プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

2月11日 上架して20日経過

上架してから20日経ちました。
ヤードの工場に入ってから10日経ちました。今はプロペラシャフトの出来上がりを待っています。

この間、船外機ブラケットの取り外し、ワックス掛けとやってきました。昨日は船内のテーブルが完成したので取り付けておきました。
このテーブルは真ん中に床から天井までシャフトが通っていて、ストッパーが付いています。一番下に下ろせばバースの一部に、テーブルの位置にセットすればセティーテーブル、邪魔なときは天井近くまで持ち上げて固定できる優れものです。
購入直後は何回かのニス塗り替えと、エンジンオイルの染みらしき黒い斑点があってお世辞にも綺麗とは言いがたかったのです。一旦外した後でニスを剥がし剤で取り去り、天板を張り替えてから全体をニスで塗り替えました。
ニスの色調もマッチしたので少し船内が明るく綺麗になったような気がします。

後はトイレを取り替える予定です。古いトイレを外せるかどうかやってみたところ、固定してあるボルトのうち一本のナットが外れません。FRPの床にベニヤの敷板があり、ボルトが下から通っています。どうみてもベニヤにボルトが挿してあるとしか思えないので、ボルトが外せないようであればベニヤを壊す必要がありそうです。その前にトイレの取り付け部に回り止めを工夫して、何とかナットを外してみようと思います。
トイレの周りにはパッキンの故障でポンプを使うと水漏れしていたものが、上架して乾燥したら周りが塩だらけになっています。これも掃除してきれいにします。
上架の期間が長くなると色々やってみたくなる箇所が増えてきます。

キャビンドアとフォクスルのドアはニス塗りまで終わりました。少しむらがありますが気にしないことにします。キャビンが狭いので、取り付けはトイレの交換が終わってからにします。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す