プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

4月22日 YBCC保田ミーティング 二日目

昨日の酔いで寝たのも覚えていない位でしたが、寝覚めは絶好調。
YBMから来た外人さんの一行は既に出航済みです。

少し準備体操をしてから朝食の支度に掛かります。保田名物のキューバサンドを作りますよ~
でも足元は少し覚束ないのですけどね…

今回の食材は少し奢ってみました。種類の違うスライスチーズ二枚(一枚はゴーダチーズ)、大き目のももハム、新鮮なオリーブオイルと有塩バターの組み合わせです。フランスパンも少し気張ってみました。

何がと言って何時ものとおりなのですが、ここにもう一つ。フライパンに替えてバーベキュー用の鉄板を用意してみました。少し大きめに切ったフライパンだと一度に一つしか出来ないのでスピードアップのためです。

コーヒーを準備してからサンドを作り始めます。鉄板が大きいので捗ります。最初は少しお待ち頂いたのですが要領が分って来ると効率が上がってきます。しかも焼き加減も最高に。

出されてからなんだこんなものと言われたらどうしようかと思いながらもキャビンから顔を出してみると皆さん美味しいと…
お世辞にしても嬉しいですね。
このサンドを楽しみにしていたS木さんの奥さんもこれは違う…と言ってくれました。コツはと聞かれたので両面とも焦がさない様に、しかもキッチリと火が通るようにと。

これは食後のワンショット。
20180422-012.jpg
外人さん達はモーニングの風呂に行っています。

出航を11時頃にしたのでゆっくりと準備できます。
今日は南系の風でクルージングには丁度良い加減。波もそれほどでは無いのでジブをセルフタッキング用から150%ジェノアに換装します。
でもまだ南西なので桟橋に付けたままでは横風なのですね。しかも以前に修理したファーリングの根元が又また剥がれてしまったので、交換に手間取ってしまいました。S木さんのクルーが見かねて手伝いに来てくれたお陰で無事に交換終了。
シングルだったらできなかったかも…

11時にHさんと一緒に出航します。港内でメインを揚げて出航するとさすがに日曜日だけあって入港してくる船が多いです。しかもほとんどがYBM。どこに行ってもですけども。

本船航路の横断は何と言う事無くすんなりと…大型船に割り込まれたりしましたが、余り緊張感のない横断でした。この間は皆さん疲れが出ているのか言葉すくなで…

第一灯浮標からは少し波が高くなってきて、昨日の二の舞かとも思いましたが、追い風、追い波なので何も問題なし。もう少し風の有った方が楽に走れるのですが…

これは観音崎を超えても余り変わらずに八景島まで来てしまいました。でもここで風が上がってきたのでセーリング好きのセバスチャンのリクエストもあってセーリングに切り替えです。
風と波の音だけにすると静かなものですね。ブロードリーチで5ノット程度ですが、それでもセーリングを満喫できたようです。

直ぐにマリーナ湾口に到着。セバスチャンとギュレームの練習になると思ったので、ジブのファーリングとメインセールダウンは指示するだけで見ていました。それでもフットワーク良くテキパキとセールをダウンして自バースに向かいます。

バースに入る前にもフェンダーをポート側と指示するだけで良いのは本当に楽ですよ…

無事に帰って来たねと記念の写真を一枚。(これはお隣さんの女性に撮ってもらいました))
20180422-013.jpg


後片付け手伝いますよ~というのをルーティンだから大丈夫と言って送り出して…
暫くコクピットで茫然自失と言ったところですが、よくよく調べたらビミニトップの幌が破れていました。また修理ですね。しかもビミニトップの支柱金具が外れているというオマケつき。
もうサイズを変えることも無いのでビミニトップの金具はリベット留めしてしまいましょう。


この後はファーリングの根元の修理をK道さんにお願いして帰途に。
長い様であっという間のクルージングでした。


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1360: by Catseye on 2018/04/26 at 20:44:18

セルさん
仰る通りですね。初めての人にはきつかったかもです。

安全サイドって、このクラブでは結構難しいものがあるんです。
長航会のメンバーが多かったりして凄い経験者が多いんです。クラブとしては新しいですけどメンバーは古参兵と言ったところですね。
なのであの程度の波で安全サイドに立って中止なんて言ったら、後で何を言われるか分からないと言うのと、初めての女性もいるという事も考慮しないといけないのです。

