プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

11月17日 セーリング練習

今日はセルさんとセーリング練習。メインシートの取回しを変えてから初めての帆走です。

レースでは先輩でもあるので教えてもらいながら150%ジェノアの強烈さを味わってもらいます。と言いつつ風の無いのがちょっと心配ですが。

10時出港に合わせて少し早目の到着で、ジェネカーを用意しておきます。クローズホールドではジェネカーを着けたままだとジブの効率が悪くなりますが、アップする手間を省くのと、一旦展開してシートが絡んでいないかをチェックするためにはどうしても外せないのです。ここで手を抜くとオープンでの提灯ジェネカーの二の舞になりますからね。

セルさんも早めのご到着。ウエストの風向風速計では4m位しかないので、だるいセーリングにならないと良いのですが。

今日は動画を主体にしたかったのでカメラの電源にモバイルバッテリーを装着してメモリーも倍増してあります。11時間まで撮れるので、保田の行き帰りが全て収録できる容量と電源です。

出港は予定通り10時。NAVIONICSのログを入れての出港です。
目標は沖の根にしてメインのトリムと150%ジブを体験してもらいます。出てみたら東北東5~6m、波高0.5~1m位で思いの他風があります。

メインのトリムは流石に経験者だけあってコツを飲み込むと速いです。波があるので両引きのシートを操ってパワー重視のセッティングにしました。セルさんは前々からブームが動かないのでドラフトの調整には有効だと言っていましたが、上手くパワーを引き出しています。

150%ジブはタックの時に体験できたようです。5m位までならハンドルを使わなくても何とか引けますが、6mを越えるとハンドルが必要になりますし、7m以上では両手で引かないと難しくなります。右手の親指を骨折しているというのに大丈夫でしょうか。

タックでは向い波に入るとバウから派手なスプレーを上げるのですが、今日も何回かありました。レースでは気にもせずにヒールさせていますが、ちょっと迫力がありますね。動画にも入っています。

沖の根に着いたらジェネカーをアップ。今日の風だとブロードリーチにすると直ぐに岸に突き当たってしまうので、リーチングでのテストです。スルッと展開して登らせ気味で走りますが、タックが緩いのでバウに行って調整です。
スピンシートをスターン近くに取っているので、リーチングではもっと前を支点にしないとバタつきます。本来ならツィーカーを使う所ですが、レースでも無いので省略。少し効率が悪くて150%ジブと余り変わらない走りです。

ファーリングジェネカーの展開はシートを引くだけ、収納は根元にあるドラムに着けたエンドレスロープを引くだけで巻き取れます。余りに簡単なので「何でこれで提灯にできるの?」と…
ついつい、本当の事を白状してしまいました。
バースで展開テストをした時にジェネカーが緩まないように縛っていたロープを外し忘れたのです。これではどんなに頑張っても展開できないですし、変に頑張って展開しようとした結果、上のほうだけ風をはらんで収集が付かなくなったという次第でした。

ジェネカーランでのジャイブを何回かやって、最後に考えていたジャイブ時のメインシート操作をやって見ました。
両引きメインシートはジャイブの時にシートを出す量が多くなるので、ジャイブ前に風下シートを予め出しておくというものです。動画でも見れますが、動きは渋いですが何とかブームが動いてくれました。ジャイブ後に風下シートを締めれば完了ですから、レースではこれが決め手になりそう。後はシートにマークを打っておけば良さそうです。

そろそろ昼時なので帰港します。

ランチを摂りながら反省会です。
・ 私のトリムは少し絞り過ぎの傾向があるので、波かある時はパワー重視のトリムの方が良い。
・ 思ったより安定感があるので乗りやすい。これを活かした方が良さそう。
・ レースでは役割を決めるだけでなく声を掛けて何をしたいのか明瞭に伝えた方が良い。
・ ティラーが長すぎるので短めにして延長を考えた方が良さそう。
・ ルボンでは三人乗ると動きにくいのでダブルハンドが丁度良い。

セル艇は風の向きや波に敏感に反応しますが、ルボンは腰が強いのと波を受けても余り変化しないのでとっさの時でも余裕があります。むしろ確実に操作していくというのが大事で先読みしないと後れを取ってしまう事になりそうですね。

セルさんはレースを何回も経験しているので色々とアドバイスをもらいました。これが一番有難かったです。
今日一日風に恵まれて楽しいセーリングが出来ました。セルさん有難うございました。

今日は皮膚科に寄らないと大変な事になっているので早目の帰宅でした。



今日の動画。
動画の収録時間が2時間22分と長いものだったので、編集に思わぬ時間を取られてしまいました。外部電源は長い記録には有効なので、編集しやすくするために細切れの設定にした方がやり易く感じました。気になっていたカメラの熱も余り上がらなかったようです。



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1184:熱海は by ポッキー on 2017/11/23 at 17:41:56

N野さん、熱海は2艇でOKです。
そしてK津さんや聖さんを乗せてあげましょう。
自分は熱海方向は他のヨットでも未経験ですから、出来れば経験あるN野艇について行きたいです。
エスコートあれば初クルージングの自艇でも大丈夫と思っています。
後、K津さんには大島はおすすめ程度で気持ちを聞きたかっただけで、ご心配なくですお願い致します。
自分はリベッチオと言う事も有り、新しい旅先は山登りと同じくいずれは自艇で潰して行きたいです。

