プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

11月25日 小春日和のセーリング、ショッキングな事実が…

今日はクルージング仲間のポッキーさんことY田さんとセーリングの練習です。
ポッキーさんの愛艇はリベッチオでセーリングなら早いので最適ですが、停泊場所が八景の奥で出るのにはマストを起倒しなければならず、デイセーリングには不向き。私の船で出ましょうという事になりました。

今日は天気が良くて小春日和という予報です。しかも微風という有難くないおまけ付き。
艤装から一緒にやりましょうという事でジェネカーも手伝ってもらって楽々艤装でした。

出港すると波も無く調微風で波間を漂う感じは今年のタモリカップの様です。0~2mの風でジェネカーをアップするとMaxで3ノット。思ったより強い連れ潮です。

この風では何時もの沖の根まで行くと時間が掛かり過ぎなので適当なところで引き返そうと思っていると、前方にレース艇を発見。しかもマークがすぐ傍です。回航を暫く眺めてからレース海面に入らないようにジャイブします。

岸までは1マイル無いので風があったらあっという間に寄せられてしまいますが、微風なので余裕です。この風でジェネカーとジェノアの何方が良いかという事。登らせてから比べて見ましょうという事でジェネカーを巻きます。

上りはセッティングのお勉強です。何時もブームを真ん中に置いているのですが、登りが弱いので教わりながらのトリム。
結局ブームとトップバテンを平行にするという原則中の原則が正解で、グルーブが広くなって失速しなくなりました。アタックアングルとクルーブをベストに取るというのは本で読んで頭で理解しているつもりでも実際にやって見ると何時もやっているセッティング以上には出来て居なかったというのが現実で。

独学よりも経験者に学ぶ方が早いのですね。メインだけでなくジェノアのトリムもリーチを張り過ぎていた事が分かりました。風によって違ってくるのですが、微風の時ほどトリムの結果が現れてくるので、これも勉強になります。

タックしてポッキーさんがトリムし始めたら、ウインチを逆回しにしても引けるのでツースピードなのですね。と言われて仰天です。短いハンドルを渡して逆回ししてもらうと確かに軽く引けています。

ショック!!!!!

これまで8年この船に乗ってきて初めて知ったこの事実。ウインチのメーカーを見るROMとなっていてルボン標準では無いという事です。前オーナーが換装していたのですね。引継ぎの時に聞いていなかったので知らなかったとは言え、何をやっていたのでしょうか。
あのファーストステップの強風で思い切りウインチを引いていたのが阿保らしくさえ思えてきました。う~ん、来年も自分の船でレースに出るぞ~。

この後は少し落としてメイントリムを教えてもらいます。何とかの二分の一にブームを持ってくると聞きながら、何でしたっけ…
要はリーチング以下でもブームを引き過ぎていたという事です。

クローズホールドと観音開きは誰でも分かりますが、その間のトリムは経験を積まないと分からないものですね。これまで何をやっていたんだか…

下りのジェネカーとジェノアの比較ではやはりジェネカーの方が速そうです。セール面積はジェネカーの方が少し大きくて、トップの方も広がっているので風を掴み易いのでしょうね。

ポッキーさんと私の船は設計者が同じでセール面積はほぼ同じ、水線長が少し違うだけで船型も同じようなのでトリムも似通っています。教わる事が多いですね。


大分勉強になったし、昼時を過ぎているので今日の所は終わりにします。
勉強になった所は動画で見て下さいね。

昼食を挟んで暫く船内でお喋りタイム。この後でまだ用事があるというのに引き留めてしまいました。
ポッキーさん今日はありがとうございました。


さて、ツースピードウインチという事が分かったので、ドジャーの設計を見直すことにします。骨組みは出来上がっていますが、このままだとハンドルが骨組みに当たってしまって長いハンドルが使えないのです。セルさんがハンドルが当たると言っていたので、レース向きに改良というか、風を感じたい事もあるので全面見直しです。

