プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1097: by Catseye on 2017/11/04 at 11:04:40

ポッキーさん

余り当てにならない海快晴ですが、出港する頃の風は北北東6mで波は0.3mだそうです。丁度クルージングジェネカーを展開するのに良い風ですね。
第一灯浮標辺りで降ろして、本船航路を横断したら揚げたいですが北東6m位に変わりそうなのでジェノアのままでしょうね。
O田さんも本船のコースとヨットとは別と言っているので斜め横断は特に問題ないでしょう。

帰りも追い風ですが、確かに遅くなると吹いてくるので早目の帰港が良いと思います。
早目なら南南西5~6mですから、これまたジェネカーを張って快走でしょうかね。

夜だけは冷えそうなので暖かいキャビンでクルージングやレースの話で盛り上がりましょうね。

予定では10時にマリーナを出る事にしています。
ジェネカーを使えれば11時少し過ぎには猿島でしょうね。
出来る限りセーリングで行こうと思っています。

1096: by Catseye on 2017/11/04 at 10:53:52

マハロパパさん

そうですね。余りに頑丈だったので布という事をつい忘れがちです。ソーラーを載せてからは重さで少し伸びたようでした。
実はパッチワークは2回目で、その都度丈夫になってきています。そのせいで布という事を忘れていたという事もあるようです。

雨の後はたまった水を除いて置かないと思わぬところで水浸しになったりしますね。ピンと張っていても水は溜まりますから…

1095:明日の予定 by ポッキー on 2017/11/04 at 10:33:17

N野さん、K津さんに送ったコメントをコピペして送ります。

>猿島沖通過は11時30分頃予定です。
>桟橋出港時(10時過ぎ)とマスト立て終わり帆走可能時(11時頃)に、K津さんとN野さんの携帯にメールか電話入れます。
>VHF72CHは、私が八景沖まで行かないと電波が入らないと思うので。
>明日5日(日)は寒そうですが、海快晴予報は11時頃までには完全に風落ちて風波も早く収まると追い風で楽チンかな。
>明後日6日(月)も海快晴予報では追い風ですが、14時頃になると南風が8m越えて来ますのでうねりも入り、早目の帰港が安全かも知れませんね。
>何だか三連休のベストな日程で、旅先のレースとクルージング談義が楽しみです。

それから奥田さん、追い風ですから浦賀沖本船航路はクウォーターで斜め横断する事をお許しください。
南風では有りませんからあしか島まで行かずとも、浦賀水道第1緑標識から真っ直ぐに保田に向かえますので!

1094: by マハロパパ on 2017/11/04 at 09:04:05 (コメント編集)

しょせん布ですから、過酷な環境下で傷むのはいたしかたないですよね。多少の見てくれには目をつぶってパッチワークするしかないでしょう。
雨漏りに関しては、私のビミニはピンと張れてないせいで、たまり水が時々ジャブンと落ちてきました(笑)

1093:工作流石です by ポッキー on 2017/11/03 at 23:16:41

N野さん、自分もヨットの乾燥と掃除に行って来ました。
今日は暖かく最高のメンテ日和でした。
冬場のキャビンライフに備えてブルーレイとテレビが直ぐに見れるよう卓上型を取り付けて来ました。
またバッテリーの充電確認が正確に出来るよう新しいデジタル表示器とソーラーレギュレーターをバッテリー別に2台取り付けました。
軽油も補給しましたし保田クルージングは準備完了。
それから復路の6日は弱めの南風の予報でで、往復共に追い風で楽チンと風の冷たさも感じないと思います。

▼このエントリーにコメントを残す

11月2日 ビミニトップの補修

取り外してきたビミニトップの幌を奇麗に洗って補修が必要な部分を調べてみたら、雨漏りしていると思われるのが数カ所、補強が必要な部分が4カ所、前後の長さ調整も含めると一日で終わるかどうかという量でした。

今日は晴れているので、修理したソーラーパネルの電圧を測ってから手を付ける事にしました。ソーラーパネルは1mmのアクリルを貼り付けたのですが、スプレー糊を付けた際に曇ってしまったので電圧が今までどおりになるか心配だったのです。水平にして17V、少し傾けると20Vまで上がるので、電流は分かりませんが取敢えず使えそうです。

さて、気の重い幌に手を着けましょうか。一気にやってしまわないとどんどんやる気が失せてきます。
幸いな事に余りの布が補修に必要なだけ残っていました。

さて、これが前半分とソーラーが乗っていたところです。くっきりと跡が残っていてパネルの下は元の色のままです。
20171102-001.jpg 20171102-002.jpg
20171102-003.jpg
所々裂け目が出来たり台風の風で引っ張られた跡が残っています。この部分はソーラーの跡に沿って補強を入れて雨漏り対策も兼ねます。

これは前縁部。パネルを載せた重みで伸びているので、前後共4cm程詰めます。
20171102-004.jpg 20171102-005.jpg

サイドフレームに当たる部分にはせり上がりを防ぐ意味でベルクロを付けていましたが使わないので外します。
20171102-008.jpg
修繕キット?左下の刃物はボタン穴を空ける道具です。
20171102-009.jpg

こんな風にして縫い糸だけを切っていき、上糸を外したら下糸の残りをピンセットでつまんでいきます。残ると後でミシンを掛けた時に回転不良の元になるので辛抱強く取っていきます。前後の左右にあるので都合計4カ所。これがあるので中々手が付かなかったのですよ。
20171102-010.jpg 20171102-011.jpg
20171102-012.jpg
これで前後の長さを詰める準備が出来ました。