1183:フェスタでとは… by Catseye on 2017/11/23 at 10:41:29

セルさん
もう誰もフェスタで行きましょうと…とは言っていませんよ。
ですから私かポッキーさんの船に同乗していきましょう。

今までロングに出かけて途中で天候が変わったのは弾丸と熱海の帰りの二度位のものです。この時はうっかり天気図を確認していなかったので分かりませんでしたが、最近の天気図は良くて来ているので、天候の変わり目はある程度事前に予測できるのです。
勿論、自然が相手の事ですから予報どおりになるというのは分かりませんが、気圧の変化でおおよその事はつかめます。

誤解のない様に行っておきますが、私は予報で波が1.5m、風が12m以上になる海域には行かないようにしています。

セルさんも理解されている様に、私は慎重派ですからね ^ ^

それからポッキーさん
話がこんがらがっているようですよ。
フェスタでロングに出る事の危険性を言ったり、一度は自艇でロングに出てみましょうとか…

勧める気持ちも分かりますが…
レースならファーストステップの様な海況でもなんとか走れると思いますが、あの状況で保田に行くと言ったら、私は止めると思いますし、実際に辞めるように意見した事もあります。

1182:N野さんのブログですが・・・K津さんへ by ポッキー on 2017/11/23 at 01:09:25

K津さん、無理にクルージングをお勧めしている訳では有りませんので気になさらずに・・・。
ヨットは登山と同じ様に自然との闘いと思っています。
ですから冒険までとは言わない程度の安全第一のチャレンジも楽しいと思います。
多分レースも若干はその感じも有ると思っていますので、K津さんも安全第一で自艇でもどうかなって思っただけです。
危険や大変さが一番分かっているのはオーナーさんですから、そのオーナーさんが望まないので有れば勿論同乗して下さい。
自分はクルージングで新しい旅先に行く際は、一度は自艇でも行きたいと思っていますが、大概は他のヨットで一度行って、自艇でも大丈夫かを考え判断して自艇で決行しています。
フェスタはレースとデイセーリングに特化したヨットですから無理は禁物ですし、K津さんの好みは沢山のセーリング練習とレース参加での上位成績は分かっているつもりです。
自分はレースも好きですが、よりクルージングの方が好きかなです。
後何度も申しますが、保田往復でもK津さんやN野さんより私の方が少しの荒天予報でも「中止にしよう」と言うと思います。
シングルハンド長年やって危険な目には会ってはいませんが、難儀だった事は数知れず。
大島弾丸は初めてやってみて難義で有った事を知りました。

1181: by Catseye on 2017/11/22 at 21:07:21

ポッキーさん

熱海直行では9時間見ておく必要があります。6時に出たとして15時着ですから、遊ぶ時間を見ておくと5時頃出港というのが良いですし、今までは大体その位に出ています。平均4.5~5ノット位です。

3日間くらいに日程的の余裕があるなら、三崎または保田に一泊しても良いと思います。
その辺りは皆さんのスケジュール次第ですね。

帰りは直行になります。クルージング組は早目の出港になりますね。今までは5時の出港のつもりで大体6時になっていました。

何れも相模湾央を直進するコースで、八景→劒崎→三崎沖→相模湾中央→熱海で行っています。帰りも同じですね。

停泊は熱海マリーナです。セルさんは多分ホテルでしょうね。

1180:熱海クルージングの行程は? by ポッキー on 2017/11/22 at 20:08:32

N野さん、熱海クルージングの行程は大まかにはどの様になるのでしょうか。
往路は早朝出港して、当日一気に熱海まで向かう。
或いは昼までに出向して、三崎辺りで1泊して翌日に熱海到着か。
また復路は多分熱海早朝出港で当日帰港ですよね。
夕刻暗くなっても東京湾内でも有りますし、母港方面ならば安心かと。
それから三崎から葉山沖~江ノ島沖~真鶴沖の沿岸通らず真っ直ぐ直線で熱海までですよね!
また停泊は熱海マリーナですよね!

1179: by Catseye on 2017/11/22 at 19:54:15

皆さん

大島は途中で波の経つところがあるので風次第ですね。西風が吹くとこの間の弾丸クルージングの様になりますが、北東だと比較的波が穏やかなので走りやすいです。荒れる事もあるので余りお勧めしません。

初島レースは兎も角として、夏・秋シーズンで落ち着いた海況の時もありますから、セルさん(と聖ちゃん)を乗せて熱海クルージングを企画してみませんか。

いろいろと脅かすような事を言っていますが、凪の相模湾は本当に油を流したような静かな海面になります。うねりだけがあって、遠くの本船が見え隠れして居たり、イルカやクジラと遭遇する事も。
真ん中あたりは他の船も居ないのでオーパイに舵を任せたまま昼寝なんていう事も当たり前のように出来ますよ。