今の設計はハードトップを乗せる事を前提にしているので、風が感じられなくなります。これを止めてランナバウトにあるようなキャノピーだけにして、その上にソフトトップを展開できるようにすれば、天気の良い時は風を感じながら、波が高かったり雨の時はソフトトップを展開するような形にしようと思いました。

どうなるかはお楽しみですが、レースもクルージングもという欲張った事をやろうと思ったら、それしかないでしょうね。


今日の動画
少し長くて見るのが大変かも知れませんが、トリムの勉強には良いと思います。



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1199: by Catseye on 2017/12/03 at 20:13:06

ポッキーさん

新しく記事をアップして詳しく書きました。150%ジブを巻いて使うような状況ならリカットしてセール面積を小さくしたセルフジブを普通にシートを着けて使った方が良いと思ったからです。シートの出し入れも少なくて済みますからね。

結構シビアなトリムになると思いますが、やって見ようと思っています。

1198:レギュラージブに付け替えたのですか? by ポッキー on 2017/12/03 at 20:02:22

K津さんのブログに、N野さんのジブセッティングがセルフタックに変えウィンチで引ける様に艤装変更したと記載されていましたが、セルフタックにされたのですか?
或いはレギュラージブに付け替えて、普通にウィンチで引くようにされたのかな?
先週Nの艇に乗り昨日K津艇に乗ってみて、タック時にジブ返しの完了時間の違いが良く分かりました。
少なくともK津艇は8m程度の風ならば、クルー一人でタック完了時にジブも返し終わっています。
従ってジェノアジブの自艇やルボンもレギュラージブに変更した場合、クルー一人でタック完了時にはジブを引ききっている様になるのかも!
レースではジェノアジブをレギューラーサイズまで巻いてしまうと上れなくなってしまうので、そこまで巻かずメインをワンポンにしています。
Nの艇のジブセッティングは何か変更完了された様なので、メインセール(ブーム)がタック後に風上側に残らない様に艤装変更出来ると良いですね。
先日乗った際はは微風でしたからタック後のヒールも無く、ブームが風上側に残っていても風で横流れする事は有りませんでしたが、順風程度吹きますとブームが風上側に残っているとタック完了後に過ヒールして横流れすると思います。

1197:明日~明後日 by ポッキー on 2017/12/01 at 07:48:36

明日と明後日は寒そうですが天気も良さそうで、風も5~6m前後でセーリングに好都合な様子なので保田に行ってきます。
YBMは丁度オーナー忘年会ですね。
ブログからはK津さんは来週10日(日)に忘年会希望の様です。

1196: by Catseye on 2017/11/30 at 09:09:55

マハロパパさん

そうですね。長い事乗っていて気が付かなかったことがショックでした。

実はドジャーを設計する時に覆う範囲を広げようとして被せるタイプの電動ウインチを使うつもりでいました。フレームの位置を後ろに持ってきたのですが、長いハンドルだと引っ掛かってしまうので、取り付け位置を見直そうとお持っいます。
レースでは電動ウインチは使えないでしょうから、構想自体に無理があったのですね。

また、長いハンドルでもスタンションに取り付けてあるカップホルダーを外せば引っ掛からないので、360度回せるようにしたいと思っています。

1195: by マハロパパ on 2017/11/29 at 22:13:40 (コメント編集)

ツースピード・ウインチを使わなかったとは、なんとももったいなかったですね。(買えば高いですよね。)
あのウインチはハンドルを360°回せないと有効利用できないので、もしスタンションなんかに引っかかるようなら少し短いウインチを使う手もありそうですね。

1194: by Catseye on 2017/11/29 at 19:25:20

ポッキーさん

桟橋忘年会やりたいですね。鍋パーティーでも良いのですけどね。
出来るだけ土日にやるようにします。

12月に入るともっと寒くなりますが、海況が許せば行きたいとは思っています。ただある程度の風が無いとモーターボートになってもつまらないので、結構難しいかも知れませんね。
天気予報に注目です。

