プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

12月1日 舫が切れていた!

保田クルージングの予定が段々変化してきて今日はメンテナンスと相成りました。

当初保田クルージングは二艇で行くはずだっのですがセルさんが行けなくなってK澤さんと行く事に。ところが明日の天候は最悪なのでデイクルーズにしようと言う事で、乗せてもらうはずのK澤さんの船に行く前に自艇をチェックしようとバースに行ったら…
何と舫が切れているではありませんか。

これは放っておけないので申し訳ないけれどデイクルーズはキャンセルさせてもらいました。
切れたのは北風を受けるスターンからフィンガー桟橋へダブルにしてある舫の内の一本です。残りの一本で支えていたのですね。舫ロープは切れた時危ないので、一本が切れても大丈夫な様にとダブル(バイトに取ると言います)にしてあります。

残った舫ロープも擦れた部分がもう直ぐ切れそうな感じです。もうそろそろ交換時期と思って車の中に50mのナイロン三つ編み12mmを50m入れたあったので早速交換作業に入ります。
三つ編みロープなのでスプライシングは楽です。とは言え、暫くぶりなのでなんちゃってスプライシングになってしまいます。

北風用の舫の他にもバウから桟橋に取った南風用の舫ロープは大丈夫そうですが、一本舫用のロープと一緒に交換してしまいましょう。3本の舫ロープの両端をスプライスすると結構な時間が掛かってしまいます。

北風用舫ロープは少し短いのとクッションが必要なのでアンカーベンド(いかり結び)にします。今時舫ロープにアンカーベンドなんてやる人がいるのか…?という古風な結び方ですが末端をきちんと仕付けておかないと解けてしまいます。更にクロスする箇所を縛っておかないと舫を解いた時に困る事になってしまいます。それでもアンカーベンドを使うのはロープ自体がクッションの役割を果たすからです。両端をアンカーベンドで末端をシージングしてからバイトにとってクリートへ。やれやれ。

バウからの北風用舫はまだ使えそうなのですがそろそろ交換時期なので、両端をループにスプライスして少し長めにしながらバイトに取りました。これで南北風の舫は完成。

12mmのロープでもバイトに取ると二本分の舫になります。太い一本のロープにするよりも少しは安心というものですね。三本なら矢と同じで完全?

更に一本舫用のロープもかなりヨレヨレになってきているので方端だけループにしてもう一端はシージングだけにします。これで桟橋のクリートからは簡単に抜けるという寸法です。

今回交換した舫ロープはクルージング先でも舫として使います。スターンのクロス舫は桟橋に置いて出かけるので置き舫にしています。

更にクロス舫も交換しようと思ったのですがロープの残りが6mしか無かったので諦めました。これもアンカーベンドにした方が良さそうです。
50mのロープなんてあっという間に使い切ってしまうものですね。元々はロングクルージング用のアンカーロープ用に用意していたものですが、超長距離のクルージングは諦めたので舫ロープに転用する事にした訳でした。

今回交換した舫ロープ
北風用舫でアンカーベンドにしてあります。後ろに見えるのは一本舫用のロープ、これだけシングルです。
20191201-02.jpeg
こたらは南風用の舫ロープでループだけです。
20191201-01.jpeg

こちらはロープが足りなくて残した舫。
20191201-03.jpeg

今年はデイセーリングでも良いからもう一回だけは出たいところです。


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1691: by Catseye on 2019/12/09 at 19:00:27

ポッキーさん
15日にクラブの忘年会が入っているので行けないです。次の日月なら大丈夫ですよ。天気次第ですけどね。
ナイロンロープでも水に沈みます。UVへの耐性はかなり強いです。

1690:昨日~今日は保田行かなくて良かった by ポッキー on 2019/12/09 at 18:16:34

N野さん、未だセルさんに確認はしていませんが、今週末の12/15(日)~16日(月)辺りは如何でしょうか?
昼間が暖かければ年内最後の保田クルージングでも!
先週の予報では昨日~今日は晴れでしたが、週末になり今日は曇りで寒い予報に変わりました。
保田に行っていたら今日の復路が寒くて参ったと思っています。
ナイロンのロープは珍しいですね。
伸びが有り水に浮き舫いには向いていると思いますが、紫外線にはどうなんでしょう?

1689: by Catseye on 2019/12/09 at 12:49:31

ポッキーさん

今年はもういけないかも知れないですね。折角保田のお風呂が使えるようになったというのにね。

日曜日のメンテお疲れさまでした。日中の気温が10度とかいうと中々出ようという気にならないですね。今日月曜日の予報は張り時々曇りのはずでしたが曇り模様で寒そうです。

舫ロープは人様々で14mmが良いという人もありますね。でも使っているロープがナイロン製と言うのは中々ないのでは。
三つ撚りのロープは古くなってくると固くなりますね。擦れても大丈夫になる頃です。それなので交換時期と言うのが難しいのかもしれませんね。

今回のロープ交換ではクッションが必要な個所は全てアンカーベンドにするつもりです。更にクッションが良くなって不快な引きが無くなります。

1688:冬のメンテ by ポッキー on 2019/12/09 at 10:00:37

N野さん、結局日曜日の昼間に自艇のメンテに行き、シート交換やキャビン内の掃除といらない物の廃棄で出港はしませんでした。
昼間は暖かいのですが夜は寒くなりましたね!
ウチはブイ舫いですが16mmの三つ撚り使っています。
太目なのはまあ安心の為ですが、16mmですと流石に船のクリートに2本は巻けません。
保田等の桟橋係留は12mmを使っています。
勿論太目の舫いも搭載していますが、桟橋に有る小さなアイの穴には12mm程度を通すのがやっとですから。
三つ撚りのロープは伸びが有りショックを吸収してくれるので舫いには持って来いですが、古くなったり潮含むと硬くなるのが難点で、アンカーロープは14mmの八つ撚りにしました。
14mmの八つ撚りもショックを吸収するので、何れは全て八つ撚りにするつもりです。

1687: by Catseye on 2019/12/04 at 11:03:11

もやい祭り用にいつも上納していますが、今回は間があり過ぎるので廃棄しました。
舫ロープ切れは目視で確認できるものと中で切れていて分かりにくいものとありますね。
今回のは目で見て分かる程度に擦れていたのでいつかは切れると思ってロープを準備してありました。

ナイロンの三つ編み12mmですが、漁船が使っているものと同じものなのでかなり耐久性があります。今回のロープは3年位使っています。(不確かではありますが)
三つ編みは中で切れているのが目視できますから切れ掛かっているのが分り易いです。26ftだと12mm一本でも十分なのですが、フェイルセーフと思ってバイトに取ってあります。切れた時の損害の方が大きいですからね…

200m単位で買っているので後150mありますからスターンのクロスロープも交換して予備の舫も作っておこうと思います。それでも100mくらいは余るので、これは振れ回し用のアンカーロープにするつもりです。

1686: by マハロパパ on 2019/12/04 at 08:04:36 (コメント編集)

毎年8月にもやい祭りで舫綱奉納の行事がありますが、台風シーズン前に舫綱の交換は大事ですね、私も来年からは、ちゃんと点検しようと思います。(でも、貧乏性で、なかなか踏ん切りつかないんですよね。)

▼このエントリーにコメントを残す