凪の海を確約できる訳では無いですが、天気予報と天気図を見ながら行けば当たる確率は相当高いですし、今まで熱海に行った限り、穏やかな海況の方が多かったです。


1178:日本沿岸の海況 by ポッキー on 2017/11/22 at 19:29:20

K津さん、従前の関東沿岸(日本沿岸)の天気と海況は傾向がはっきりと分かっており、梅雨明け10日間(20日間)はベタ凪確実。
台風も発生時期によりコースも似ていたり、大概は西からの天候変化の時系列を見れば海況予想も立て易く、子供と2名でも安全に大島クルージング出来ました。
また20年前の頃は海況の変化が読み取れてフェスタでは無いですが22~25ft辺りの船外機小型ヨットでも、安全に大島へ行っていました。
ところが最近は全く駄目な天気で、せいぜい二十四節季が傾向を表している程度です。
本当に本当に従前は台風が発生する前までの梅雨明け20日間は、鏡の様な海面と無風状態で大島往復出来たのですよ。
今は休みをクルージング日程の倍は取り予備日を作りませんと安全なクルージングは出来ません。
最近は安全には人一倍気を使ってしまい、その為クルージング計画有ってもヨットを出港させないケースが多く、遠方への経験が少なくなってしまいました。
N野さんと向かいました弾丸大島も、立地が好条件の元町港を途中で変更して、無駄な距離走って安全第一の波浮港へとしました。
ですからK津さんに大島勧めるにあたっても、行ける確率は10%も無いかな。

1177: by セル on 2017/11/22 at 18:17:02

先輩
初島のロングレースの船は、シャワーですよね  よく知っています
あの人たちは上手いです 最近あまり活躍していませんけど以前はバリバリやっていました。YBMにもよく来ていましたよ
フェスタについて色々教えてもらったりもしていました。

来年のことを言うのも早い話ですけど、行くときは、乗せてもらって電車で帰ります(笑)
ディンギーで大島に行った人もいる?行った人もいると言うだけで、みんながみんな行ってるわけではなく、行く方が珍しいのですからその真似をフェスタだったら出来ると言うのも無責任な話です。
あの船で、シングルで8m超えの時は本当に神経集中して乗っています
ルボンだったら12m超えで、波も1.5m以上になると思えます
その状況にいつなるかと思いながら行く事自体、そんな冒険したいとは
思いませんことをご理解ください。

1176: by セル on 2017/11/22 at 18:05:57

ポッキーさん 
そうでしょ 自分が出来もしない事は簡単に言わない事です
フェスタの怖さは、もう何年も乗っているので十分わかっています。
生半可な気持ちで7m超える風で乗る事は出来ませんし、長い時間緊張も
続きません
保田までがいいところです。それ以上は行きたいと思いません。
いつ海が荒れるかと思いながら乗るのもストレスになります。
あの一緒に乗ったファーストレースのような状態で、シングルで何時間も
走らせることができますか? 
レースの時は、周りに救助艇もいますしコースも決まっているので、ある程度風が強くてもアドレナリンも出ているので出来ますが、クルージングという長い時間、物事色々考えながらの乗船では、そこまで体力も精神も付いてきません

もう少し大きな船に乗り換えることがありましたら、太平洋側を端から端まで
のんびり行ってみたいとは思いますけどね。

1175:大分危ない話に… by Catseye on 2017/11/22 at 16:49:31

セルさん。ポッキーさん

レースは兎も角としてフェスタで大島行は危ないですよ。余程の凪でない限りやらない方が良いと思います。ディンギーで行く話も聞きますが、我々の歳(済みませんセルさんまで同年代扱いして)では乗るのがきついだけでなく、チンしても起こせませんからね。

駿河湾は荒れると大変でして、熱海の帰りに北東7~10m、波もオープン位あった時はルボンでも登り40度近くまでヒールして三崎に着くまでの4時間で疲れ果てましたからね。フェスタだったらどうなるか分かりますよね。

初島レースに参加していたフェスタ(YouTubeで見ましたが)が10ノット以上のスピードで走っているのを見たりすると案外対候性があるのかなと思ったりもします。でも自分が乗るのだとしたら、とてもではないですがやりたく無いと思いますけど…

セルさん
生きるか死ぬかってフェスタで行ったらの事ですよね ^ ^
ロングクルージングは一度は経験した方が良いと思うのですけど、如何ですか。
熱海ならクルージングの跡は温泉に浸って美味しいものを食べてと楽しい事が待っていますからね 。帰りは新幹線で一っ飛というのもできますしね ^ ^

1174: by ポッキー on 2017/11/22 at 15:59:09

K津さん、
神様が2~3日のベタ凪を補償してくれるならば行きますが、それ以外ならばやはり断るのが本心です。
友人のフェスタでは保田のみ、それも風は6m程度まででしか行っていませんし、レースも凪か軽風~順風以下でのみ参加でした。
ファーストの様な海況をフェスタで体験した事は無く、やはり凪の補償が無いと大島や熱海は危ないですね。
ただK津さん、1回は自艇で大島チャレンジしたくはないですか?
昔はディンギーでも行かれていた方もいる様で・・・。

今日は寒くて雨も降りそうで終日内業です。

1173:今日は皆さん暇なのかコメントが早いですね~ by セル on 2017/11/22 at 15:39:50

ポッキーさん 話が全然違います  
この問題は生きるか死ぬかの問題ですよ!
ポッキーさんにフェスタ乗って貰って大島まで行ってもらい
自分が海羊に乗っていきます。 
どうですか?行きますか?

