プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1499: by Catseye on 2018/11/15 at 09:28:44

マハロパパさん

新鮮な魚が魅力ですね。大勢で行った方が楽しめる
と思います。量的にも大人数向けだと思いました。

1497: by マハロパパ on 2018/11/15 at 07:41:51 (コメント編集)

まだ竹岡には行ったことがないのですが、宿の食事は良さそうですね。(量はもっと少なめでもいいですが(笑) )

▼このエントリーにコメントを残す

11月10日 竹岡クルージング その1

クラブYBCCのクルージングで竹岡マリーナに行ってきました。これは一日目。
動画が中途半端だったので写真のみでお送りします。

Catseyeの集合時間は9時半の予定でしたが、幾ら待っても現れず全体の集合時刻の10時になったらウエストに集まっているよと…
遅れると連絡があったのですが、集まっているならそうと事前に知らせてくれれば良いのにね。

竹岡は今回が初めてなのでブリーフィングでの入港路情報は貴重です。YBMのマリーナ情報からコピーしてきてくれた資料を見ながら進入路を考えます。実は前日にNavionicsに進入路を記録していたので確認の意味も含めてですね。
港内への進入路は狭くて右側と奥が浅いので注意が必要です。実際に行ってみたらどうでしょうか。

皆さんと一緒に出航。Y田さんたちは9時半頃に遅いので先に行きますといって既に出ているのでヨット2艇とボート一艇だけです。後は諸磯から一艇参加します。全部で5艇も係留できるのかな…

コースは何時もの本線航路西寄りで保田に行く時と同じです。東寄りに中ノ瀬を渡るコースも考えましたが、第一海保の辺りで本線航路に入らないと浅くて危なさそうなので、西寄りのコースにしました。

風が無いので何時もどおりの機帆走です。始めは6ノット位で走っていましたが、諸磯艇から保田へ係留して電車で行くので15時頃になるとの連絡を受けて5ノット以下に。これでもNavionicsのETAは13時半と表示されています。
どのくらい風がないかというと海面に油を流して様なという位です。

天気も良く暖かで11月とは思えないくらいです。前回の保田行で試した折り畳み椅子を風上のオーナーズベンチの所にも置いたのでスターンに二人は座れるということになります。今日の同乗者は3人。
いずれもクラブメンバーで、会長とT島さん、祥ちゃん。T島さんはJALの元機長なのです。
20181110_001.jpg

余りに風がなく順調なので皆さんと一緒に麦酒をグビリと。こんな気が緩んでいて良いのかな…
暖かので少し視界が悪いです。
20181110_002.jpg

順調に観音崎を通過。
20181110_003.jpg
前を行くのは遼艇。後で聞いたら追い越されると思っていたのにという事ですが、メールを見てよ…

第一灯浮標までのんびり来ました。遼艇はというと本線航路を横切りそうな勢いだったですが、一緒に灯浮標を回るようです。
出船は二隻続いてきますが間を抜けられそうです。こうなったら全速力ですね。
間を抜けたところで入船通過を待って一路竹岡を目指します。
20181110_004.jpg

保田だと斜めに結構な距離を走りますが、竹岡は第一灯浮標を平行に走る感じで、少し南に落とすと入港路に着きます。もらった資料とNavionicsで作成したルートは同じだったので、ルート通りに進入です。
だけど…入り口は狭くて右舷側が浅いのです。保田の半分より狭い位の広さです。後で聞いたら夏の干潮時でない限りヨットでも大丈夫との事でした。それにしても狭い入り口なので神経を使います。

係留は二隻の漁船に横抱きします。今回はヨット3艇が同じ漁船に、モーターボートはもう一隻の漁船に横抱きして、後から竹岡マリーナに係留している艇が横抱きすると言う事でした。無理をすれば4艇を2漁船に各々横抱きして8艇までは係留可能なようです。事前に予約が必要なので急に行っても駄目かもしれませんね。事前と言っても当日でも可能なようですが…

そうこうしているうちに諸磯からのクループが合流。船長判断で係留場所の深い保田に係留して電車できたそうです。
何時もは船内泊ですが今回はマリーナの宿泊施設を予約してもらっているので荷物を運びこんでから風呂へ。少し離れたところにある海浜の湯まで送迎バスで移動です。
風呂は男女ともに露天ぶろ付きです。観音崎から大島まで一望できる露天なので眺めは抜群です。土産物や食事もできますがメニューを見ただけで残念な感じです。

宿に戻って暫くすると食事タイム。これが楽しみ出来たのですからね。
事前に食卓に並んでいるものだけを見ると唯のマリーナ仕様の食事ですが、これだけで済むはずがありません。
20181110_007.jpg 20181110_008.jpg
イサキの刺身、煮物が更にてんこ盛りで来ました。これにおにぎりが付いてきましたが食べきれませんでした。少人数でもこれが出たら合格なのですがどうでしょうか。

食後は楽しいヨット談義。U野さんが持ってきた海外クルージングの写真をテレビに映しながら語らいながら寝転んで…
いつの間にか寝ていました。お開きになって目が覚めましたが、宿には風呂が無いのでそのまま素直にご就寝なのでした。

竹岡マリーナはYBMから17マイル位なので気楽に来れますね。


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1499: by Catseye on 2018/11/15 at 09:28:44

マハロパパさん

新鮮な魚が魅力ですね。大勢で行った方が楽しめる
と思います。量的にも大人数向けだと思いました。

1497: by マハロパパ on 2018/11/15 at 07:41:51 (コメント編集)

まだ竹岡には行ったことがないのですが、宿の食事は良さそうですね。(量はもっと少なめでもいいですが(笑) )

▼このエントリーにコメントを残す

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。