プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1294: by Catseye on 2018/02/06 at 17:22:55

マハロパパさん
組み合わせの都合から角パイプを使ったらゴッツくなってしまいました。もう少し華奢で良かったかも知れませんね。
台風では幌は傷まないかも知れないですが少し重くなったのでやぐらが壊れる確率が上がったかも知れないです。もう少しで完成するので取り付けたら見てみて下さい。

1293: by マハロパパ on 2018/02/06 at 12:40:01 (コメント編集)

本格的ですね。完成が待ち遠しいですね。これで台風も怖くないですね。

▼このエントリーにコメントを残す

2月5日 ソーラーパネルの支柱…やぐら?

このところ記事もアップせずマリーナにも行かずに集中していることがあります。
ソーラーパネルをビミニトップに乗せるための支柱ですが、作り始めて全体像が見えてきたら支柱どころか「やぐら」のような形になってきました。

まだ作っている最中ですが途中経過のご報告という事でアップします。

まずは全体像。
20180205-001.jpg
これだけ見て分かった方は流石です。

大きな梯子?いや、やぐらだろう…
ソーラーパネルを乗せるだけの簡単な支柱をイメージしていたのですが、全体像が見えてくると「やぐら」と言った方が合っているかも知れませんね。

縦の四角いアルミパイプが前後を支える支柱。横のパイプがソーラー全体を支える支柱です。
真ん中にあるのはビミニトップの前後フレームにやぐらを取り付ける支柱で、その前にちょっこっとある黒いのは角パイプの端に付けるエンドキャップです。

細かいところをもう少し拡大してみます。まずは左右の角パイプ。
20180205-003.jpg 20180205-004.jpg
前後にミニ万力で押さえてあるチャネル材は直角を維持するための支えです。
ソーラーパネルを乗せるのは紙が巻いてある丸パイプで、角パイプへの取り付けはこんな具合にしてあります。
20180205-002.jpg
写真では見えないですが左右だけでなく下にも補強材があります。
丸パイプは現場で、ブラインドリベットで取り付ける予定なのでボルトは仮組ですが、角パイプへの取り付けはブラインドリベットで固定してあります。

このやぐらを支えるのが前後に取り付ける支柱。
20180205-005.jpg 20180205-006.jpg
端材のパイプを使っているので長さは不揃いですが現場で合わせることにしています。手前の黒いのはAmazonで見つけたスライドジョーとエンドインサートを組み合わせたような中国製のオーニングコネクターです。これでビミニトップのフレームに取り付けます。
支柱そのものは丸パイプですが、根元のジョイントには丸棒を組み合わせてボルトで締めても潰れないようにしてあります

最後は角パイプのエンドキャップ。
20180205-007.jpg
角パイプは25mm角で肉厚が2mmあるので適当なエンドキャップが見当たらず、20mmの硬質ゴムを細工して作りました。取り付けはブラインドリベットで固定するようにアルミパイプを挿入してあって、真ん中は空洞になっています。


ここまで記事もアップせずにしこしこと作っていたのはこれでして、すべてアルミの角パイプと丸パイプ、丸棒と不等長チャネル材を組み合わせて切ったり削ったりして作っていました。金具一つ作るにしてもチャネル材を切り出して面取り、穴あけなど手間はかかりますが、組み合わせるだけで作れるので簡単。だけど時間が掛かるという代物です。

部材を繋げる方法として一時は溶接、ろう付けも考えてみましたが、リベットが一番簡単で楽そうだったのですべてブラインドリベット止めです。
全体の作りとしては華奢な感じで、ビミニトップに組み込むまでは形が定まらないです。これでうまくいくのか不安はありますが、やってみなければ分からないので挑戦してみましょう。不安材料は台風で、1060×540mmのソーラーパネルを2枚取り付けるので風圧に耐えられるかが心配の種といったところですね。


もう少しで完成です。最初の写真の後ろに立てかけてあるのがフレキシブルソーラーパネル。やぐらが出来上がったら簡易配線して一つのバッテリーに充電するようにします。最終的にはバッテリー毎にソーラー充電器を付け、ソーラーパネルをどのバッテリーの充電器に繋げるかというスイッチを付けて完成の予定です。100W2枚と60Wの組み合わせてで、最大260Wが使えるという仕様にします。普段係留している時には三つあるバッテリー各々に充電しておくというちょっと贅沢な仕様を考えています。

完成したら夏が楽しみになりますね。



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1294: by Catseye on 2018/02/06 at 17:22:55

マハロパパさん
組み合わせの都合から角パイプを使ったらゴッツくなってしまいました。もう少し華奢で良かったかも知れませんね。
台風では幌は傷まないかも知れないですが少し重くなったのでやぐらが壊れる確率が上がったかも知れないです。もう少しで完成するので取り付けたら見てみて下さい。

1293: by マハロパパ on 2018/02/06 at 12:40:01 (コメント編集)

本格的ですね。完成が待ち遠しいですね。これで台風も怖くないですね。

▼このエントリーにコメントを残す

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。