1172:レース前の船底掃除 by ポッキー on 2017/11/22 at 14:51:21

K津さんがレース直前に例のロープ付きた長タワシで洗っているのは知っています。
自分は係留地の草レース(4.5.6.7.9.10月開催)の際は水温が低い4.5.6月以外は可能ならば必ず潜って掃除しています。
本当は4.5.6月も掃除すべきですが、毎年4月前半に油壺まで往復して上架塗装しているので、未だ大丈夫と過信しています。
潜ってみるとキールの底辺部分にも藤壺が付着していたり、船底の細かな付着生物も取り除けますし、全体的なぬめりもしっかりと落とせます。
7月のレースはベタ凪が多いので役立ちますが、先日のファーストやオープンレースは風もそこそこ吹きましたので効果は少しだとは思います。
タモリカップはゴムボートと3本のアンカーのみならず、やはり自転車や余分なロープ等も降ろして費用支払ってもダイバーさんに掃除して貰えば良かったと反省しています。

1171:大島弾丸+@クルージング by ポッキー on 2017/11/22 at 14:40:24

N野さん、K津さん
熱海行き了解です。
万が一のK津さんの乗り換えは三崎港辺りで!

K津さん、N野さんもレース向きのヨット(ルボンは一応クルーザーレーサーとなっていますが)では無く、ドジャーやキャノピーも付けたままでレースエントリーされるのですから、どうぞフェスタで熱海や大島もチャレンジして下さいね。

それからN野さん、今年の大島弾丸クルージングの往路は例外的な向かい波と西強風で、自分も数々の真夏の大島往復でも厳しい海況でした。
その為お互いに通常以上に疲れてしまい、最後に波浮湾港での荒波(時々湾口は荒れます)と西強風吹き下ろし一発ブローチングで疲労が増加したと思います。
自分は今年8月のお盆休みにも2泊(保田と大島で1泊づつ)で大島行きましたが、保田で前泊しますと本当に楽チンとなり、波浮で槍付けする体力も残っていました。
熱海も大島までと同じ程の距離が有りますが、保田で前泊しますと下記のメリットが有ると思います。
①YBMからより4時間は距離と時間が稼げます。
②保田はクルージングでの食材購入に最適。
③保田まで行く際に身体がヨットに馴れます。
④保田でしっかり夕食食べ、温泉につかり早寝すれば疲れ取れます。
以上全ての面で体力の温存が可能かと思います。
ですから今年は大島弾丸+@クルージングのつもりです。

1170: by Catseye on 2017/11/22 at 13:04:48

セルさん、ポッキーさん

レースでの走りは別物…良く分かりますよ。走って見て分かるのですから経験がものを言うんですよね。クルージングでは撮影の時くらいしか肩寄せ合って走るのは無いですけど、レースだと間近で走りますからね。

自艇の船底塗料は貝が付かないのですが、藻はつきます。それ程影響ないと思っていましたが、目鱗ですね。
出船で係留しているのでラダーの藻は簡単に取れそうですが、船底はちょっとした工夫が必要そうですね。それでも何となくわかるのでやって見ます。

<片道付き合います 往復は飽きて無理です…>
分かるような気がしますね。私もそう感じる時がありますが、一度やって見ると面白くなりますよ。

<自分勝手な性格…>
案外そうでも無かったりしてね ^ ^

熱海の行きにセルさん同乗、聖ちゃんは電車で合流(気が向いたら行きに乗っていくでも…)、帰りは別々でやって見ますか?
夏場の方が良さそうですけどね…

1169: by セル on 2017/11/22 at 12:26:02

レースの経験値が物を言う 確かにそうですね
レースは経験しかないですよね
経験が最後に順位に繋がっていきますね
普段どんなにフリーで早く走れても、レースは別物ですから全然通用しません やはりルールの中で早く走れるのは経験と練習でしょうね

早く走れる条件は、何?何?と興味津々で読んでいましたが、普通じゃないですか! <`ヘ´>
自分は毎回レース前日か前々日に船底擦りに行っていますよ 
ほとんどの藻は取れます。
船上架しなくても、同じように取れますので試してください 
ただ貝が付いてしまうとダメなので早めにチョコチョコやった方がいいです。 一人で出来ます。
キールとラダーは興味あれば相談してください教えます(笑)
大島は行きたくないですけど熱海は行っても楽しいかもしれませんね
片道付き合います 往復は飽きて無理です(笑)
はじめYBMからキャッツアイで出向し4時間後に途中で海羊に乗り移らせてもらい残り4時間 これなら行けそうです それできよちゃんが電車で来て合流
こんな感じでどうですか?笑 言われる前に言いますけど我々は自分勝手な性格ですからね !

1168:係留艇がレースに勝つためには! by ポッキー on 2017/11/22 at 11:22:03

まずK津さん
>の際TBMの雑誌に前回のオープンの事が載っていますので
>受付に置いてあると思うのでもらってください
上記有難うございます<貰いに行きます。

それからN野さん(K津さん)
>レースの順位は余り関係なくて、どの位経験したかが重要と
はい、ならばディンギーレース6年程、クルーザーレース20年超えの自分から、これだけは係留艇がレースで上位成績取る確実(100%)な方法を述べます。
係留艇はレースの1週間前以内に下記のどれかを行うべきです。
①上架して船底掃除と船底塗装する。
②塗装しないならば上架して船底の付着生物除去と洗浄する。
③上架出来ないならば潜って、船底とキールの先端までの付着生物除去とタワシで塗装が出るまでこする。
④キールまで潜れないならば、せめてハルの水中部分は付着生物除去とタワシで塗装が出るまでこする。

