プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

7月14日 スパークリングトワイライト 二日目

昨日から象の鼻桟橋に係留して二日目の花火の日を迎えました。朝から雨模様で実施するかどうかわからない状況です。朝食を済ませて暫くするとテディウスの面々が万葉の湯に行くというので一緒させてもらう事に。

万葉の湯は一つのビルを占有しているのでどんなところか興味があります。エレベータで受け付けのある7階に入ると人が一杯です。雨の観光地だと屋内に集まりますよね。入場受付と同時に会員になるシステムです。また行く事があるかなと思いながらもメンバーカードを受け取るとこのフロアは大風呂があってローカーのキーで会計をするようになっています。勿論後払いですね。

大風呂には室内浴場と露天があってかなり広い浴場です。しっかりと汗を流してゆったり気分に浸ります。
着替えもロッカーに仕舞って室内着に着替えて食堂へ。

席は自由で喫煙ルームとは分かれていて禁煙ルームの方が当然ながら広いです。O田さんは吸わないので禁煙ルームに入りカフェテリアで食べ物を物色します。料理は小さなお皿に取り放題…これって限界がありますよね。それでもO田さんは唐揚げを山盛りにしています。私は唐揚げと鉄火巻き、それに中ジョッキのビールをチョイス。ビールはグラスをセットすると自動で注いでくれて泡までしっかりと作ってくれます。

M崎さんと三人で食後はリラックスルームで過ごします。結構広い部屋で左右一組のベッドになるリラックスチェアで個別のテレビを見ながら…いつの間にかぐっすりと寝ていました。

この間にYBMから今日の花火を実施しますと連絡が入りました。本日の間参加者に集合場所を象の鼻桟橋に変更しますと連絡してもう少し休んでいると、そろそろ準備を初めた方が良さそうな時刻に。
会計を済ませるとバーコードの入った紙をくれるので出口でかざさないと出慣れない仕組みです。

象の鼻桟橋に戻って今日のゲストを待ちます。乗艇するのは6人、O田さん、祥ちゃん、S藤さん、あやちゃんとセバスチャンです。三々五々集まってきたので18時に出航です。今日は少し待ち時間を少なくして臨みます。
少し心配なのは午後まで雨が降っていたので電気系統がショートしないかと言う事だけ。今日はカメラマンのS藤さんが居るので写真はお任せして操船に集中します。昨日は前2艇が遅くて困ったので行足を確保しながらできる限り低速で進めます。案の定前がつかえて中々進めないです。

こんな混雑状況の中では冷静さと操船の感覚を失わない事が必要です。その点O田さんは本船経験者なので間隔をあける事にこだわっていますね。小型艇と本船とでは大きさが決定的に違う事と狭い航路でのパレードですから間隔も狭くなるのです。どの位かと言うと一艇身です。前が進まないと半艇身を切ります。こんな時は行足が大事で、後ろの艇も間隔が狭くなっているので、行足が無くなってしまうといざと言う時に身動きできなくなってしまいます。
この辺りは経験がものをいうのですが…

今日も昨日と同じタイムテーブルで進みます。EF桟橋への係留は最後端に着けさしてもらいました。前夜、計画通りに最先端に泊めたら後進で出る時に左にある堤防にぶつけてしまったからです。幸いに大した事はありませんでしたが、これも経験のなせる業ですね。

花火が始まる頃には止んでいた雨が降り始めました。僅かなので打ち上げには支障が無いようです。
花火見物にはアルコールとつまみが必須ですね。30分間の花火を堪能してライトアップしようとすると…発電機が始動しません。オーバーチョークか配電部のショートのどちらかです、どちらも直ぐには対応できないので仕方なくライトアップせずに船団の列に加わりました。

途中で海保の警戒艇にマスト灯が着いていないと注意を受けたのですが、これってありでしたっけ?マスト灯は停泊灯なのですけど…多分指示書のどこかに書かれていたのでしょうね。

航海灯のまま象の鼻桟橋に到着。ようやく責任を果たすことが出来てホッとします。えっ、結構緊張していたのですね。

見物の皆さんをお見送りしてからコクピットで酒宴の始まりです。今日は差し入れウイスキーのソーダ割です。喉が渇いていたのと安堵感でグイグイと…
その内に前のテディウスの酒宴も終わりに近かったので、陸に上がって飲みに行く事になりました。目指すはバー491。O田さんはじめ祥ちゃんやM崎さんはなじみの店ですが、私は初めて。どんなところでしょうね。

491の場所は中華街東門の駐車場から次の小道の角にあります。今日は女性シンガーが入っていると言う事で期待です。IWハーパーのオンザロックを注文してショータイムを楽しみます。シンガーは小柄の女性で女性のギタリストとのプレイですが、ギタリストがジャズっぽいノートを奏でてくれ、ボーカルとがピッタリと合わせているのでとても心地良いサウンドですね。

ショータイムが終わるとM埼さんのお声掛りでボーカルの女性が席に。近くで見ると中々の美女です。こんな女性がジャズをやるってなかなかのものですね。少しハイトーンなので好みからは少し外れますが、良い声です。
私の好みと言うと阿川泰子。ハイトーンと言うより少しハスキーな声が好みなのはジャズに限りません。どちらかというと力強い女性のボーカルの方が合っているのですね。最初に聞いたセルジオメンデスとブラジル65の印象が強いのでしょうね。

ジャズと言うよりフュージョン系、ボサノバのジャズ系が好みで、最近凝っているのはジムのZUMBAの影響でReggaton、ジャズっぽいのではSmooth Jazzの中でも賑やかなのが合っているような感じです。
ジャズの好みは千差万別なので、これがベストなんてものはありません。好み次第で違います。

飲み食いしながら暫しお話しを堪能した後は船に戻ってお休みタイムです。もう何も急かされる事無く過ごせるというのは良いもので、少々のアルコールを追加しながら就寝なのでした。


今日の写真
S藤さん提供の写真をお送りします。
象の鼻桟橋から大桟橋への進行。
20190714_001.jpg 20190714_003.jpg
20190714_002.jpg 20190714_004.jpg

まだ明るい中ライトアップ開始。まだ輪郭も分からないですね。
20190714_005.jpg

この位になると何とか分かる様になります。
20190714_007.jpg

EF桟橋に舫ったところです。花火が…
20190714_008.jpg 20190714_009.jpg

花火を背にして
20190714_010.jpg

花火百景
20190714_011.jpg 20190714_012.jpg

20190714_013.jpg

花火が終わると
EF桟橋の遠景
20190714_014.jpg

電源トラブルで点燈していませんが…
20190714_015.jpg

氷川丸がこんなに近くに
20190714_016.jpg


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1636: by Catseye on 2019/07/18 at 14:34:45

マハロパパさん

そうですね。なにせM埼さんと言う遊びの達人が一緒ですから付いていくだけで楽しい事が一杯でした。伊東に行った時もそうでしたけどね…

1635: by マハロパパ on 2019/07/18 at 12:58:23 (コメント編集)

2日目もなにかと忙しそうですね。
パレードだけじゃなく、温泉に行ったり、飲みに行ったり・・・・・(^.^)

▼このエントリーにコメントを残す