プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

11月15日 メインシートの取回し変更

レースに出てクルーが乗るようになってから分かり易い様にとメインシートを一本の取回しに変えていました。
使い慣れたメインシートの方が良いだろうというと理由です。

一方でクルーが集まりにくくて練習もままにならない事が多く、誰のための変更だったのかな…と思う事の方が多くなってきたので、元のブーム両引きシートに変更する事にしました。
20171115-001.jpg 20171115-002.jpg
20171115-003.jpg

帰ろうと思ったら丁度セルさんが来たので暫しメインシート談義。
このシートの取回しは何処が良いのか、面倒は無いかなどと質問攻めに合いましたが、まとめて言うと…
良い面としては
・ セールカーブが自由に変えられる。
・ 二本のシートでメインシートとトラックの両方を兼ねているのでトリムが一発で決められる。
・ ブロードリーチまではブームを下に引けるのでバングが要らない。
・ ブームブレーキとの併用では観音開きでもバングは不要。
・ ワイルドジャイブしない。(風下側のシートも固定されているので、その長さ以上にブームが反転しないのです)

半面手間が増える事として
・ 二本のシートを操作するので、ティラーを握りながらのトリムが難しい。

登りではブームを真ん中に置いて、左右のテンションを変えながらトリムできるのでタック時のトリムは最小限で済みますが、両手を使うのでティラーを足に挟まないとシングルでのタックはきつい事になります。
ティラーを折りたたんで必要な時に前に伸ばせるようにするなどの工夫が必要になってくるのです。
それでも強風で波が強い時のタックは体勢を維持するのが大変なので、シングルではオートパイロットを使わないときついものになります。

メインセールを替える前に両引きメインシートを使っている時に古いメインセールにも関わらず、登りのスピードで競り勝ったこともあるので、シートの仕組み自体は良いのでけどね…
金曜日に一緒に乗って見ましょうという事にしているので、どんな反応があるか楽しみです。

海快晴では微風の予想ですが、このところ当たっていないのでどうでしょうか…


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1149: by Catseye on 2017/11/17 at 17:01:40

ポッキーさん

シングルで向かい風、ガンガン走らせている場合ですね。
私の艤装ではティラーからドグハウスまでの距離よりジブシートの方が近いので、最初にジブを逃がしています。
面積もジブの方が大きいので風を逃がすのには効果が高いです。

レースでは逃がすよりもヒールさせたまま30度位(場合によっては真向かい)まで切り上がって逃げています。この場合、ガンネルを洗う事もありますが、多分リベッチオよりも腰が強いので、切り上がってヒールしても一瞬で収ますから、逃がすより切り上げるようにしています。
勿論風上にオーバーラップした船が居ない時ですけどね。居たらジブを逃がしています。

私は上りよりもリーチングから下のブローチングの方が怖いです。短くてもスケグがあるせいか、中々ブローチングしないのですが、波に乗ったりして急に向きを変える事はセーリングで何回も経験しました。ティラーが重くて支えるのが大変な位になって、最後は風上に向いてスピードが落ちるという寸法です。

スピードが出ているのでレースでオーバーラップした風上艇が居たらぞっとしますよね。ですから風下行はなるべく他の船に近寄らないようにしています。オープンでも下マーク回航まで距離を置いていたのはそんな理由からでした。

ワンポンかジブのファーリングかというのは悩ましいですね。私も何時も悩んでいましたが、ファーストステップの時にワンポン入れて走った為、マークを回ってから風が落ちたのにそのままにしてしまいました。

一方、最近のクルージングでワンポン入れた事は余り記憶になくて、大体がジブをファーリングしています。フルメインとレギュラーサイズにファーリングしたジブで風速12m位までは耐えられたと記憶しているので、レースでも同じ事が言えるのだと思います。

これからのレースではフルメインとファーリングしたジブまたは風に合わせたジブを使っていこうと思っています。ファーリングしたジブは効率が悪くなると言っても出てから風の具合が分かるという事もあるので、仕方ないかなと思います。

達観ですが、レースではなるべく手間が無くて確実な方法の方が走るのも楽ですし、コース取りにも集中できるような気がします。

1148:シングルでヒールしたままの上りは? by ポッキー on 2017/11/17 at 00:31:39

N野さん、向かい風の場合でのシングル帆走の事ですが・・・。
自分の場合は上りでキャンバス面積がギリギリでヒールしたままガンガン走らせる際、ブローチングしそうな場合メインシートを逃がしても直ぐにヒールは収まらず、その時は瞬時にトラベラーを逃がしヒールを終息させるのですが、N野さんの艤装では可能なものでしょうか?
勿論クルージングでは無理しない程度のセールエリアで帆走しますが、レースの際は結構ギリギリになります。
また私もいつも悩むのですが、レースの際の若干のキャンバス面積オーバーの場合に、ジブを1~2巻きするかメインをワンポン入れるかです。
確かにジブを1~2巻きすると上り角度はがたっと落ちますが、風が落ちた場合は直ぐにフルセールに出来てロスは有りません。
レース時に途中から風が落ちてしまいますと、メインにワンポン入れると戻すのが億劫になり、また帆走のロスも有りついつい少ない面積で我慢してしまいます。

1147: by Catseye on 2017/11/16 at 10:24:01

マハロパパさん

二本のメインシートはセルさんのコメントに書いたように妥協の産物でしたが、実際に使うと私には扱いやすいです。

タックでブームを真ん中に置いていても風によってはトリムが必要になりますよね。そんな時でもセールカーブを見ながら左右のシートを引いてトリム出来るので手間が省けるという意味では結構便利です。

