プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

11月6日 保田クルージング 二日目

ノリノリだった夜会が明けて…

陸でもやらない位の完全な二日酔い。余りに楽しかったせいですね。それにしても度を過ごしたようで朝食の準備もままならずセルさんに殆ど作って頂きました。有難うございました。

早めに出港しようというので仕度に掛かりますが手に着かず出てから準備を始めるという有様で、舫いをコクピットに置いたままとか、iPadもセットしないで出ていたとかでした。

それでもセールアップする頃にはシャンとするのが不思議です。

コース取りは何時もの斜め横断です。一番近い大型船と衝突コースになった時、警告の汽笛を鳴らされてしまいました。無線で連絡を取っているので一斉に回頭。3隻のヨットが一斉に向きを変えたのですから向こうは気分が良いだろうねとは皆さんのご意見でした。

次々に入船がやって来るので、斜め横断から直角に横断するコースに変更。渡り終えたら安心と思っていたら出船の内航船が三崎に向けて進路変更するなど中々気が抜けない航路横断でした。

第一灯浮標辺りでフレートを組めるように速度調整。
20171106-001.jpg 20171106-002.jpg
20171106-003.jpg 20171106-004.jpg
今日は午後になると南西の風が上がってくるというので早目に出港した訳ですが、昨日と違って穏やかな北東の風と波。こうなると機帆走しかなくなります。
20171106-005.jpg 20171106-006.jpg

観音崎を5ノット位のゆっくりしたペースで過ぎても状況は変わらず緩いクルージングになりました。マリーナに着いてから暫くすると南西の風が上がってきたので、早目の帰港は正解だったようです。

今年のクルージングはこれが最後…いや、まだシーズンが終わったわけではないので何時でも行けますよ。

それにしてもクルージングの時はお酒を控えないとね…


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1105: by Catseye on 2017/11/09 at 16:31:58

ポッキーさん

書き込みを首を長くしてお待ち申し上げていました。
というのは冗談で仕事優先ですからね ^ ^

夜会は楽しかったですね。私も飲み過ぎて訳の分からない内に寝ていました。朝食は殆どセルさんがやってくれたので申し訳なかったと思っています。
お酒は差し入れやら何やらで殆ど掛かっていませんから気にしないで下さいね。

今回の話題がレース中心だったのはみんな参加していたからこそですね。それこそポッキーさんの望むところだったのではと思います。次回は色々なテーマでお話しできると良いです。

来年の事はまだ分かりませんが、クルーと言っても何も動かないならシングルと変わらないと思っています。ルボンもまだまだ捨てたものでは無いですからね。

自艇でレースに出るとしたら当然スピン装備で出るつもりです。今日マリーナに行く時に屋根根裏からスピンとなんちゃってセルフジブを出して船に積みました。重くなるのはありますが、直前までどのセールで行くか見極めて、一番合ったセールを着けていくつもりです。
セール交換は結構重労働なのですが、帰ってきたらジブセールを降ろす位の気持ちで行こうかなと思っています。

それとレースでこれ以上の軽量化はしません。ゴムボートを降ろしたくらいですが、十分な軽量化になっていますし、クルージングで使う装備を降ろしてまでレースに臨むのはクルージング艇の名が泣くような気がしています。結果が共わなくてもクルージング艇でレースに参加するというだけで良いのではないでしょうか。風が強ければ勝てるチャンスもありますからね。勿論ビルジなどのお荷物は別ですけどね…

艤装については色々な考え方があるでしょうし、どの程度それに慣れているかという事の方が重要な気がしています。
一度はメインをシングルシートにしてみましたが、トラックを使わないと両引きよりも手が掛かってしまい思うように操船できないでいました。レースでは秒単位で争う事もありますから、慣れている両引きに戻そうと思っています。

それにジブは150%だとウインチが中々引けないのでセルフやレギュラーも使い分けようと思います。今回のクルージングでも何回か巻いたジェノアは効率が悪かったですからね。場合によっては100%か135%のジブを新調するかも知れません。

