台風準備の事を話していると、舫が心配と言うので両隣から追加の舫をかけておきました。一人でいるといつも声を掛けてくれる良い人です。
ボートに乗っていますがヨットの経験もあり、偶には乗りたいと言うのでCatseyeにお誘いしてみました。いつの事になるかは分かりませんが…

24日の時点で台風は予想より東に進んでいて関東への影響は最小限になりそうです。あ〜、また元に戻さないとね。


ところでFacebookで友達から送られてきた動画がスパムだった様で、Facebook の友達に同じ動画が送られてしまいました。とんだ騒ぎになってしまったのですが、全員に動画を開けない様にお詫びのメッセージを送りました。
この中には昔の同僚で外国の人もいるのですが、返事が返ってきて久々に会話をする機会になりました。
変な効果ですが偶にはチャットもやってみるものですね。

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1816: by Catseye on 2020/10/02 at 19:24:40

ポッキーさん
私は南西が吹いている時に波浮に入った事がありませんが、凄い事になっているんですね。
南西ならむしろ元町の方が安全かも知れませんね。リーチングかクローズリーチで行けると思いますが、波が高いと何方も難しいでしょう。
海は楽しくないといけませんから、無理な日程は禁物だと思います。リタイアしたら無理のない様に何時でも行けますよ。

1815:波浮港前の三原山からの吹き下ろしは注意! by ポッキー on 2020/10/02 at 19:01:33

N野さん、2隻で弾丸大島クルージングした際も先行していた自艇は波浮港前でブローチングしたしまいました。
その経験を元に今回は大島の影でシッカリ2ポン、ジブは全て巻き取り波浮港前に向かいました。
波浮港前では西側からアプローチしている(江ノ島から来たとの事)35ftのクルーザーが波と風に翻弄され、メイン降ろしたマストがメトロノームの様に揺れているのが見えました。
東側からアプローチした自艇も注意して進むと、突然前回よりも強い(多分15m)吹き降ろしを位一発でガンネルが海面下に入り、コクピットに再度から海水が10cm位流れ込んできました。
勿論テザーを付けていましたが正直チビリました。
コクピットの海水を排水するのに時間も掛かり、また1GMではほとんど波浮港に向けて登れず、湾口で5タックくらい入れ、堤防の釣り客が心配そうに見守る中ほうほうの体で波浮港に滑り込む。
あそこは本当に注意で、特に南西風が吹くと湾口は荒れる事が言われており、向かい風(南西風)が強めの時は大島クルージングは絶対中止ですね!
シルバーウィークにも拘らず波浮港のヨットは35ftと、26ft(自艇)の2隻のみでしたし、翌日に元町港や野増港も見に行きましたがヨットは0隻でした。
コロナ影響で祭礼や消防団活動が全て中止で、初めて取れたシルバーウィークなので判断誤ったです。

1814:そうですね by Catseye on 2020/09/30 at 15:06:32 (コメント編集)

ポッキーさん
保田には行きません。今週は大人しくしています。

私が大島に行く時は予報で往復とも順風、波が1.5m以下の時に限っています。シングルで行った時もそうでした。風は何とでもなりますが波だけは気を付けないといけませんよね。それでも自然が相手ですから都合の良い時ばかりではないです。
その為にドジャーを付けるのですが、作成が間に合っていないので暫くはオアズケです。
波と言えば大島弾丸クルージングの時もそうでしたよね。行の入港の際は大波でしたし、帰りは登りでポッキーさんのファーラーが駄目になった位の波でしたね。ドジャーがあったお陰で大して感じませんでしたが、振り返ってみたら結構な波だったと思います。

1813:矢張り向かい風の大島は止めるべき! by ポッキー on 2020/09/30 at 14:25:26

N野さん、今週の(金)~(土)でセルさんと保田に行くのですか?
N野さんがまえもって言われた通り向かい風の大島は止めるべきです。
シルバーウィークは往復共に向かい風で参りました。
基本週末しか休み取れませんと無理して出掛けてしまいます。
台風は近くを通過せず良かったです。
これからの季節はヨットには最良ですからまたお誘い待っています!

1812: by Catseye on 2020/09/25 at 17:34:31

マハロパパさん
台風が外れて良かったですね。21日までの予想では直撃しそうだったのでビミニトップだけは仕舞って置きました。
舫はいつも台風対策の様なものですが、お隣のH本さんが大変そうだったので横繋ぎを追加しました。新しい舫はある程度伸びるまでは調整が必要ですね。
12mmのロープを使っているので念のためにダブルにしていますが両方切れた事は無いので大丈夫そうです。

1811: by マハロパパ on 2020/09/25 at 17:05:54 (コメント編集)

台風対策、大事ですね。
私は連休中旅行に行ってたので、できなかったのですが、逸れて良かったです。
モヤイを新しいものに替えたので、少し伸びがあり、気にはしていたのですが、もし次の台風(来て欲しくない)が発生した時はちゃんと対策しないといけないと考えています。

▼このエントリーにコメントを残す