プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

8月5日 保田バースデークルージング その2

二日目の朝です。朝方6時には目が覚めてしまいました。
バウハッチを開けていると冷気が船内に入って来て何も掛けていないと少し寒い位でした。

20190805_005.jpg 20190805_006.jpg

8時くらいになると雲が出てきて涼しくなります。台風の行方が気になるところですね。昨日は波が少なくてうねりが少々あったのですが今日はどんな事になりますやら。

何時もはセルさんの方が早起きなのですが、今日は別。ソロソロと起きだした頃には朝食を取り終わっていました。天気予報では曇りのち晴れ所により少量の雨です。雨が降ってくれれば涼しくなりますが…

準備が終わったところで出港。今日は港内でのセールアップをせずに出港します。何故?…面倒なのと風向きが走りながらでも揚げられそうだからです。

手足の痛みは少し和らいでいるようです。動きもスムーズですね。セールアップしてから本船航路をみると大型のコンテナ船が居ます。これをやり過ごせば航路横断は楽勝なようです。

風が弱いので機帆走ですが、ジブを固定してそのままにしておくと風向きが変わってもはらんでいます。少しは推進力に寄与しそうですよ。メインを見ると逆の向きに孕んでいますね。これはヒーブツーの時と一緒です。ラダーを真直ぐにしているので一定の方向に進んでいるのです。多分リーウェイが出ていると思いますが機帆走なので問題ありません。

肝心のエンジンはと言うと最大で3,200回転まで回ります。6ノット弱迄出ますからクルージングには支障が無いと…思います。が、やはり何処かで上架した方が良さそうですね。事実上3,600まで回るので多寡が400回転されど…です。

コンテナ船をやり過ごしている内にフェリーの航路近くまで来てしまいました。
20190805_011.jpg

ここで針路を観音崎の方へと転針して反対方向から来るフェリーを躱せるようにしました。それでも針路は観音崎ですから針路上に第一灯浮標が乗ってきます。入船はコンテナ船だけなので出船だけに注意を払えばよいのです。でも見えませんね。

安全標識を超える頃に出船が一杯。第一灯浮標の辺りでもう一杯ですが、大島方向針路の様で灯浮標を過ぎると三崎方向に舵を切ってきます。このような本船が一番危ないのです。完全に衝突コースなのでセルさんと一緒に転針。いないと思って油断していると危ないのが本船航路横断なのです。

観音崎を目指して進めますがこの時刻は向かい潮で風が無い事と相まって2,600回転では4ノットを切っています。向かい潮、無風でも同じ回転で5ノットは出るので、潮が強いのとペラが完全ではない証拠です。
20190805_012.jpg

何時もなら気に掛けない観音崎ですが、完全整備状態でないと通過するのには難しい海域である事を再認識しました。昔々K道さんに観音崎はヨットにとって越すに越されぬ海域と聞かされながら問題にしていなかったのですが、時と場合によるのです。

だからと言って無闇にエンジン回転を上げるようなことはしません。時間的に余裕があるので着くまでは同じ回転数を維持します。すると…
観音崎手前で3.7ノット
走水辺りで3.5ノット
猿島沖で4ノット強
八景島沖で5ノット
と出ました。
走水は潮の流れが強いと思っていましたが、1.5ノット相当の潮が流れていたことになります。航路は本船航路に近い所を走っていたので岸寄りではもっと速い流れなのでしょうね。潮見表では中潮だったので大潮だったらもっと強い流れになっていたと思います。やはり越すに越されぬ観音崎なのですね。

波が静かで快適ですが、八景の辺りではうねりを相当感じます。台風の影響なのでしょうね。
20190805_013.jpg

それでも時折やってくるのは本船やタグボート、海保巡視船の引き波です。殆どは50cm位の波で翻弄されますが慣れていれば恐れるに足らずなのです。が、信じられない事にそれが合わさって1m位の波になることが在るので要注意です。何度かキャビンが滅茶苦茶になるくらいの引き波にあったことが在ります。

さて、保田からホームポートに戻るのは北行です。正確には「北北西に針路を取れ」って映画ではないですが北西です…この映画タイトルだけで歳が完全にばれますね。
これってビミニを付けていてもポート側は段々日が入ってくるようになります。スタボー側に日陰を求めて身を寄せている内に足はお日様の恵みを受けるようになって、アチ~
焼き鳥ならぬ焼き豚足ですね。

