プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

9月9日 台風15号被害

横浜市で風速41mを記録した台風15号。かなり被害が出ている事だろうと思いマリーナに駆け付けました。

事前に交通機関の状況をチェック。昼の12時時点では
車は第三京浜と湾岸線が通行止めで、産業道路も冠水で通行止めでした。
電車は京浜東北・根岸線がようやく開通したばかりですが、行くのに必要な経路は大丈夫です。

何となく危なさそうと思いながら電車でマリーナに行く事にしました。
経路はバス(新羽)⇒市営地下鉄(横浜)⇒京浜東北・根岸線(新杉田)⇒シーサイドライン(鳥浜)

京浜東北・根岸線に乗り換えると中々発車しません。それでも動くとノロノロ運転で石川町まで来ると新杉田の先で線路に木が崩れ落ちているので撤去するのに16時までかかり、磯子で折り返しになるというアナウンス。危ないと思ったのが的中しました。仕方なく横浜まで戻って京浜急行で杉田まで行く事に。
13時に家を出てマリーナに到着したのが15時を過ぎていました。こんなだったら明日来た方が良かったかな…

ウエストに向かう途中で駐車場入り口が打ち寄せたゴミで一杯だったり、樹木が風で倒れていました。水が出たり北風が強かった証拠です。
20190909_001.jpg 20190909_002.jpg

船はどんなかと気が焦りますがウエストのボードウォークまで来ると異様な光景が…
20190909_005.jpg
言葉を飾らずに言うと何処かのボートショーのフラグを思わせるよう破れたジブがハタハタと…
そのくらいに数が多いのです。今まで何度も台風を経験しましたが、これほど多くのジブ損傷は見たことが在りません。

これでは自艇も相当な被害があるのでは…
まず目に入ったのがビミニトップの損傷。
20190909_004.jpg 20190909_003.jpg
幌がズタズタですね。それだけでなく櫓の上のソーラーパネルが二枚ともどこかへ飛んで行ってしまいました。しかもスターンのスタボー側には結構深い擦り傷が付いています。

クラブの人達の船も確認しようとチェックを始めたところでM山さんとばったり。先に写真を撮ってメールで送ったとの事なのでチェックを止めて自艇の損傷が他にないか確認します。

軽微なのはセルフタッキング用のブロックシャックルのピンが飛んでいたり、フェンダーのカバーが捲れたりずり落ちて何処かへ行ったり、レイジージャックの片側が飛んだくらいで大したことは無さそうです。
しかしハルをチェックし始めると、最初は気が付かなかったスタボー側のミッド付近に結構な傷が入っています。塗装が剥離する位の傷です。ここは簡単に傷がつくような所ではないので何かあったようです。

他にはポート側のハルも傷が入っています。塗装してから間が無いので傷の有無が良く分かりますね。
船内は何事も無かったようです。ウイスキーのボトルも定位置にありましたし、浸水も無いようです。

一応チェックし終わる頃にマリーナのスタッフが損害状況を調べていたので自艇の状況をお話ししました。すると帰宅してから連絡があり、隣の舫が切れたか外れたかして船が暴れたとの事でした。いくら強風と言っても桟橋と反対側ハルに傷がつくような事は無いので納得ですね。

セルさんともお会いしたのですが、それほど損害が無かったようなので一安心です。

K道さんとお会いすると今度の台風は何時ものと違って損害を受けた船が異様に多いそうで、中には上架中にデスマストした船もあったそうですし桟橋に乗り上げ桟橋のクリートがハルを突き抜けて浸水した船も二艇ほどあったとか。
自艇はファーストステップヨットラリーに向けて上架の予定が入っているので船台が確保されているそうです。塗装もやり直しですね。~ん、またまた金食い虫が…

結局ハル塗装が一番被害が大きく、ビミニトップは幌がズタボロなので作り直しです。ソーラーの櫓はこの際外してソーラーを取り付ける他の方策を考えます。
因みにビミニトップのフレームは殊の外頑丈で今回も原形をとどめて居ます。40mの風にも耐えたと言う事ですね。メインのパイプが爆接で二重になっているのでアルミでも丈夫ですし、各所が可動ジョイントで繋げてある柔構造なので壊れにくいようです。
赤いビミニトップが目印のCatseyeでしたが、今度は青になるかも…

それにしても暑いです。台風が運んできた温かい風が熱さを助長しているようで、汗が止まりません。帰ったらビールが旨そうですね。


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1664: by Catseye on 2019/09/13 at 14:53:41

ポッキーさん
昨日行ったらもう上架されていて間近でみたらとても酷いので全面塗り直しになります。
担当さんには余り焦ってやらなくて良いですと言ってあります。
自艇だけでなく、これだけの被害があった後ですからレースを楽しむ気にはならないです。レース前に降ろせたとしても出ないと思います。