上記は係留艇20年超えでの年6回草レース参加での経験から100%確実な他の何より先に行うべき勝利の為の方法です。
春先は他の艇も上架塗装していますから効果は少ないですが、秋は付着生物は除去してもぬめりや汚れはそのままの係留艇がレース参加する為絶対に効果大です。
特に凪のレースでは風を受けて行った艇だけが先に走り出します。
実はタモリカップ1週間前に透明度の良い保田に行き潜って掃除予定でしたが、お盆休み以降週末は荒天で保田にも行けず、赤潮で濁った係留地で潜る事も出来ず、最後にタモリカップの朝に船底は諦め、移動の為に潜ってペラだけ掃除しました。
勿論自分の腕が最大原因ですが、風受けても走らなくて最悪のレースでした。

1167: by Catseye on 2017/11/22 at 09:12:22

セルさん、ポッキーさん

ヨットが好きだからこそ頑張れているのでしょうね。クルージング先での盛り上がりを見たら皆さん変態の資格十分です。

多分、この歳でこれだけ熱中できる事なんてざらある事では無いでしょうね。

大島と言わず熱海でも良いですから、一度はロングクルーズに行けると良いですね。

1166: by セル on 2017/11/22 at 09:02:58

ポッキーさん 大島お誘い頂きましたけど覚悟は無いので行きません!(笑)
それにしてもポッキーさんもかなりのヨット好きですよね 
みんな変態ですよ ヨットに関して
一日のほとんどの時間、頭の中にヨットの事が存在していますよね
それだけヨットって魅力的なんですよね
25日YBM行くんですよね その際TBMの雑誌に前回のオープンの事が載っていますので受付に置いてあると思うのでもらってください 無かったらスタッフに言えばもらえますよ  ポッキーさん載ってますから(笑)

1165:クルージングで思う事 by ポッキー on 2017/11/22 at 08:31:14

自分は1泊以上(保田は別かな)のクルージングの際は翌日の体力を残すべく無理をしない事にしているのですが、子供の遠足と同じ様に前の日から興奮して熟睡出来ず、クルージング中も楽しくてついつい色々操作して動き回ってしまい、現地で酒も飲まず夕食後はバタンキューが多いです。
少人数(シングル)やヨットに不慣れな方を乗せてのクルージングは艇長の責任大で、帰港まで充分な体力と注意力を残さないとならないのですが中々出来ませんね!
K津さんや聖さんも大島等連れて行ってあげたいです。
従前の梅雨明け20日間の日本の海況は安定していましたが、最近はもう分からない程めまぐるしく海況変わり、フェスタで大島行くのは帰りに吹かれたり風波食らう覚悟が必須ですね!

1164: by セル on 2017/11/21 at 21:42:02

そうは言っても実際にレースもでて、日帰りに近いロングクルージングで大島に行ったりもしていしる 意欲がありますよ
自分だったら、後十年したら今のような楽しいことを色々考えても、意欲が沸き立たない気がします。
それまでは負けずに頑張ります。
みんな好きなんですよねヨットが。
こんな話を女供が聞いていたら呆れ果てますね
ただ、こうやって呆れ果てられた男どもが同じ趣味の話で盛り上がれるのは最高ですよ!(笑)

1163: by Catseye on 2017/11/21 at 21:04:49

セルさん

ポジション的にはそんな感じでしょうね。ティラーをもう少し短くすれば行けると思います。

歳ですか…
元気なのはやっている時だけです~
船に乗ってどこかへ行ってるときやレースの時はアドレナリン出ていますからね。歳などはどこかへ行ってしまってます。

電撃と言っても船が走っているだけですから、何という事は…… ありまして ^ ^

着いたら、二人とも波に揉まれ疲れ果てていましたよ。食事から帰ってきてからは「では、また明日」で、寝床に潜り込んだら朝まで気が付かなったですからね。
この歳で電撃なんてやるもんじゃないです。

そうなる前にロングクルージングに行きましょう! ^ ^

1162: by セル on 2017/11/21 at 20:28:06

ポジションは、三人であれば、一人はキャビンの手前で座らずにメインを担当、もう一人は、その後ろで片足を乗せてジブ担当、残りの一人はティラーでしょうね
ジブウインチがサイドに有るので、その分一歩後ろで出来るので、位置的にはいいと思うんですけどね

それにしても動画を見ながら思っていたのですけど、、先輩もポッキーさんも
元気で若いですよね
自分が同じ年だったら、ここまで出来るかと考えたら、たぶん出来ませんね
今でさえロングクルージングは出来ないのに、電撃などと言う本当に電撃的な事しているんですから真似できないですね
大したもんですよ!

