プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

10月27日 セーリング?

今日はゲストをお迎えしてセーリング。前日からの強風と低温が心配されますが、準備は怠りないのでゲストと一緒にマリーナへ。

到着してみると瞬間で12m、平均9m強の風と出ています。風の方は縮帆すれば何とかなりますが、波の方はどうでしょうか。赤旗が出ているので東京湾としては相当ありそうです。

自バースで暫く歓談した後でビジターバースへ移動。北東の風なので船首を風上に向けた方が揺れが少ないのです。
午後から風が和らぐとの予報を当てに風待ちしながら船を見てもらいます。その内に晴れ間が出てきて寒さの方は心配なくなりました。

少し早めの昼食後、いよいよ出船です。相変わらず赤旗が揚っていますが、体感で7m前後で風に息があり、次第に落ちてきています。ビジターバースから出船航路へ進むと船首からの風と波を受けてピッチングします。港内でこれだけ揺れると外は…

安全ブイを過ぎると結構な揺れで、正面から波を受けてスプレーを浴びます。ここでスプレーを浴びるのは初めてですが、気にせず進めます。
後ろを見るとダブルエンダーのクルーザーが一緒に出航してきます。多分ディープキールで腰が強いのでしょうから、こんな海況の中でも帆走できるのでしょう。

黄色ブイを過ぎる辺りで波をもろに受け派手に上下動しながらスプレーを浴びます。今日のゲストはボートへの乗船が初めてなので、2ポンメインで機帆走するつもりで準備してあります。

波の周期が短くローリングもするようになって来ました。スプレーを浴びまくりです。ここでメインを揚げれば艇の挙動は大人しくなるのですが、長時間の航行は無理そうと判断して機走で暫く走った後、マリーナに引き上げる事にしました。

一緒に出て行ったクルーザーはシングルでセールを揚げて頑張っていますが、こちらはゲストの安全第一です。

クルージングに出てからこの様な海況に出会った時はそれなりに対処できそうな気がするので、今度は一人で出てみようと思います。
クルーザー教室のカリキュラムの中に荒天航行が入っているのは頷けると思います。スクールに入らなくともここベイサイドのように設備が充実しているマリーナを拠点にしているのですから、経験を積む意味でもこのような海況でも出てみる意味がありそうです。
マリーナにとってはハタ迷惑かも知れませんが…

自バースへ戻ります。北東の風は自バースのフィンガーに押しつけられる風ですから、出船状態での着岸もピッタリに着けられました。解装して帰宅準備。

少し早めですがゲストを送り届けて一日を締めくくりました。今度はもう少し波のない時に行きたいですね。


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す