そういえばこのところの保田は凪が多かったですね。皆で行った行き位ですよね、風があったのは。

思い切りヒールさせる位の風があったら行きたいです。

1193:忘年会と今週末 by ポッキー on 2017/11/29 at 12:41:45

N野さん、桟橋忘年会(新年会)の計画を期待しています。
日曜は相手開いてはいますが、土曜日は昼間が詰まっており、YBMに行くのは暗くなってからです。
また今週末は海況良く暖かければ保田に1艇でも行って来るつもりですが、なんだか寒そうで心はめげています。
何しろタモリカップの後はK津艇に乗った以外は凪ばかり。
ヒールをしないヨットはモーターボートと同じで少々欲求不満状態です。
マスト起倒が無ければ日帰りでも出す気になるのですが、1日2回のマスト起倒はしんどいので!

1192: by Catseye on 2017/11/28 at 11:39:40

ポッキーさん
そうですね、セルさんが出ない時で良いですから乗って頂けるとありがたいです。

YBMのレースは他からの参加も出来たと思います。スタッフに聞いてみますね。

1191:有り難いお誘いですが・・・。 by ポッキー on 2017/11/27 at 18:30:21

N野さん
>ポッキーさんが一緒に乗ってくれるようだと助かりますよ。

有難うございます。
嬉しいお誘いですが、K津さんがレースエントリーしない場合はぜひぜひ乗せてください。
でもK津さんは全レースにエントリーしそうですね。
それからYBMで貰って来た小冊子にレースの事が記載されていましたが、スクラッチレースは外来艇のエントリー費用(YBM艇より若干高い)が掲載されており、外来艇も参加可能な様子ですね!

1190:シングルでレースはしんどいかも by Catseye on 2017/11/27 at 16:27:56

ポッキーさん

YBMのレースでもオーパイ使っている人は居るそうです。年齢が相応なので周りの人たちも黙認しているんですね。

それでもお話ししたように私も年々力の衰えを感じて、シングルでのレース参加は難しくなっていくでしょうね。
ご当地でのレースに参加する人たちが減ってきているのもその現れだと思います。

楽をしたい訳では無いですが、ポッキーさんが一緒に乗ってくれるようだと助かりますよ。

1189:シングルハンドでレースエントリー by ポッキー on 2017/11/27 at 13:42:51

N野さん
>今回位の微風ならシングルハンドでもレース出場は
>出来そうと思いましたが、ファースト位強いと無理ですね。

従前にも話題になりましたがシングル参加は、最低限YBMの数々のレースはオーパイ使用を認めるかは確認ですね!
YBMがオーパイ使用認めてくれるならば、腰の重いルボンならばシングル参加は大丈夫です。
一応、他数艇が参加するレースは他艇に近寄らない様注意すればOKです。

ちなみに自分の係留地の草レースは、今もバンドフェット30の65歳越えたオーナーさんはシングルでレース参加してスピンアップします。
後、自分もこの20年で50回程草レースにエントリーしましたが、半分はシングルでした。
勿論オーパイ使用してスピンアップもする事有りますが、如何せんシングルはスピンがトラブルと下マークでレースは一巻の終わりです。
ちなみにバンドフェット30、ヤマハ28S、マイレディー25、ヤマハ21CRX、リュンドメ19のオーナーさん達もシングルでレース出ていますが、徐々に高齢化してシングル参加は毎年少なくなって来ました

1188:有難うございました by Catseye on 2017/11/27 at 10:06:41

ポッキーさん
楽しかったですね。
もっと風があればいろいろな走りができたと思いますが、次回に期待しましょう。

今回はメインのトリムが一番参考になりました。両引きシートでブームを下げられるので風上まで引く必要は無いと思い込んでいましたが、引いたらスピードも上がりましたし、より登れるようになりましたね。収穫です。