1161:レースの回数は by Catseye on 2017/11/21 at 19:57:25

ポッキーさん

レースの順位は余り関係なくて、どの位経験したかが重要と思いますし、その都度改良した方が良さそうな事はあったと思います。
クルージングも同じで経験というのは物凄く重要なファクターだと思っています。

実際の話ですが、登りで8m以上吹かれても波も1m以上でもNo.2(まだファーリングでない時でした)のジブで何とか帰り着いて、この位ならば耐えられるんだと思えた事は今でも忘れません。

レースではファーストステップの波風で不慣れなクルーと一緒に走って、フルメインと3~4巻き位のジブの方が走り易かったし、クルーの担当を決めておくのが重要というのも経験値です。

レース毎に改善点を見つけて次のレースに備える訳ですから、レースに出た経験値は他に代え難いものが有ると思います。

ですから一緒に乗ったら何でこんな事やってるのと思わず吹き出してしまう事もあると思いますよ ^ ^

それはそれとして、鬼が笑ってもまた大島に行きたいですね。スケジュールが決まってしまえば先口優先ですからどんなスケジュールでも行けると思います。セルさんも誘ってみましょうか。どちらかの船に乗れば良いので、ロングクルージングを経験させてあげたいと思っているのです。

新島はまだ未踏ですから、行けたら良いですね。神津島は行ける時に行こうと思います。9月に入るとレースが目白押しなので、クルージングは8月の方が良いですね。

1160:アドバイスする資格は・・・ by ポッキー on 2017/11/21 at 12:05:20

N野さん
>ポッキーさん何を仰います。私こそ実質レース参加
>2回でレースの何かを云々する資格など無いのです。
と書き込みして下さいましたが、係留地の草レースでは大体真ん中より上位でゴールしているのですが、YBMのレースは過去も直近もとてもアドバイス出来る様な成績では無く恥かしい限りです。
ですから自分のシングルハンドのやり方を今回見せるのみで、後はN野さんがレースでシングルまたはクルーを1名乗せる際の動きを一緒にやってみるのみです。
鬼が笑う先の話ですが、来シーズンの8月お盆休みには大島元町港に停泊して花火を見たいと思っています。
タモリカップのパーティーと同じ様なとっておきの場所を知っていますし(係留して花火観覧しました)、今年の弾丸クルージングでは西風強く(自分は波浮港湾口でブローチング)、元町港には停泊出来ず太平洋一望の露天風呂にも行けず、これまたリベンジです。
また、お盆休みは混雑するのでそれ以外の夏の凪シーズンにやはり露天風呂が有る新島辺りまでは(神津島は自分は時間取れず)行きたいと思っています。
新島までならば3泊4日で充分に楽しめます!

1159: by Catseye on 2017/11/20 at 23:54:35

セルさん

コメントありがとうございます。楽しいセーリングでしたよ。

確かにトリム次第で上り角はかなり変化します。今回は一番登った時で見掛け40度ですから余り登らせていなかったです。神経を余り使わない角度は35度が限界です。
もっと登らせることもできますが、ヘルムが敏感になってきて失速しやすいので、レースで高さを稼ぎたい時しかやらないです。

両引きメインにしてもトラベラーにしても同じような操作をしているのですね。
シングル仕様にしてはいますが、ルボンのルインシートトラックはキャットウォーク(バルクヘッドの前)にあるので、普通のメインシートでも前の方で操作するようになってしまいます。
その意味では本当にクルージング仕様なのでしょうね。リベッチオも同じレイアウトなので、ポッキーさんと乗った時に聞いてみたいと思います。

乗員は3人がマックスというのは同感です。それでもジブ担当のクルーはコクピットベンチに座らず、片膝でデッキにまたがる姿勢でないとメインのクルーが操作できなくなる狭さなのです。どういう姿勢で操作すれば良いのかも課題の一つですね。左右のウインチ担当に分けて、タック後の上側になるクルーがメインを操作する感じが良さそうですが…

スキッパーが操作をしていると目標を見失ったりして良くないのも分かります。ダブルハンドではどうしてもスキッパーが操作する事もあるので、何か工夫しないと駄目でしょうね。

今回も舵取りはフラフラしているのが良く分かりますね。波を受けた時に持っていかれていると思いましたが、ティラーを動かしているので目標が定まっていないのだと思います。タックも何度も止まりそうになっていましたね。

セルさんのレースの動画を見ていると見習いたいです。もっと練習する事にします。

1158: by セル on 2017/11/20 at 20:38:28 (コメント編集)

上りもトリム如何で結構早かったと思いますよ
若干上り角度は悪かったようにも思いますけどね
でも、あそこまで走れれば良いと思います
ただこの間は、風が結構良かったので早かったけど、弱風だと結構しんどい感じに成りそうですね

メインのシートは、自分もシングルの時は良くやるんですけど、初めに上側を(上シートと言ってもトラベラーです)緩めておいて、タックした時に丁度いい所に来る感じにし、そこから微調整をして行きます。あの艤装もそんな感じでするしかない気がしました。
三人入れば 一人はティラー、一人はジブ、一人はメインと三人で役割を決めれば出来そうですが、2人ではオーパイ使わないと無理ですね

本当にシングル仕様になっていますから、ドッグハウス周りでしか作業が出来ない状態ですし、ジブとメインのシートも接近してますから余程コックピットの形状に成れていないと動けないでしょうね 自分が思うには、乗員は何人いても良いですけど、コックピット作業員は3人まで  あとはバウ周辺に居てもらう感じでしょうね

この間も言いましたが、スキッパーは、動かないで、目標だけを見ていた方が良いと思います
余計な事をして、船がふらついていたら折角トリムを綺麗にしても、またすぐに入れ替えをしたりしなければいけなくなり、どんどん船速が落ちてきます 
今回の動画でも、よく見てもらうと判りますがかなり左右に結構ぶれています まだこの船ですから早い行足で持っていますが、フェスタではすぐに失速に成ってしまいます
この辺も練習ですね
でも、楽しい船でした

