プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

7月12日 ビミニトップ幌装着

今日は完成したビミニトップ幌を装着しにマリーナへ。
A井さんの船名も手渡しする予定です。

マリーナ到着は10時半頃。アウトレットに行く車の渋滞を避けながら駐車場に着きました。天気予報では午前中は晴れる筈ですが…。
晴れていますね。風もそれ程無いので装着はそれ程難しくなさそうです。

8丁目の対面に見慣れた船が居るので覗いてみたらM埼さんのテディウスでした。お隣さん同士になった訳ですね。暫し桟橋から歓談しているとA井さんが到着です。

A井さんの船名に使うのはCatseyeと同じ3dプリンターで印刷したものです。少し文字が小さくなってしまったのですがバランスは良さそうなので取り敢えず手渡ししました。取り付け場所を一緒に見ているとM埼さんも覗きに…

M崎さんの友達も交えて暫し歓談。そろそろ装着を始めると言うと皆さん手伝って下さいました。こんな時は海の仲間と言う事を実感しますね。幌をフレームに乗せるのは一仕事と思っていましたがあっという間にクリアです。

フレームに乗せられれば後は一人でも出来るので取り敢えず解散してもらって一人でシコシコと取り付けを開始します。
これ迄寸法合わせをキッチリやったお陰かどうか分かりませんが取り付け寸法はピッタリです。
後は前後のフレームを包むようにしてロープで縫い合わせれば完成です。言うのは簡単ですが最初の縫い合わせはチョッピリ大変なのです。4mmと5mmの細いロープで前後のフレームを縫い合わせているとロープが足りなくなりました。

今日は日曜日なので児島のショップは開いていますから一走りしましょう。暑いので短パンに着替えてショップまで。この時にショップカードを入れたまでは良いのですが財布を入れ忘れていて4mmロープを20m計ってもらって会計の時に気が付きました。ナンタルチーヤですね。(古い言い回しですが歳が歳なものですからご勘弁を…)

結局二往復して会計を済ませてから昼食を物色します。アウトレットがオープンしたので食事には困らなくなりました。マクドだけでなく成城石井が新しく入っています。それでも混んでいるので屋台のケバブサンドを調達です。何故か誰も並んでいなかったですから…

さて、腹ごしらえが済んだら縫い合わせを再開です。はと目を打った端っこと繋ぎ合わせ用の取り付け部にクロスするようにロープを這わせます。丁度プールサイドに置いてあるパラソルの傘と同じような縫い方になります。
この縫い合わせが済むと幌はピンと張ったようになります。これだけでも見栄えはちょっとしたものです。

お次はソーラーパネルの取り付けです。取付用のシートのベルクロが張り付かないようにキャンセル用のシートを取り付けてからファスナーを閉じてキャンセルシートを取り外します。思った通りに旨く装着できました。

これで完成です。
20200705-001_12.jpg 20200705-002.jpg
20200705-003.jpg 20200705-004.jpg

少し皺が寄っていますが一度でも雨が降れば取れる筈です。
皆さん褒めてくれていますが、4回目の幌なので当然かも知れませんね。それでも何とか旨く出来た思っています。家は一度では思うようなものが建てられないと言いますが幌も同じで色々な経験を踏むとそれなりのものが出来るものだと思いました。
自分で言うのも何ですが…

帰り際に北海道の友達に依頼された舵のスペーサー見積もりをK道さんに依頼してシャワーを浴びてから家路に着きます。今日予定していたことは全て完了です。
写真でもテディウスが写っています。食事に誘われましたが今日はかみさんが家で待っているので次の機会にね…


写真を見て如何でしょうか。実物を見ないと中々分からないと思いますが、自分的には心配していたよりも完璧に出来たような気がします。やはりローマは一日にして成らずという通り何回か作ってみて改良するのがDIYの神髄のような気がしました。

ソーパネルが装着できたので合計3枚のソーラーパネルが実装できました。これでソーラーパネルの切り替えスイッチも当初の目論見通りに切り替えず出来るようになりました。バースに着けている時は3つのバッテリーに各々のソーラーパネルから充電するように切り替えておきます。
ソーラーパネルは60W一枚と100W二枚なのでクルージング中は使用中のサービスバッテリーに160W、待機サービスバッテリーに100W、スターター用バッテリーはエンジンから充電するという使い分けができます。弱っているサービスバッテリーは260Wで一気に充電する事も出来る訳です。バッテリー容量が十分ならバースに着けている時と同じ切り替えで充電しながらサービスバッテリーを使う事も出来ます。
ビミニトップ幌の完成でようやく思う通りの充電環境が出来上がりました。夏の間中は冷蔵庫を動かしたままにする事も出来ます。何時でも冷えたビールが飲めるようになった訳です。
切り替えスイッチやソーラーパネルを載せた幌など長く掛かりましたが、実はこれが目的だったのです…


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1774: by Catseye on 2020/07/13 at 11:50:52

マハロパパさん
取り敢えず完成しましたが、こらから暫くの間は要観察なのです。昨夜の雨を受けて陽を浴びると生地が縮みます。適度に縮んでくれると一安心で、これが繰り返されると張りっぱなしではピンとし過ぎるので緩めてあげる様になるのです。
テンションは緩めにしてありますが如何なるかは暫く見ているようにします。
今回使った生地は24時間水に浸かっても漏れない筈なのでどの位縮むか想像がつきません。プロなら経験で分かると思いますが、アマとの違いですね。
それでもそれなりの物が出来たので出来れば参考にして頂けるとありがたいです。

1773: by マハロパパ on 2020/07/13 at 11:34:15 (コメント編集)

素晴らしいビミニが完成しましたね!
参考になる作品が近くにあると、なにかと便利かなぁと思います。よろしくお願いします。

▼このエントリーにコメントを残す