それでも件の女性からお礼のメールを頂いて、「安全な航行に配慮して頂いて…」と書かれていたのには参りました。

1358: by セル on 2018/04/26 at 14:32:07

新設のクルージングクラブで、ましてリーダーなんですから女性をダウンさせてまで行くのは後が続かなくなりますよ
我々の仲間同士て行くときは問題ないですが
クラブて行くときは安全を重視してください

1357: by Catseye on 2018/04/26 at 10:17:31

セルさん
初日はジブだけで走っていましたが途中でファーリングしたくらいでした。レースならフルで走ったかも。
一緒に乗っていた女性がダウンしてしまった位の波でしたよ。普通なら行かない状況でしたね。

今度は楽なクルージングにしたいですね。

1356: by セル on 2018/04/25 at 23:19:50

今回の保田のクルージングは、初日大変でしたね
一緒に乗った人も初めてで、あれだけの風と波では
散々だったでしょうね
無事に帰ってこれて良かったです。

次回はのんびり行きましょう

1355: by Catseye on 2018/04/24 at 18:03:04

ポッキーさん

色々と考えているようですね。
K道さんに聞いたのは、ルボンのハル断面で言えば中位からデッキ面に掛けて広くなっているので予備浮力があると言う事でした。
確かにキャビンにいると分かりますが、肩の辺りまでは広いのですが腰の辺りから急に絞り込まれていて座席の下は狭くなっています。

それでも船体の中央付近に重心がある形状の様で、追い波を受けるとマストより少し後ろを中心にして回りたがります。

全体を見るとぼってりしているのでレーティングを見ても分かるようにクルージング艇なのでしょうね。ヒールしてもある程度で止まりますし、過剰にヒールさせると予備浮力の分、接水面席が広がって走らないです。

O田さんの艇には外人のクルー二人が乗るという事で決まっているようですから、私は当面横からシングルで見ていようかなと思っています。
最初は外人クルーを両艇で融通する事になっていたのですが、いつの間にか独占という事らしいです。
可能ならマイレディーに乗った経験のあるY田さんが教えて上げると良いと思います。艇の艤装がレース向きになっているので、最初は戸惑うと思いますし、操船自体大変そうですから。


1354:そうそう! by ポッキー on 2018/04/24 at 14:44:46

N野さん、よくよく考えましたら自分のリベッチオはマスト起倒の為に船体重心点(キール)より前のマストステップは重い鋳物で嵩上げされていたり、スピンポール以外の余分な重い丈夫な起倒用ポールもバウにセットされています。
従ってノーマルのリベッチオよりバウヘビーな状態だったです。
後はN野さんかK道産が言われる通り船体形状が、ルボンはマスト前辺りからボリューム有りますが、リベッチオはどちらかと言えばしずく型で、スターンに行くに従いボリュームアップの形状です。
リベッチオはクルーザーレーサーと言われる区分けらしいので、レーティング考慮前のレースでは良い着順でないとまずい筈で、タモリカップの(DNS)なんて本来有るべきでは有りません!

1353:ルボンとリベッチオは別船 by ポッキー on 2018/04/24 at 14:20:44

N野さんが仰るとおり、両艇のヨットのサイズやセールエリアは似た数値ですが、バラストが100kgも違うことはルボンにはその分の浮力が有ると言う事ですね。
従ってセーリングや同じ馬力での機走の船速は遅いですが(N野艇は2GMで賄う)、レースでのレーティングは有利な物が有りますね。
両艇共にシングルハンドで日本一周されている方はサイズ的にも良いので多いのですが、ルボンは南極まで行かれた方も居ることが、船が持っているポテンシャルの違いかもですね。
リベッチオは軽く作られており向かいうねりや大波ではバウは叩かれますが、波の合間に落ち込んだ際に次の波にバウが乗り遅れて一瞬ですがバウは波の中に突っ込みます。
ですからうねりの中の上り機帆走でのバウ作業は怖いものが有ります。
勿論エンジンで進んでいなければバウは水没はしません。
それからO田会長さんの新しいマイレディーが初クルージング(保田辺り)に行く際は乗ってあげないとならないですね。
一応リベッチオの前艇はマイレディーでしたので、艤装や操船のノウハウは記憶に残っていますからお役に立てるかもです。

1352: by Catseye on 2018/04/24 at 13:36:06

マハロパパさん

猿島あたりからそれなりの風だったので楽しめたです。もう少し風があったほうが良かったですね。
次回はぜひどうぞ。
クラブのスケジュールが決まったので、そのうち掲載します。
宿泊クルージングにはYBMを泊地としてレースの練習なんてのもあるので如何ですか。メンバーの船同士で模擬レースもやりますから、面白いと思いますよ。

1350: by マハロパパ on 2018/04/24 at 12:48:53 (コメント編集)

復航は追い風で、セーリングを楽しめてよかったですね。
私も行きたかったです(残念!)