まだまだセーリングやクルージングが出来そうなので、オートパイロットを使わないタックやジャイブを練習しようと思っていますよ。勿論タマーを使いますけどね。

1104:クルージング楽しかったですね by ポッキー on 2017/11/09 at 15:34:53

N野さん、仕事忙しく書き込みやお礼が遅くなり申し訳ございません。
2件もの投稿と沢山の写真を有難うございました。
セーリングでの並走のクルージングと夜の談話、本当に楽しかったですね。
自分も少々飲み過ぎてしまい風呂にも入らず寝てしまいましたし、朝食時は胃が重たかったです。
次回も勿論飲みますが量は若干減らそうと思います。
何しろ生ビール乾杯の後、五合瓶でしたが日本酒4本、シャンパン1本は飲み過ぎました。
二日酔いでの朝食調理有難うございました。
お金も払わずスミマセン、請求して下さいね。

今回はおっしゃる通り今年のレース話ばかりで来年のクルージングやレースの話は出来ませんでしたね。
ブログ読む限りは来年はレースとクルージング艇は分ける様ですが、自艇でレースに出るこそ程ワクワクしますので、レースはシングルでは難義ですからML25とルボンとで交代でエントリーしたら良いかと思います。
そしてエントリーするならばレーティング気にせずやはりフル装備(ジェネカー等有り)で参加ですよ。
自艇の最大限の能力を使い切ってこそレースは楽しいですし、下帆走等レーティング気にしてジェネカー無しでのろのろ走るより、レーティング不利でもジェネカー揚げて限界パワーでかっ飛ぶのが、自分のスキルも出し切って満足すると思います。
折角O田さんと言うクルーがいらっしゃるのですから、力合わせて2名以上の乗船で頑張ってください。

それから自分も困っているのですがルボンやリベッチオはクルーザーレーサーと言う設計で、クルージングに行く毎に荷物や艤装も増え重くなりどっちつかずになってしまいます。
やはりレースの前には身軽になって参加しませんとタモリカップの時の様なベタ凪は走らず困ります。
シートの撮り回しや艤装は各々のオーナーの考え次第ですが、私はシングルハンドでセーリング可能な艤装で且つシンプルが一番と思っています。

今回の往復は本船避ける為に航路内で数多くのタックを余儀なくされましたが、オートパイロットを使わない場合のシングルハンドでのタックはまスキル不足だと感じました。
シングルの場合オートパイロットの90度変針ボタンに頼ってしまい、オーパイ使用禁止のレースはシングルではまだまだエントリー出来ないと痛感しました。

1101: by Catseye on 2017/11/08 at 12:32:57

セルさん
今回は結構撮りました。このところダレ気味だったので良かったです。

あの汽笛で航路上の船はかなり神経を使っているのだなと感じました。やはり見ている船は見ているんですよね。O田さんの話は本当の事も多いですが、結構作っているという声もあるので半分以下に聞いておきましょう。

あ~、あれ鳴らされなくても行けなかったと思いますよ。結構早い船でしたからね。行ってたらもっと凄い事になっていたかもしれませんよ。

今月は法事が18日にあって、26日にはいつの間にか予定が入れられていました。勿論O田さんが犯人ですが…

今年は暖かい様なので、もう一度位行きたいところですね。忘年会でも良いですけどね。
まだ話し足りない様な気がしています。特に来年の事はまだ確信が持てていないので…

1100: by セル on 2017/11/08 at 12:00:19

沢山の写真、ありがとうございました。
記念に成ります

帰りの航路の汽笛は、言い替えるとちゃんと見ていてくれて安心した感じで、自分的には納得の行ける船でした(前日の話を散々聞かされていたので)
あれ鳴らされなかったら行ってましたからね
年内、もう一度行けるかどうかはわかりませんが、行けなかったら忘年会しましょうね

▼このエントリーにコメントを残す