プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

9月12日 台風被害詳報

隣の舫が切れた件を打ち合わせようとマリーナへ。
着いたらK道さんに呼び止められました。そういえば自バースに船が無い、と言う事はもう上架済み?

今朝揚げましたよ。と言われてヤードに行くとありましたCatseye。いきなり案内されたのがこれです。
IMG_0532.jpeg
何のことかと言うと下に落ちているロープがペラとシャフトサポートの間に挟まっていたそうです。何時挟まったのかは分かりませんが前回保田に行ったときには無かったようなので回航するまでの間に着いたのかも知れませんね。

今日の目的は幌を外すだけの事でしたが、ハルの損傷状況を写真に収めました。
20190912_002.jpg
これは隣の船がヒットして付いた傷です。かなり深く入っています。

20190912_003.jpg
これはミッドより少し後ろ側ですが、スタンションと垂れ下がったセーフティーラインで傷ついたものです。
マリーナスタッフが隣のオーナーと交渉してくれましたが、天災だから?といって取り合わなかったそうです。これにはスタッフも呆れていました。

隣がヒットしてきたせいかどうかは判然としませんがポートサイドにも結構な傷が入っています。
20190912_004.jpg 20190912_005.jpg
20190912_006.jpg
相当な力でガンネル辺りがフィンガーに打ち付けられたようです。J24だと軽いので90度位までバースでヒールするらしいですが、重いルボンではここまでヒールする事は無いので寄りかかられたとしか思えませんね。

後はスターンですが遠目に見たより深刻なようです。
20190912_007.jpg
台風が東寄りを通過したので北風が強かったと思います。相当な力で桟橋に擦り付けられたようです。

修理担当と話をしながら傷の深さがかなり深く、ポートサイドも結構な傷が入っているので塗装し直してもらう事にしました。船体保険に入っているので降りる事を願っての事ですけどね…
工期は一週間程度ということですが、火曜日が休みな事を考えるとファーストステップヨットラリーには間に合いそうも無いです。

それにしてもお隣のオーナーは互助と言う事を知らないようですし、舫が切れたという事実も吾知らぬと言う事のようです。隣のスタンションが曲がった時は推定無罪でしたが、船体保険に入っていない様だったので身に覚えのない事故届を出して保険で修理できるようにしたというのにね。
こういう方と船を並べているのは我慢できないのでバースを替えてもらう事にします。

写真を見ている内にイーストの被害が大きいと聞いたので様子を見に行くと既にO田さんとHさんが見回っていました。中にはバウが桟橋にあたって穴が開いたのをマリーナスタッフがテープで水止めの応急措置をしてくれたものもあったそうです。

さて、ビミニトップですが…
幌はズタボロで使い物になりません。まずジッパーが外れて旗めいたのでしょうかジッパーの根元から横に亀裂が入っています。フレームに取り付けて巻くサポートにも亀裂が入っています。例え直しても直ぐに裂けてしまいそうなので、この幌を基にして作り直すことにします。

フレームは注意深くチェックしたのですがスターンパルピットへの取り付け部が少し緩んだだけでどこも曲がっていませんでした。これ程頑丈だとは思いませんでした。スターンに向けたメインのフレームはパイプを二重にして爆接という方法で一体化したものですから丈夫なのは分かりますが、他のフレームは一重なのでそれ程強度があるとは思えないのに前回書いたように柔構造の賜物なのでしょうね。

久しぶりに創作意欲が湧いてきました。ドジャーも縫物を残しているので一気に縫ってしまいましょう。


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1669:船体保険は面責有り by ポッキー on 2019/09/13 at 21:44:15

N野さん、船体保険は面責(自己負担)が7万円または10万円有る筈で、可能ならば相手の賠償保険で直して貰うのが自己負担無くベストです。
加害者側のミスとしてもやいが切れ掛かっていても交換怠っていた等もミスに成ります。

1668: by Catseye on 2019/09/13 at 19:51:25

マハロパパさん
自らが紳士であるかどうかは判然としませんが、日頃の言動、態度を考えるとバースを変えざるを得ないと判断しました。場所的には余り動きたくないのですが止むを終えませんね。

ウエストのバースは次回の桟橋改修があるそうなのでそれ迄は大きな台風の来ない事を祈って大人しくしているつもりです。

1667: by マハロパパ on 2019/09/13 at 19:28:46 (コメント編集)

>こういう方と船を並べているのは我慢できないのでバースを替えてもらう事にします。

本当なら、あちらに動いてもらいたいですが、仕方ないですね。
ヨット乗りは紳士的であるべきです!!

1666: by Catseye on 2019/09/13 at 16:01:15

ポッキーさん
保険の方は中々手強そうですね。スタッフが良い人で慣れている事から大丈夫だと思います。
増し舫はやってなかったようですが、直接確かめたわけではないですが切れた事は間違いないそうです。。マリーナスタッフが間に入ったほうが良いと思うので直接の交渉はしません。

隣人とは旨く行っているとは言い難く、スタッフも人柄に呆れているのでなるべく早くバースを替えます。その方が精神衛生上もよさそうです。

1665:ヨットの船体・賠償保険 by ポッキー on 2019/09/13 at 15:33:33

天災(大規模災害)ですと船体保険は出ない事もありますので上手に事故報告して貰って下さい。
ま、YBMは団体保険ですから大丈夫とは思います。
賠償の方は今回のような想定外の災害時は加害者側にミスがないと責任が発生しません。
相手側が台風襲来予報でもモヤイを増さず、N野艇に損害を与えた等、ミスの理由ありの事故報告が必須と思います。

▼このエントリーにコメントを残す