以前は八景辺りまで帰ってくると次は何処へ行こうかと思っていたのですが、最近はそんな思いが出て来なくなりました。気力が落ちてきたのか体力なのか分かりませんが困ったものです。

それでも海の上で過ごした二日間は実り多いものでした。

本日の動画
途中で電池切れでしたが観音崎までは撮れていました。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1646: by Catseye on 2019/08/15 at 10:55:18

ポッキーさん
有難うございます。
70になったら船を下りるかどうかの分かれ道だと思っていました。知っている方の殆どが辞めていたからです。
この歳になってどうかと言うと、まだ乗れそうな気がしています。勿論言われる通り艤装に依るものも多いかと思いますが、気の持ちようというのもあると思います。

それでも尚クルージングの帰りに次は何処に行こうかと言う気が起きなくなって来ているのは歳のせいと言うしか無いですね。

もう少し乗っていてから次のことを考えようと思います。

18、19の保田は行けたら良いなという感じです。特に予定がある訳ではないのですが、貝が付いていて速度が出ないのが消極的な要因です。

1645:遅ればせながら・・・お誕生日・・・ by ポッキー on 2019/08/15 at 08:55:56

N野さん、お誕生日だったのですね。
遅ればせながらおめでとうございます。
ボートは70歳を越えてもまだまだ載れますが、ヨットは70歳の壁も有ると感じています。
しかしながら壁を突破するには先ずは自分の健康ですよね。
それとヨットの艤装を安全の為に煩雑にバウ等に行かずとも済むようにする改造と、全ての艤装が電動ではなくとも軽く簡単に操作出来る様にする事。
次にヨットを敏感では無く悪天候でも耐えることが可能な懐の深い且つ大き過ぎない艇種にする事かな。
大きい声では言えませんが、セルさんのフェスタ等高齢シングルハンドオーナーにはもっての外ですね~。
N野さんのルボンは艇種は間違いなく懐がく大き過ぎないですし、艤装も安全の為に色々と改造されており参考になります。
お互いに壁等問題なくヨット楽しめるよう頑張りましょう。
それからセルさんから18日(日)~19日(月)のお誘い来ました。
自分はまだ確定出来ませんが、18日に風が収まるかと(うねりは収束)、19日が大雨予報が悩みものです。

1644: by Catseye on 2019/08/13 at 09:12:46

セルさん
最近誕生日は一年の区切り位に捉えていて特別な日とは思っていなかったので失礼しました。
気持ちだけ頂いておきます。有難うございます。

一年の無事を祝うと言うのは確かですね。歳を重ねるに連れてそう思います。
気だけは若いつもりでも着実に体力が落ちてきていて、段々と出不精になっています。
今回の保田行きで通年の出港回数が16回になりましたが、去年からこのペースになっている事が物語っていますね。

このままではそれで終わってしまいそうなので、もっと出ようと思っています。

1643: by セル on 2019/08/13 at 01:58:35

先日はお疲れさまでした
誕生日だったんですか?
随分他人行儀ですね 言ってくれたら、オドヤでケーキ買って
ハッピバースデー歌ったのに残念です
でも改めて おめでとうございます!

誕生日って自分が思うに、この不安定な危険な世の中、毎年、
大きな怪我も病気もしないで生きられていると言う事に対しての
祝いのような気がします。ただ長く生きたからではなく
無事に生きていられることを祝う気がします
だから永野さんが、去年も無事に生きられた事に対してお祝いを言います。
これからまた一年、元気で過ごせるように努力してください!

1642: by Catseye on 2019/08/09 at 11:14:14

マハロパパさん
最近保田に行くと着くのが遅いので繫留料を払う場所が無いのですね。なので余り料金の事は気にかけていないです。三崎のように終了間際でも舫をとってくれたり、領収済みの貼り紙をキチンと出してくれるような対応をしないと保田は寂れてしまうかも知れません。
近くて朝の雰囲気の良い漁港なのでもう少し力を入れて管理すれば良いのにと思ってしまいます。
因みに保田は漁港なので繫留料は不要な筈ですが、千葉県の認可を取って有料にしているようですね。

1640: by マハロパパ on 2019/08/09 at 07:50:10 (コメント編集)

保田が空いてますね。やはり、係留料金が高くなったので他の港に流れているのでしょうね。
でも、静かな朝の漁港の雰囲気はなんともいえずいい感じですね〜。

▼このエントリーにコメントを残す