確かに慣れの問題なので、今回変更したように手放せなくなります。

多分、クリートからリリース出来なかったというのはブームブレーキだったと思うのですが…

メインシートは左右舷のドグハウス上のウインチを使えるので、掛けたままにしてクリート止めしハンドルは必要な時に着けるようにしています。
危ないと思った時はウインチから外してリリースしています。

クローズホールドの時はこれで良いのですが、ジャイブの時はウインチから外さないとシートが出て行かないので、これが弱点ですね。

体験は声を掛けて頂ければ何時でも大丈夫ですよ。

1146: by Catseye on 2017/11/16 at 10:00:20

セルさん

昨日は暖かくて気持ちの良い一日でしたね。

実は両引きメインシートはドジャーを付けるためメインシートトラックに付いていたメインシートが邪魔になってブームの中間からメインシートを取らざるを得なかったのです。

最初はジャーマン式に両方から引けるけど一本というのをやって見て、リーチが緩んでしまったので仕方なく両引きにしたという次第。

ところが使ってみたら思いの他に旨く使えたのでした。クルージングが主体だったのでそのままにして使っていたところ、K道さんが興味を示して一緒に乗り、これだったらレースに使うと良いかもと言い出したんですよ。

その時はレースに興味が無かったのでそのままにしていましたが、実際にレースに使える局面になってこれは良いかもと思った次第なのです。タモリカップが最初のレースだったので結果のほどは分かりませんが、仰る通り微風でもブームが動かないので少しの風でも良く捉えて滑ります。
その後のレースでは一本メインシートにしてしまったので効果のほどは分かりませんが、元に戻してのレースが楽しみです。

いろいろな利点と欠点がありますが、百聞は一見に如かずで実際に使ってみて下さい。

1145: by マハロパパ on 2017/11/16 at 08:21:12 (コメント編集)

>二本のシートを操作するので、

興味あります!
普通の取り回しでも、メインシート+トラベラー左右の計3本扱うのですから、要は慣れの問題かな?と思います。
私が一番気にかかったのは、いざという時にクリートからシートをリリースできないことがあったという件で、これだけはトラブルの元かな?と感じました。
機会があったら体験させてください。

1144: by セル on 2017/11/15 at 23:01:12 (コメント編集)

今日はあれから暖かくて気持ちが良かったです
今日の艤装の説明取りあえずはわかったような気がしますが実際やってみないと出来るかどうか不安です。
今回書かれていた点
良い面としては
・ セールカーブが自由に変えられる。
これは初めから納得していました シートを引けば全体的にブームが落ちてリーチが絞れますから
・ 二本のシートでメインシートとトラックの両方を兼ねているのでトリムが一発で決められる。
この点は不明です 両引きの為メインとトラックが同じように惹かれるので、その時の風に合わせられるかどうかという所です
・ ブロードリーチまではブームを下に引けるのでバングが要らない。
これも同じように風の強弱に対しリーチのテンションを変えられないのでは?
・ ブームブレーキとの併用では観音開きでもバングは不要。
この点は良いと思います
・ ワイルドジャイブしない。(風下側のシートも固定されているので、その長さ以上にブームが反転しないのです)
これも良いと思います  それと弱風でもメインがバタバタしない点です
これらの点を見ると、今日も言いましたがクルージングには適しているけど
激しく状況が変わるレースでは扱いにくいのではという点です
ただ、使い慣れているスキッパーが、これの方がやりやすいのであれば、それに越したことは有りませんし、下手に普通にしても逆にやりずらいとも思います
あくまでもこれは想像でしかないので、実際乗ってみたらやり易いのかもしれませんけどね 楽しみにしています。

ポッキーさん
バウマンの練習いつでもいいですよ 先日保田で話していた件ですよね
ポジションは大事ですからやってみてください
今回は、ジブも入れたままジェネカーの上げ下げとジャイブ、最後に収納を
やってみましょう オーパイ使ってティラーはやりますから、ポッキーさんバウでの作業自分はコックピットでの作業でやりましょう

1143: by Catseye on 2017/11/15 at 20:03:38

ポッキーさん

両引きシートの詳細は当日ゆっくりご説明しますよ。風がそこそこにあれば楽しめますしね。。
タモリカップは両引きシートの艤装で出たのですが、微風でもそこそこ走っていましたから、有っても無くても、どちらでも試せると思います。

フェスタのバウマンやるんですか?
それなら25日もジェネカーを用意しましょうか。ファーリングってどんなものか分かりますよ。

1142:メインシートの取り回し by ポッキー on 2017/11/15 at 19:21:23

N野さん、月末の乗船に向けて投稿された素足ンを拡大して細部を見ましたが、やはり現場で触ってみませんと詳細は分からない様です。
自分のリベッチオとルボンは似たり寄ったりの船形とブームやセールの長さや大きさですから、N野艇の機走のメリットがどの様か試してみます。
それからK津さん、12月の暖かい週末に少しだけ出港するならばバウマンをためさせて頂けますか?
ジェネカーの艤装(シート)セッティングとバウマンでの揚げ下げやタックを試してみたいのです。
但し風波が無くて風も5m程度までの暖かい日で、フェスタがじゃじゃ馬にならない日!限定です。

▼このエントリーにコメントを残す