プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

1月5日 仕事始めで活入れバッテリーのテスト、ビミニトップ幌採寸等々

仕事始め?! やっとブログらしいテーマになります。
今日は活入れしたバッテリーのテストやらビミニトップ幌の型取り等色々です。

まずは活入れしたバッテリーの接続とテスト。サルフェーションの除去は一回しただけで充電したら100%になっていました。これでエンジンが始動できるかどうか…
ウンウンウンとセルは回りましたが一発始動とは行きません。苦しそうに何回か回転するとヴォーンとばかりエンジンが掛かりました。どうやら前回バッテリーを充電した時にアクセルを開けたままにしてエンジンを止めた為に燃料が塊りでが残っていたのと気温が低いのでオイルが堅かったのが始動不良を招いていたようです。少し温めて止めてから始動すると嘘のように軽く回ります。

冬場の固いオイルの抵抗を受けても始動できないと意味が無いので、苦しそうにセルが回るのは精神安定上よろしくないですね。しかも今回充電したバッテリーはどうやら9年物の様ですから活入れしても余り元気が無いのかも知れません。
交換したバッテリーの置き場はステップの下です。
20200105_004.jpg
固定用のロープが斜めになっているのはご愛嬌と言う事で…

エンジンが始動できたので充電環境を整えます。まずは持ってきたソーラーパネルを仮置きして繋いでみます。
20200105_001.jpg
写真は帰り際に撮ったものなので陰になっていますが、日中であればそれなりに発電するようです。最初は1A位だったのですが、接続端子が長い事風雨に晒されていたので劣化していたようです。交換したところ2.5A位まで上がりましたので、この季節ならまずまずと言ったところですね。ビミニトップの幌が完成したらもう少し条件の良い所に設置できるので様子を見る事にします。幌が出来上がるまではここに置いておく事にします。

お次は幌の型紙を仮置きして採寸がきっちり行っているかどうか確認しました。
3時頃に始めた時はまだ風が強くて写真どころの騒ぎではありませんでした。採り終わったのがこれです。
20200105_002.jpg
~ん、何の事やらですね。畳んでいる最中に半分に折れ曲がってしまいました。それでも型紙としては満足のいく出来だったのでよしとしましょう。

実はこの型紙の中にはオーナーズチェアのものも含まれています。今朝起きた時にインスピレーションが湧いて、できそうな気がしたものですから思いついたとおりに型紙を作ってみました。左右と中央の三か所に設置してみよう思っています。

更に船名の名盤を作ったので、これも寸法合わせしてみました。オーナーズチェアもそうですが塗装の乾燥を待ってる間に他の作業を進められます。木工物は片手間仕事に持って来いですね。

さて、最後は残ったバッテリーの取り外しです。バッテリーの置き場がポートサイドの床下なものですから取り外すのにひと汗かいてしまいました。それでも無事このように外せました。
20200105_003.jpg
ディープサイクルの方は同じもので105Aです。車用バッテリーは思ったよりも容量が少なくて38B19Lという型番です。これを最初に活入れしてみようと思いますが、電圧が11.7Vまで下がっていたのでちょっと無理そうな気がしています。最後は交換するついでにもう少し容量の大きいものにした方が良いですね。クランキングパワーの大きいパナソニックのCAOSが適当そうです。

今日は10時半にマリーナに来てから昼食を挟んで殆ど仕事をしていて、昼食時にHさんが船底塗装の休憩中だったのでご一緒させてもらいました。一緒の方が研磨のプロと言う事で色々話を聞かせてもらいましたが、コンパウンドも大量にストックしているとの事。流石ですね。

K道さんともお会いできたので年初のマリーナとしては充実した一日でした。


今、持ち帰ったバッテリーを活入れしている最中ですが、車用の方は2時間経っても状況が変わらないので活入れはどうも無理そうな気配です。明日はディープサイクルの活入れをやってみようと思います。


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1703: by Catseye on 2020/01/07 at 14:55:23

マハロパパさん

ことバッテリーに関しては色々ありますね。ディープサイクルは車のバッテリーに比べてクランクを回す力が弱いので始動には余り向いていないです。それは重々承知の上で使っているので常時満タンにしておく必要があります。
O田さんの様に始動用バッテリーを二つ並列にするのも手なのですが、それなら車用もソーラーで常時充電しておいた方が良さそうに気がします。
クルーザーに積むバッテリーは用途に応じて選んだ方が良さそうですね。
因みにもう片方のディープサイクルは復活に成功しましたが、車用のバッテリーは無理でした。

1702: by マハロパパ on 2020/01/06 at 18:48:01 (コメント編集)

いろいろあるんですね。今度詳しくご教授ください。

▼このエントリーにコメントを残す