プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

12月28日 早くも今年を振り返って、と中間船検

11月から暫く記事を書いていませんでした。何もやっていなかったというと…ヨットの事は少し間をおいていました。

それじゃあただの爺さんだった…でもなくてジムでZUMBAをやったり筋トレしたりとそれなりに忙しい日々を送っていまして、3Dプリンターと格闘しながら船の部品を作っていたわけです。
モノ作りが好きなわけでして、ヨットも本来レースよりもクルージング、それを快適に楽しむためにいろいろと改造やら新しいものを作っているという次第です。

もちろんヨットから遠ざかっていたのにも理由はあります。竹岡クルージングの帰りに起こした事故の後始末が付いていなかったので、出られなかったのが一番大きな原因です。後始末についてはもう少しで片が付きそうです。詳細は後程と言う事で。

少し早いですが今年を振り返ってみると

レースでは
スクラッチヨットレースの風の無さでDNF。殆どのヨットがDNFだったから仕方がないですね。

ほとんど同じメンバーで臨んだタモリカップはクラス4位でした。上を見たら同じルボンが1位から3位を占めていたのでスキッパーたる私の腕の差だったと思います。それでも2レグ、3レグはトリムが良くて快走できました。
第2マークでのトラブルが無かったらと思いますが、コース取りが甘かったのが敗因で、クルーの方々には申し訳なかったと思います。

ファーストステップヨットラリーは20%のペナルティーを払えばエンジンを使っても良いという帆走レース慣れした方から言わせれば邪道?なレースでした。それでもレギュレーションですから有効に使えば誰にでも優勝の可能性があるという意味で参加者の層を広げられる有意義なレースでした。
結果は優勝を飾れたわけですが、船の性能はもとより機帆走でも手を抜かないで走れば優勝できる事が実証できたのがうれしかったです。

最後はオープンヨットレースのはずでしたが、ファーストに出場する前から出ないことを宣言して出ませんでした。理由はいくつもありますが、疲れたというのが一番の理由です。
競って帆走するのは嫌いではありません。例え遅い船であってもクルージングで並んで走っていると楽しみながら自然と競って走っています。
この楽しみながらというのが大切でして、大ベテランの方々が参加する権利を主張しあうようなレースは性に合わないのですね。それでも走っていれば楽しいので、来年は結果はともかくとして楽しみながらレースに出ようと思います。


次にクルージングですが…
殆どが保田。一番遠くて三崎ですからちょっと走りに行っていたという感じですね。
保田ではいけないと言う事ではないのですが、ある程度の距離をクルージングするという目的が果たせなかった年になります。
5月の伊東クルージングが強風と波のお陰で三崎止まりになってしまい、後を引く感じになってしまいました。
来年こそはと思います。

最後にモノづくり
これも不作の年でした?…作ったものと言えばソーラーパネルの置台とバッグ類だけです。肝心のドジャーはフレームを作り直したものの完成には程遠いですし、電源の配線も置き去りにしたままです。
作ったものが壊れて修理に費やした時間が多かったのも特徴です。台風でビミニトップの幌が壊れて修理したりと結構時間が掛かりました。
焦る必要はないのでゆっくりやろうと思っていますが、歳の方も日暮れが近くなってきているので余りゆっくりもしていられないのですよね。

3Dプリンターでのモノづくりを始めたのが今年の最大の話題です。まだ使いこなしていないので、出来上がるものより壊したものの方が多く、船に備え付けたのはエンジンコントロールカバーのつまみ一つだけでした。
今はバルクヘッドに取り付ける棚を支えるアングルとVHFのホルダーを作っています。出来上がったらご報告したいです。

所で体の方は?…
初めてインフルエンザに罹り、腕を折ったというのがこれまでに無い事でした。各々一週間、1か月半ですが、前後のことも含めると2~3か月は活動できなかったように思えます。つくづく健康であることの大切さを思いました。

なんだか反省…のような記事になってしまいました。
来年はクルージング、レース、モノづくり全てを楽しみながらやっていきたいですね。

所で27日に中間船検を受け一発で合格でした。
要した時間は10分という記録更新モノでしたよ。全沿海なので頻繁に夜間航行するなら紅灯が必要ですよ、と言われましたがそうなんですね…で、調べてみたら12m未満で港域、航路域を頻繁に航行しなければ省略できるとあります。この頻繁にというのが曲者なんでしょうね。毎日、毎週なら頻繁、月一位なら大丈夫?

一発合格には訳があります。
事前に安全備品を確認して取り出して並べて置き、火薬類は事前に購入しておくと言う当たり前の事だけです。
勿論、LEDの航海灯はバルブに交換しておきましょうね。済んだら元通りにしておけば済むことですからね。

さて来年はどんな年になるのかな…


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1506:お世話になりました by Catseye on 2018/12/28 at 20:45:26

マハロパパさん
お世話になりっぱなしでしたが、ありがとうございました。
マハロパパさんが自艇でレースに出られるのなら応援します。

バースの件はブログで拝見していました。リップルに似た艇が出ていたので買い換えられるのかなと思っていましたので、新しい艇が入ったらぜひ見せてください。

来年はクルージングを主体にしてできるだけレースにも出たいと思っています。

1505: by マハロパパ on 2018/12/28 at 18:59:32 (コメント編集)

今年は色々とお世話になりました。
私はクルージング派で、レースはお遊びでしかやらないのですが、久々にレースに出させていただき、来年は自艇でも出てみようかな?という気持ちになっております。

それから、お知らせとしては、
このたびJバースに引っ越すことになりました。
新たな艇(もちろん中古です)が入りましたら、ご挨拶させていただきます。

▼このエントリーにコメントを残す