下りのブーム角度も引き過ぎていたので、もっと研究してみようと思います。

シートの多さには驚かれたと思いますが、一本がクルー一人と思っているので余り気にしたことは無いです。
それでもシートバッグを作ってやって見ましたが、中でシート同士が絡んで収集が付かなくなったので止めてしまいました。中にシート毎のポケットを設けるか、別々のバッグにした方が良さそうですね。スピンシートなどが典型だと思います。
バウにはいかないコンセプトですが、ジェネカーのタックだけは別なので課題になっています。

2スピードウインチはあの後で試してみましたが、風をはらんだ状態でないと実感できないので、もう少し走って見てからドジャーの形を考えようと思っています。

今回位の微風ならシングルハンドでもレース出場は出来そうと思いましたが、ファースト位強いと無理ですね。

セルさんが出ないレースだったらご一緒したいと思っていますが如何でしょうか。

1187:動画見ましたよ~ by ポッキー on 2017/11/26 at 21:38:22

N野さん、昨日の走りが参考となれば幸いです。
そかし自分としてはより強風での走りと、ジェノアがキリギリ辺りの走りを体験したかったです。
前のコメントにも書きましたが、いざ乗ってみますとコクピットはシートだらけ。
そして数も1.5倍と言うより2倍近くは有って、よくシングルハンドで操作するのか不思議な位です。
乗っている際も言いましたが、シートバックが有った方が気っ掛からないと思いますしクルーが踏んだりもしないかもです。
しかしN野さんはあれで馴れているのですから、クルーが合わせないといけないですね。

感想としては、シングルハンドでのクルージングではバウに行く必要無く、全ての操作コクピット内で完了出来るため安全で最適の艤装と思いました。
レースをシングルエントリーで走り切るには、操作部分が多数有り他のヨットと近付いて走りますと、ワッチが疎かになったり操作中のコースずれも有りそうな気もしました。

2スピードのウィンチを巻き揚げる為のドジャー大改造の結果が楽しみです!

1186: by Catseye on 2017/11/26 at 17:29:18

ポッキーさん

いろいろと有難うございました。お陰で微風のトリムが少し分かりました。条件によって変わってくると思うのでまた教えてください。

昨日の様な気候だと本当にクルージングに行きたくなりますね。尤も相当早く出ないとあの敬風ではセーリングだけでは難しいかも知れないですけどね。

ジェネカーのハンドリングは慣れてしまうと簡単で、降ろすのも巻くだけですから危ない状況になっても直ぐに降ろせますよ。コツだけなので少し慣れるように練習しましょう。

動画はゆっくり見て下さい。特にツースピードウインチの所は私の驚きも結構入っていますから。

ウインチの使い方はもう一度習得しないと使いこなせないかも知れませんね。あのファーストステップの時に分かっていればと思ってしまいます。

また一緒に乗りましょうね。

1185:ブログアップ有難うございます by ポッキー on 2017/11/26 at 16:26:53

N野さん、昨日は心地よく大変楽しかったです。
11月末にも関わらず軽風で波もなく、汗をかくほど暖かかったので保田に行きたくなってしまいました。
今後も暖かいとは限らず北風強風かもしれませんが!
N野さんたちが行かないならば1隻で自分のヨットで行くか~って気持ちです。
それほど秋深まった時期の暖かいセーリング日和は感激ものです。
N野艇の艤装は自分のヨットと正反対の艤装ですから、複雑で覚えるのも大変です。
何しろシートが1.5倍の数は有り色も同じで、歳取って物覚えが悪くなった自分には同じ色は厳しいです!
聞いたところ修理業者さんに一巻きまとめて頂いたとの事。
何とか覚えながら、ジェネカーも2回目の経験でジェネカーモファーラー等初体験。
いやはやあれをシングルハンドでこなすとは驚きものです。
今は出先で動画はモバイルの容量を食いますから帰宅してからゆっくりと拝見いたします。
駐車券ともども昨日は有難うございました。。
またよろしくお願いいたします。

▼このエントリーにコメントを残す