プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

5月31日 保田クルージング その1

毎度お馴染み保田漁港へのクルージング。

セルさんに声を掛けたら丁度メールしようと思っていたとの事。事クルージングに関しては両方で気が合うというか気持ちが悪い位に思う事が同じようです。

天気を見ながら具合の良い時に行きましょうと言う事にしていましたが、日曜日は天気が崩れそうと言う事なので金、土曜で行く事にしました。

で、今日は曇りがちで今にも雨が降りそうな感じですが、マリーナに行くと時々日が差すこともあって良さげな感じです。少し待っている間にジブセールを替えます。150%ジェノアだとサイドステーの外側迄引くのが精一杯ですが、交換したジブはノンオーバーラップで背の高いハイアスペクトなセルフタッキング用にNO.2ジェノアをリカットしてもらったあれです。

ジブシートはフォアサイドステーのチェーンプレートにブロックを着けてジブシートトラックに導いてあります。セルフタッキング用なのでクリューには5つほどシートの取り付け穴があるのでシートトラック代わりにリーチのテンションが変えられます。
今日は真ん中にして様子を見ることにします。

示し合わせて出航。暫くはエンジンを止めてレースの練習モードです。波が少しあって南南東6~7m位の替えたジブにちょうど良い風です。それでも風向風速計では8~11mを指しています。見かけの風ですからね。

セルさんのSelfishCatsと並んで走っていますが、向こうはワンポンのメインでレギュラージブのセルフタック、こちらはフルメインとハイアスペクトジブですからセールパワーとしてはこちらが少し強めですね。それでもSelfishCatsは軽くてレース向きなので重いクルージング仕様のCatseyeとは良いとこ勝負なのでしょうね、登りのスピードは殆ど変わらず4~5ノットと言うところです。

重いクルージング仕様のCatseyeとしては上出来です。ジブ交換した時に張りヤードが緩かったのでタック辺りが緩んでいるのが少し残念です。

何回かタックを繰り返した後で保田到着予定時刻が夜になってしまいそうなので第7灯浮標辺りで機帆走に切替です。それでも猿島を狙ってポートタックで角度を稼いで観音崎を目指します。

観音崎あたりまで来ると波もそれ程でなくなりました。何時ものなら機帆走で第一灯浮標を目指すとこですが、今日は帆走の練習を兼ねているので機帆走でもタックしながら目標にアタックしていきます。

第一灯浮標に来ると出船は無くて遠くに大型の入船だけなので本船航路を斜めに横断開始。大型船のスターンを狙っていると金谷を出航したフェリーが目の前に。二艇とも並行してやり過ごしますが、引き波が凄くてセルさんは一回転しそうな気配でした。

ほぼ本船航路を渡り切った辺りでセーリング開始。登り一本で来ると中々辛いものがありますね。それでも両引きシートでクリューの位置を調整しながらセーリングしていると結構スピードが乗ってきます。

今日は南の波に揉まれる事無く保田漁港へ入港できました。

出航が12時半、入港が4時50分で4時間12分はちょっと掛かり過ぎですが、波を正面に受けてのクルージングとしては良い方でした。

もう一隻の海羊はその頃八景を出航して到着予定は8時頃になるようです。お先に「栄丸」で食事に。
ODOYAで買い物を済ませての帰り道。人懐っこい猫にまとわりつかれたて中々離れようとしなかったです。
漁港には猫が多いですが、ここまで人懐っこい猫は初めてでした。

で、桟橋に到着すると海羊が入ってきました。丁度8時ですから中々の読みですね。聞くと保田による入るのはちょっと怖いと言う事です。湾口が見えにくいのと近くに平島という岩礁が待ち受けているので、GPSが無かったら入港は無理だそうな。

さて、お待ちかねのトークタイム。レースやクルージングの話で一杯ですね。語りは尽きる事が無いのですが、私が到着早々疲れた~を連発していたので11時でお開きでした。


本日の動画
出航直後からペラに海藻を巻いてしまったようで速度が出ませんでしたが、それでも6ノットと言ったら「え~」と言われてしまいました。
交換したジブが良い仕事をしています。