出ないよと気の合うスタッフに言ったら、出ないかもと言う事にした方が良いですよと助言をもらいました。

1663:ファーストステップです by ポッキー on 2019/09/13 at 13:57:57

N野さん、9/15締め切りでのファーストステップです。
レース詳細もルールも記載されたメールでのエントリー募集でした。
N野艇は出れそうですか?
ドジャー等の損害ならばまだしもハルに損害有るならば修理が先ですか・・・。

1662: by Catseye on 2019/09/13 at 13:51:20

ポッキーさん
YBMでもそれなりの隻数が被害にあっているので再募集があったのだと思いますよ。ファーストステップレースならYBM限定だと思うのでオープンかと思いますが…
K道さんに聞いたら上架の申し込みが多数の為、今年中には到底終わらないそうです。多分1週間以上掛かると思うのでファーストステップは見送りですね。

それと保田は大分やられてポンツーンも被害にあっているそうですから当面の間は行けそうにないと思います。

1661:ファーストステップラリー by ポッキー on 2019/09/13 at 13:36:27

N野さん、ISPA卒業生の友人(YBM係留艇ではない)にYBMから昨日突然レースエントリーの再募集が有った旨連絡来ました。
エントリーはしないとの事ですが、多分台風の損害でエントリー取り止めたヨットが数隻有ったと予想します。

1660: by Catseye on 2019/09/12 at 11:15:47

ポッキーさん
お見舞いありがとうございます。
桟橋係留の落とし穴はフィンガーと呼ばれる桟橋から伸びた細い桟橋のクリートなんです。フィンガーに強い風で吹き寄せられると乗り上げる時があります。この時クリートの上に乗り上げるとハルに穴が開いて水没する危険があるんです。
何艇かはこれで水没しました。

ビミニトップの骨組みは頑丈で今回もそれ程の被害はありませんでしたが、幌はズタボロになっていました。これまで25m位の台風でも持ち堪えていたのですが、流石に40mの風では駄目でした。限界を遥かに超えていたと言う事ですね。

ポッキーさんの船に被害が無かったのは良かったですね。日頃の行いが良い為でしょう。
今日マリーナに確認したところ修理の船が行列を作っているのでファーストステップには間に合いそうにないので出ないかも知れません。
キチンと直した方が良さそうです。

1659:結構な損害が・・・。 by ポッキー on 2019/09/12 at 01:25:11

N野さん、大変でしたね。
子供の頃に経験した台風を思い出す暴風でしたネ。
あの風ではビミニトップはひとたまりもありませんし、それが風を受けて船体も翻弄されたと思います。
桟橋係留のYBMでもかなりの被害が有った事を知って驚きました。
マストが折れたヨットもある等驚きました。
自分の係留地はセールが開いてズタボロになったヨットが数隻と沈没が6隻ほどで、此方は風が吹き抜ける所で仕方なしと思っていました。
自艇は先日の保田クルージングの帰港が早かったので少々台風対策して帰宅したので損害は有りませんでした。
多分いつも通り16時頃に帰港したらあたふたと何もせず帰宅したと思うので運が良かったです。
例のエンジン使用可能レースまでに早く色々な部分が直ると良いですね。

1658: by Catseye on 2019/09/11 at 09:15:29

りべっちお乗りさん
今度の台風は別格でしたね。
ソーラーパネルの固定は中々難しいです。私の場合はフレキシブルですが、簡単に飛んでしまいました。何処へ行ったか定かではありませんが、多分海の底に沈んでいると思います。

因みにドグハウスの上にアルミのステーで固定してある枠付きのソーラーは無事でした。低い位置に固定してあるので風の影響を受け難かったのかも知れません。

1657: by りべっちお乗り on 2019/09/10 at 21:44:52

今回の台風はすごかったですね
わたしもリベッチオに乗せたソーラーパネルが飛んでしまい隣の艇にぶつかってしまいました.やはり強風対策を考えた固定は難しいですね涙

1656: by Catseye on 2019/09/10 at 20:44:58

八丈島近辺での推定勢力とコースから大風台風であることは容易に想像できたので、天気予報を見ていて暇さえあれば対処できたと思います。
日頃のズボラさが招いた結果なので当然だな~と思っていますよ。どこかにコースが変わってそれ程の被害を受ける事は無いという変な慢心があったのでしょうね。
最近の台風進路予想は驚くほど精度が上がっていると思います。

自艇のジブファーラーはスタッフがスピンハリを巻いておいてくれたので助かりましたが、隣の舫もチェックしておいた方が良さそうですね。

1655: by マハロパパ on 2019/09/10 at 18:03:36 (コメント編集)

今回の台風は、近づいてから急に発達したのでしょうか?予想を上回る被害の多さに驚いています。
今後は、おせっかいでも隣の艇のもやいチェックと、ジブファーラーチェックをしたほうが良さそうですね。

▼このエントリーにコメントを残す