1157:艤装も一緒にやりましょう by Catseye on 2017/11/20 at 16:21:31

ポッキーさん

確かに自分でやらないと覚えませんね。ジェネカーだけでなく他も一緒にやりましょう。
多分ジェネカーが一番大変だと思います。シートだけでなく、ファーリングやハリヤード、ファーリングロープなど幾つもありますからね ^ ^

何時も一人でやっているので、一緒にやると何かアイデアが生まれるかも知れませんよ。

1156:集合時刻は by ポッキー on 2017/11/20 at 16:11:05

N野さん、集合時刻は出向の艤装を行う前で良いですよ。
セル艇でレース出た際も艤装はO石さんと行い、セルさんにチェックして貰いました。
艤装を行いますと、帆走でどのシートを引くかも覚えます。
しかしN野艇に(自分も)不慣れなクルーが艤装しますと間違いも多発しますからチェックも宜しくお願い致します。

1155:風が少しあると良いですね by Catseye on 2017/11/20 at 15:56:20

ポッキーさん
今週気前半は寒波ですが、土曜日は結構暖かそうですね。楽しみです。
集合時刻はメールでご連絡しますね。

リベッチオがセーリングでどんな挙動をするのか興味があります。同じ人のデザインなのでキャビンなどのロケーションは似ていますが、船型は大分違うので面白そうです。
保田に行っても良いですし、行きに並走してやって見るのも良さそうですね。デイセーリングでやろうと思うとマストの起倒が面倒ですから、クルージングでやるのが良さげです。

1154:土曜日は暖かい by ポッキー on 2017/11/20 at 15:11:34

N野さん、未だ風の強さと海況は分かりませんが、土曜日は暖かい予報ですね。
楽しみにしています。
集合時刻はお任せしますのでメール等でご連絡下さい。
また他のオーナーさん居らず門から一緒に入れない場合は現地で電話します。
自分のリベッチオは多分ですがN野さんと正反対の艤装ですから、何時か保田へ行った際に保田桟橋でどちらかのヨットを停泊させて、順番に残りの1艇に一緒に乗って確認出来るとよいですね。
しかしやはりベストな事は、保田クルージング中でも良いので上りいっぱいで走ってみたり、一緒にタック等を行いタック完了の時間やコースの落ち具合の比較ですね!

1153:今週土曜日に期待です by Catseye on 2017/11/20 at 11:58:01

ポッキーさん

動画を撮ってあると後で色々と分析できるので良いですね。

確かに実際のトリムはやって見ないと分からないと思います。土曜日にやってみて下さい。違いが分かると思います。、

レースでの最適な人数はまだ分かりませんね。3人がマックスだと私も思いますし、もっといても良い様な気もしますが、タモリカップは4人でしたが窮屈で身動きができませんでした。
仰る通り慣れた人が居てこそできる事で、経験の浅い人を乗せるとかえってフラストレーションがたまる事はご理解いただけると思います。

今までブームの位置はセンターに置くのがベストと思っていました。かなり前ですが風上側に引いた時にリーヘルムが出て流された事があったので、真ん中以上に引く事が出来なかったんです。
今回の帆走でたまたまですが風上トリムで見た目でもセールドラフトの中心が船の真ん中になっているのを見て考え直しました。
両引きシートでも風上にブームを引いた方が速く走れそうですね。

ジェノアをしっかり引くと裏風が入って…
確かに仰る通りメインに裏風が入って乱れますね。ジェノアの引きすぎかと思っていましたが、ブームをもっと風上側に引けば行けるかもしれませんね。今度一緒にやって見ましょうね。

アドバイスする資格…
ポッキーさん何を仰います。私こそ実質レース参加2回でレースの何かを云々する資格など無いのです。
それでも考えながら、動画を見ながら少しずつレースに向けた練習をしていきたいと思っているので、アドバイスを宜しくお願いしますね。

船の性格や艤装によって走りは全然違いますから、リベッチオと比べるつもりはありません。一杯で走っているとだるい走りでも分かりませんが、並んで走ると励みになりますという意味です。


レースに参加して見て…
これは荒れたレースで走って見ての感想なのですが、波や風のある時に限れば船の速い遅いは関係ないかも知れませんね。トリムとコース取りさえしっかりやっていればルボンでも結構イケそうな気がしてきました。実はK道さんに船の速い遅いよりはコース取りをしっかりやってみて下さいと言われていた事を思い出しました。