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1611: by Catseye on 2019/06/03 at 08:28:56

マハロパパさん
小さなジブは省資源で良いです。体力が無くなってきているので尚更です。その割に良い仕事をしてくれているので150%はクルーのいる時だけ使う事になりそうです。
120%なら色々に使えそうですね。メインが大きのでしょうからもっとも小さなジブでも良いかも。Catseyeのは90%程度ですがマストトップまであるので上の風も拾ってくれます。本来はセルフタッキング用なのでトラックがあればもっと楽ですけどね。

1610: by Catseye on 2019/06/03 at 08:20:09

セルさん
今回も楽しかったですね。
ビデオのアームは数回使っただけで壊れてしまいました。同じものを何回か買い換えているのですが、今回は錆びる前に壊れたのでショックですよ。手持ちでもブレないので良いですが疲れますね。
今回は少し疲れました。もっとも前日にZUMBA、帰りに飲み会だったので無理も無いですね。
レースが終わったら又行きましょう。

1609: by マハロパパ on 2019/06/03 at 08:03:20 (コメント編集)

小さいジブが良い働きをしているようですね。
私の艇も120%ジブなのですが、ルボンのときの150%と比べて格段にタッキングが楽です。
ファーラーでも風に合わせてこまめに交換すれば、いつも良い走りができそうですね。

1608: by セル on 2019/06/03 at 02:08:50

永野さん お疲れさまでした
今回も楽しかったですね
ビデオアーム壊れて手持ち撮影だったんですね
行きは結構な時間になってしまいましたが、帰りが楽だったので
疲れもそれほどでは無かったです
また梅雨が明けたら行きましょう
その前にレースがありますか~

1607:??? by Catseye on 2019/06/02 at 20:23:45

ポッキーさん
外洋レースでは追い風期待なので余り練習にはならなかったです。でも、ハイアスペクトジブは登りに強いことが分かったので成果はありました。レースでは5m以上吹けば使えそうです。

最近の保田往路はラクチンすぎるクルージングになっていますね。ヨットは風で走るものだと思いました。

長距離レースでは緊張感を持続させる事が大事だと思います。どこまでできるかですね。

保田でのヨット談義は楽しくて、つい時間を忘れてしまいますね。ただ前日のズンバで思い切り弾けていたので疲れが残っていて余り長くお話しできなかったのが残念です。次回は伊東レースの話題も含めて盛り上がりましょう。

両色灯はこれから交換するとLEDのものしかないと聞いています。そう使うものではないですがバッテリーを持たせるためには仕方ないところでしょうか。

1606:保田復路は楽チン極まりなし by ポッキー on 2019/06/02 at 17:41:52

保田往路は外洋レース練習になりましたか?
復路はベタ凪で楽チン機走でしたね。
N野さんはレース中は8m以上の風を期待している様ですが、最低でも5時間は掛かるレースは風が強いと緊張でクタクタになるかもです。
多分東京湾とは異なりチョッピーな波も無く安定したうねりと波の中、これまた一方向から吹いて来る風の元、如何にしてベストなセーリングを行い船速を維持するかに掛かっているかと思います。
試行錯誤してめんどくさがらずにそのときの風に見合った艤装に、レース中に変更して行くと勝てるのかなとも思います。
K泉さんとお二人でベストを尽くして頑張ってください。
それから昨日の保田桟橋キャビンでは、私が遅れて到着したにも関わらず、前日もルンバ踊りまくってのお疲れの中、遅くまでキャビンをお貸し頂きヨット談義にお付き合い頂いて申し訳なく思っています。
夜間入港は危険なので決して行わないつもりでしたが、20回もの入港航跡がGPSに残っており、ハンディーと固定の2台のGPSプロッターに助けられて少々無理をしてしまいましたが、キャビンのヨット談義が楽しく本当に行って良かったです!
両色灯が故障した原因は、何度ものバウが突っ込む機帆走での向かい風と向かい潮のクルージングで、航海灯の中まで海水が入ってしまい完全に腐食した事で全交換です。

▼このエントリーにコメントを残す