プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

7月24日 セル艇回航の動画です

清水港から下田港、YBMへセル艇を回航した時の動画です。
二日間に分けてあります。

振り返ってみるとセル艇のマイレディはボルボ2020三気筒エンジンを積んでいるので機帆走は強力です。NAVIONICSのメーター読み(対地速度)は6~7ノットと出ます。ログを見ると区間平均なので6ノット前後ですが、それにしてもマイレディとは思えないほどです。

Catseyeも三翼の固定プロペラですが、セル艇はフォールディングプロペラなので帆走時だけでなく、機走時の海藻巻き込みにも強そうですね。

今回はお手伝いと言う事で乗り込みましたが寄る年波には勝てないのか寝ている事が多かったです。初の駿河湾横断も半分、相模湾では2時間ほどでした。自分で言うのも何ですが良く寝られたものです。航海中キャビンにいても2GMより静かだったからですね。

大島沖合の黒潮分流は思ったよりも流れが急です。場所にも寄りますが0.5ノットから1.5ノット位(最大では3ノット)なので下田への直行ルートは強力なエンジンが必要になります。セーリング主体で行くならば岸寄りで反流に乗る事をお勧めします。


一日目の動画


二日目の動画





トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1786: by Catseye on 2020/07/31 at 08:56:02

マハロパパさん
全く同感です。
私のヨットライフはクルージングとDIYを楽しむ事なので、目的地に一定の時間の幅で安全に到着できるのが一番です。
もちろんセーリングも大事なので、ドジャーを装着するためにメインセールの取回しを換えた副産物ですが、両引メインシートでメインのシェープを整えています。セーリングの要素はそれだけではありませんが、私もセーリングが好きです。

多分大先輩達にはモーターセーラーみたいな使い方は相手にされないと思いますが私は気にしません。因みに両引メインシートは大先輩の K道さんもレースに取り入れて見たいと話していました。

それにしても伊豆半島南端の海流は複雑ですね。神子元をショートカットしようとした時、波と潮が余りに悪かったのでコースを戻すのにエンジンが強力で良かったと思いました。
レースであのコースを通る猛者がいると聞いて良くやるものだと思います。

1785: by マハロパパ on 2020/07/31 at 08:02:13 (コメント編集)

私は、今回の自艇の買い替えでエンジンの大きさに妥協しなくて良かったと、回航を終えて、心から思いました。
大先輩のヨットマンに聞かれたら全否定されそうですが、クルージングを楽しむのに、エンジンが頼りなかったら怖くてしょうがないと思います。特に伊豆半島南端は。
とはいえヨットは風で走る乗り物なので、セーリングもどんどんやりたいですね。そのためにサイズダウンしたのですから!
そろそろ梅雨が明けそうなので、3密無縁の海上で、おおいに楽しみましょう!

1784: by Catseye on 2020/07/31 at 01:06:28

セルさん
車を取りに行ったりと後の方が大変だったと思います。お疲れ様です。
大変そうに見える航海でも天候が良ければ、一足さえ出ると行けるものですね。新しい船は足の長い船なので大島や初島などに出てみると良いと思います。
楽しい航海でした。有難うございました。
また一緒に行きましょう。

1783: by セル on 2020/07/31 at 00:22:51 (コメント編集)

永野さん 
今回は本当に有難うございました
お陰で、船を無事に回航出来ました
3日と言いながら、2日で戻って来れて、疲れを一日分減らしたとしても
疲れましたが、良い経験に成りましたし、帰って考えたら色々面白かったです
天気と海のコンディションが良かったからだと思いますけどね
動画も有難う御座いました 
今回、何も撮ってなかったので有難いです。

▼このエントリーにコメントを残す