今度一緒に乗ればいろいろな事が分かってくると思います。楽しみです。

1152:お二人で楽しそうでしたね by ポッキー on 2017/11/20 at 11:09:30

N野さん、動画参考になりました。
しかしメインのトリムは実際にやってみませんと自分には分かりません。
普通のクルージングではタックやジャイブ等オーパイ無くてもシングルで何とかなりますが、それは時間も有りコースがずれても大丈夫だからです。
しかしレースではタック後にジェノアを巻いている際にコースがずれ風下に落ちたりしますとロスとなりますから、やはりレースで上位を狙うならばシングルならばオーパイ使用、或いは2名以上での乗船が必要と考えます。
自分のリベッチオでは4名乗船ですとコクピットはぎゅうぎゅうで、レースに出るならば馴れた3人がベストと思いますし、多分ルボンも同じだと思います。
3名と言ってもジェネカーやスピンを揚げるならば馴れた3名では無いと、それ以上何人も居ても無駄と思います。
それからルボンやリベッチオはマストヘッドリグでジブで走る効果が大きいですから、順風以下で波の無い海況ならばブームはセンター或いはセンターの若干上まで私も引きます。
そうすると丁度トップバテンがブームと並行となり、一番風上に上れるベストなメイントリムとなる筈です。
経験上分かっていると思いますが、ジェノアジブをシッカリ引きますと、少しブームを出した場合でもメインに波裏風がたっぷり入り、マスト付近のカーブが乱れます。
しかしN野さんと同じクラスで一緒に走りレース参加しませんと自分のリベッチオが遅いか早いかは分からず、自分自身もN野さんにアドバイスする資格無しと思っています。
一応タモリカップは一緒に並んで走りましたが、実はクラスが事なりスタート時間も事なっていましたから参考にはなりませんね!

1151: by Catseye on 2017/11/20 at 10:00:44

セルさん

こちらも有難うございました。乗ってもらって良かったです。
動画の編集中にPCが落ちたたりして中々アップ出来なかったですが、全部収録出来て居るのには助かりました。これからも外部電源で行こうと思います。

150%ジブと動き…
150%ジブはやって見ないと中々分かりませんよね。あれで二巻きしてファーストを走ったわけなので、慣れている私でも中々引ききれなかったんです。

動画を見ていると確かに慣れていない同士の動きになっていますが、私がもう少し動いても良いんじゃないかと思いました。特にメインシートはタックもジャイブもスキッパーは先に風上に移動しているので少し手を伸ばせばジャストとは言わなくても走り始めるだけのトリムをしておいてバトンタッチしても良いかなと、動画を見ながら思いました。

メインシート…
セルさんには両引きメインシートの良さを以前から分かってもらっていたので、最初からトリムが決まっていましたね。慣れると思い他速いかもです。
元々登りは速いと聞かされていたんですけど、クルージングでは活かしきれていなかったです。レースに出るようになってから速さを実感したという次第で、これまで出し切って居なかったなと思ってます。
でも、レースでは出し切れていないのか、他の船が早いのか分かりませんが、妥当なレーティングだと思いますよ ^ ^

乗り方…
この船の乗り方は模索中でして、シングルで乗る事を前提にした艤装ですから、レースでもやれるようにしようと考えています。
その一つがジャイブ前の風下シート緩めなんです。ジェネカーランの最後でやって見ましたが、いきなりブームが動くと思っていたら渋い動きだったので失敗かと思いましたが、最終的には動いてくれたので、スキッパーか動いてシートにマークした定位置まで緩めて置けば後からでもクルーがトリムできると思います。
動画でも一部出来て居ましたがタックでも同じですね。

それと貨物船をクリアする為のタックでブームを風上側に置いていた時の走りですが、セールのカーブを見たら割とまともだったので、ブームを風上側に置くのもアリだと思いました。結構パワフルな走りでしたものね。

何人でやるかですが…
仰る通り三人いれば分担できるのでやり易くはなりますが、コクピットが狭くなりすぎるので左右のウインチ担当とかポジションの工夫が要りそうです。
ティラーを固定するか、延長してスキッパーがもう少し動けるようにしてみたいと思います。アイデアは以前から練っているので、そう遠くない時期に試したいです。

私もセルさんのフェスタに乗った時は衝撃的でした。船に戻って操船してみると天国のような気がしたので、乗りやすいのは分かります。

今回は波も風も丁度良かったので楽しめましたね。また乗って見て下さいね。
フェスタに乗せてもらって違いをもう少し理解できると良いです。


それとカメラの外部電源は良いかもです。こうやって動作やトリムが後から見られるのも全部収録出来ているからこそですね。確かにカメラは熱くなりますが壊れる程では無かったです。ただ風の音を拾ってしまって雑音だらけだったので使えず音楽で誤魔化しました…

1150: by セル on 2017/11/20 at 01:26:44

今回は有難う御座いました
天気も良く、風も良い感じで楽しかったです
長い動画の編集もご苦労様でした!
こうやって見るとよくわかりますね
確かに150%ジブは大きいです
これだけ風が有ると、確かにウインチを使わないと最後までは巻ききれませんね
今回初めて乗ったので要領が今一まだ完全ではなかったので、ぎこちなかったです。
2~3回乗れば完璧に動けそうです
ルボンが意外と早かったのにびっくりしました
これでは、話の様にレーティングをもう少し落とさないと不公平です(笑)
問題のメインシートも、内容はわかりました。
完全に慣れるまでには時間がかかりそうですけど、慣れれば色々な部分で使い易いかもしれませんね
問題はやはり、この船は三人若しくはオーパイを使って2人いないと難しいです
クルーがジブを返してメインまで手を回すのは、時間的に無理があります
この船であれば本来スキッパーがメインを調整するのですが、この仕様ではクルー一人でメインとジブの調整に成りますので、どんなに早くやっても遅れます
初めにメインの風上側を緩めておけば多少は違いますけど
今後の改良点は、スキッパーがティラーを握りながらメインシートもやれるように改良してもらえたらもっとスムーズにクルーも動けるし余裕が出ると思いました。
それ以外は、乗りやすい船です、フェスタとは別物でした。
風の良く楽しかったです。

▼このエントリーにコメントを残す