1348: by Catseye on 2018/04/23 at 20:55:32

ポッキーさん

行と帰りに同行したのはメンバー夫婦でヤマハ26CRとの2艇でした。O田さんは息子さんのボートでの参加でした。

観音崎でのCatseyeの挙動はバウを突っ込むこともなかったですし、アンカーウェルが水没するという経験は今迄に無いものです。(デッキに波が上がってきたのもクローズホールド以外には余り記憶にないです)
波に直行しても斜行しても大体同じで、谷から山に入る時は思いっきりバウが持ち上がり、谷に突っ込む時は派手にスプレーを揚げます。直行で高度差があるとパンチングするので勘弁してよという気持ちになりますね。それでもバルクヘッド辺りから異音がすることは無いですけど…
昨年の大島弾丸クルージングでもバウを突っ込むような挙動は無くてパンチングして両脇から派手にスプレーを揚げていました。まるで漁船のようですけど…

ルボンとリベッチオの大きな違いは予備浮力にあるようですね。舳先は同じような形ですがルボンはバウからミッドに掛けての予備浮力が大きいのでバウを突っ込むことはありません。K道さんからも聞かされているのですが、これがルボンの特徴だとか。
今回はコクピットに4人乗っているのでバウが持ち上がっていましたから尚更だったかもしれません。

予備浮力の大きさはスピンを揚げてギリギリに走ったことが無いので分かりませんが、よほど大きな力が掛からない限り大丈夫そうです。少なくともジェネカー程度なら十分なようですが、両舷でなくリーチングのように方舷でヒールした時の挙動は分かりません。
やりたいところですが、シングルではちょっと怖くて中々出来ないでいます。

1347:早々の返信コメント、お元気そうですね by ポッキー on 2018/04/23 at 19:27:18

今回はO田会長さんのマイレディーは初クルージングだったのですか?
ヤマハ旧26は写っていましたので2~3艇で行かれたのかと。
自分のリベッチオはバウが結構斜めになってバウの浮力が少なく、バウキャビンに荷物満載で重いことも有り、観音崎を越えると外洋系の波の際はバウが波に突っ込みアンカーウェル辺りまで水没しますが、ソレイユも同じ様な船体形状ですがどうだったのかな?
N野艇はスターンがキャノピー等で重いし、数名での乗船でスターンの重量も増し突っ込まなかったのかと!

1346: by Catseye on 2018/04/23 at 19:12:41

ポッキーさん
余り脆弱になりたくないので、疲れたとは言えないのですが、ちょっと来ていますね。
往路の第七灯浮標辺りの波はオープン並みでしたが、第一灯浮標では波がえぐれていましたよ。久々に観音崎の波を見た様な気がします。
保田湾口でも結構なものでしたが、メインを揚げずにジブだけにして居たので楽でした。
それと往路中ジブをリーフする位の風だったのでフルセールにしていたらレース並みのヒールだったでしょうね。

復路は八景島辺りから結構楽しめました。同乗のセバスチャンがセーリングを楽しみたいと言ったのでエンジンを止めても5ノットをキープしていました。その後はバースに着いていましたが、風が上がってきたので結構吹いているようでした。

1345:昨晩のブログアップお疲れ様でした by ポッキー on 2018/04/23 at 18:55:22

朝ブログ見ましたらもう2日分がアップされており、お疲れの中大変だったと推察いたします。
写真ですと荒れ模様の海況は中々分かりませんが、YBMオープンレースと同様チョッピーな波が有る事は分かりました。
往路は昼過ぎには10mは軽く越えた風だったと思いますので保田湾口でのセールダウンや入港準備は大変だったと。
復路も夕方には吹きましたよね。
東京湾の傾向は朝からの南風は午後には結構強くなりますし、朝からの北風はYBM湾口は翻弄されますが午後には凪ぎますね。
自分も今年3月末の上架の際は午後の南風を甘く見た為結構翻弄されました。
GWは混雑覚悟で保田に行って来ます。

▼このエントリーにコメントを残す