プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

2月8日 今日この頃

新年あいさつ以来の投稿です。

中々船にも行けずただ日々を過ごしていたかと言うとそうでも無くて…

シーズンに向けた体作りと諸々の装備品を作っていました。

体作り?
ヨットに乗るためには体力が重要。御年ん歳なので年々体力の低下に悩まされている…と言う訳ですね。一番衰えを感じるとすれば足、船の揺れに合わせて体を維持できなければ乗る資格は無いのかなと…

それで昨年来、ジムで筋トレとスタジオプログラムを消化してきました。プログラムはもちろんZUMBA。お馴染みラテンのリズムに乗せて体を動かすあれです。前にも書いたようにZUMBAは動かす筋肉を意識しながらやっていると半年くらいで腹筋が割れてくるという代物です。
この季節でも張り切ってやると汗が一杯なので、頭から流れ出る汗を取るために帽子も欠かせません。
それでも週一回のZUMMBAでは筋肉が元に戻ろうとするのを止められないので、朝目が覚めたらVシットを1分3セットと足を片方ずつ持ち上げるのを10回3セットやってから起きるようにしています。

心なしかお腹が引っ込んだような気がするのは錯覚でしょうか…


もう一方の船の装備品はドジャーの幌作りを再開したのと、3D プリンターで備品作りを始めています。

ドジャーは大分長い間置いておいたので、もう一度考え直しながら、以前採った型紙を再度装着しつつ新しいアイデアで作っています。
幌は採寸したとおりに作りますが、ハードトップ部分は木工から3D プリンターでの作成に切り替えました。
えっ、3D プリンターでドジャーのハードトップが作れる?

少し前までは自信が無かったのですが、形を作るための設計ツールFUSION360の使い方が大分分かってきたので、やってみようかと思っています。3D プリンターで作るメリットは微差な加工ができて、出来上がったものの対候性も十分だからです。
今はFUSION360と取っ組み合いの最中で出来上がったらご喝采と言うところですね。

この他にもいろいろと作っています。
最初はVHFのホルダー。
プロトタイプはとっくに出来上がっているのですが、対候性を考慮してペットボトルと同じ材料を強化したもので再作成中です。後処理や塗装が必要になるので切削用具やパテ、塗料を探しながらもうすぐ出来上がるというところです。

もう一つはスタボー側バルクヘッドに取り付ける棚の支柱。これはもう出来上がっていて、棚の材料を探しているところ。ドジャーハードトップ用の木工材料が余ってきたので流用して作ろうかと思っています。

他にも3D プリンターで作っているものがあります。
自転車のステムに取り付けるiPhone用ホルダー。
これはもう少し陽気が良くなってサイクリングに出かける時に、サイクルコンピュータ代わりにiPhoneが使えるようハンドルのステムに取り付ける台座とiPhoneのケースです。VHFホルダーと同じようにプロトタイプを作ってから対候性のある材料で作り直しています。

3D プリンターは昨年の夏頃に購入したものですが、いろいろな材料(フィラメントと言います)を試している内に船でも使える材料に行き当たり、印刷の条件を色々と試しながら実用に耐えるものが作れる自信が付きました。
フィラメントの種類はPETGといってペットボトルと同じ材質のものにほかの材料入れて強化したものです。ABSに近い強度があってUVに強く、耐熱性も80度と十分です。

ABSでも良いのですがそ反りを止めるために工夫が必要で余り使いたくないのです。
3D プリンターは材料を加熱して溶かし細いノズルから溶かしたフィラメントを加熱した台に押し付けながら印刷しています。プリントしたものは冷却されて収縮します。台付近の材料は加熱されているので余り収縮しませんから、積層が進むにつれて収縮の違いにより反りが出てしまうのです。
反りを避けるためには色々な工夫がされていますが、反りの少ない材料を使う方が手っ取り早いのです。その点、PETGは収縮率が低くて反りが出にくいと言われています。

実際に試してみると少なからず反りが出るので印刷条件を変えながら試したところ、最適値が見つかりました。
印刷速度は余り速くできないので印刷に時間が掛かりますが、実用上十分なので主力材料にして色々な物に使っています。

印刷に時間が掛かると言う事は致命的なのですが、一台のプリンターで全てを賄おうとせずに複数台のプリンターで作成すればよいのですよね。コンピュータで言えばマルチスレッド。2台なら半分の時間ですからお安いプリンターをもう一台追加しようと考えています。肝心のお値段は紙に印刷する普通のプリンターと同じくらいです。問題は置き場所なだけですね。


と言う訳で、このところブログをサボっていたのは3D プリンターの取り扱いに夢中だったと言う事でした。
もう少しで出来上がるものばかりなので追々とレポートしていきます。

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す