この幌は立体裁断では無いですが、袋状にミシンを掛けてあるのでパイプの左右の曲がりに沿って幌が掛かるようになっています。補修はその縫い目に沿って詰めていきます。
20171102-013.jpg
詰めた部分が袋状になるので、上面に縫い付けてしまいます。これが一番時間が掛かるのですが、比較的順調に終了。

お次はソーラーパネルが乗っていた部分の補修。
20171102-014.jpg
これは雨が漏る訳ですよね。
まずボックスを長いのと短いのを作ります。ソーラーの全周を覆うような大きさです。
20171102-015.jpg 20171102-016.jpg
20171102-017.jpg 20171102-018.jpg
両面テープで仮止めしたら後は縫うだけです。下に着けてある中間フレームの押さえやロープフックを一緒に縫ってしまわないように注意しながらやっていたら、これが一番時間を喰ってしまいました。

後は中間フレームの押さえを補強しながら取り付け直してお終りかと思ったら後ろの支柱に当たる部分が破れかかっていたので補給します。

ほぼ一日がかりで補修は完了です。後は取り付けるだけ?
いやいやこれからが本番なのです。ソーラーパネルを縫い付けてしまうやり方もありますが、パネル表面のプラスチックの板をアクリルに取り換えたので重量オーバーなのです。
それなので車のスキーラックの様なパネルを載せる支柱を作ります。どうせならもう一枚を後ろに付けられるようにしましょうかね。

支柱はアルミのボックスパイプと等長チャネル材、支柱に5mmの角棒を組み合わせて作ります。溶接するのが強度的には一番良いのですが、アルミの溶接はとても手に負えないので、ロウ付けとリベットを使います。
ロウ付けの試しなど準備があるので出来上がりは少し先になりそうですね。

幌は洗濯機で奇麗に洗ったせいもありますが、柔らかくなっています。長年風雨と太陽に曝されて退色しています。補修した部分とのミスマッチがアクセントになっているような気もしますが気のせい?でしょうね。

幌が縫えるなら補修も出来るし、先日の様なセールの補修も出来る訳?
ミシン爺さんでした。(なんでもミシン男子というのもあるそうで…)




トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1097: by Catseye on 2017/11/04 at 11:04:40

ポッキーさん

余り当てにならない海快晴ですが、出港する頃の風は北北東6mで波は0.3mだそうです。丁度クルージングジェネカーを展開するのに良い風ですね。
第一灯浮標辺りで降ろして、本船航路を横断したら揚げたいですが北東6m位に変わりそうなのでジェノアのままでしょうね。
O田さんも本船のコースとヨットとは別と言っているので斜め横断は特に問題ないでしょう。

帰りも追い風ですが、確かに遅くなると吹いてくるので早目の帰港が良いと思います。
早目なら南南西5~6mですから、これまたジェネカーを張って快走でしょうかね。

夜だけは冷えそうなので暖かいキャビンでクルージングやレースの話で盛り上がりましょうね。

予定では10時にマリーナを出る事にしています。
ジェネカーを使えれば11時少し過ぎには猿島でしょうね。
出来る限りセーリングで行こうと思っています。

1096: by Catseye on 2017/11/04 at 10:53:52

マハロパパさん

そうですね。余りに頑丈だったので布という事をつい忘れがちです。ソーラーを載せてからは重さで少し伸びたようでした。
実はパッチワークは2回目で、その都度丈夫になってきています。そのせいで布という事を忘れていたという事もあるようです。

雨の後はたまった水を除いて置かないと思わぬところで水浸しになったりしますね。ピンと張っていても水は溜まりますから…

1095:明日の予定 by ポッキー on 2017/11/04 at 10:33:17

N野さん、K津さんに送ったコメントをコピペして送ります。

>猿島沖通過は11時30分頃予定です。
>桟橋出港時(10時過ぎ)とマスト立て終わり帆走可能時(11時頃)に、K津さんとN野さんの携帯にメールか電話入れます。
>VHF72CHは、私が八景沖まで行かないと電波が入らないと思うので。
>明日5日(日)は寒そうですが、海快晴予報は11時頃までには完全に風落ちて風波も早く収まると追い風で楽チンかな。
>明後日6日(月)も海快晴予報では追い風ですが、14時頃になると南風が8m越えて来ますのでうねりも入り、早目の帰港が安全かも知れませんね。
>何だか三連休のベストな日程で、旅先のレースとクルージング談義が楽しみです。

それから奥田さん、追い風ですから浦賀沖本船航路はクウォーターで斜め横断する事をお許しください。
南風では有りませんからあしか島まで行かずとも、浦賀水道第1緑標識から真っ直ぐに保田に向かえますので!

1094: by マハロパパ on 2017/11/04 at 09:04:05 (コメント編集)

しょせん布ですから、過酷な環境下で傷むのはいたしかたないですよね。多少の見てくれには目をつぶってパッチワークするしかないでしょう。
雨漏りに関しては、私のビミニはピンと張れてないせいで、たまり水が時々ジャブンと落ちてきました(笑)

1093:工作流石です by ポッキー on 2017/11/03 at 23:16:41

N野さん、自分もヨットの乾燥と掃除に行って来ました。
今日は暖かく最高のメンテ日和でした。
冬場のキャビンライフに備えてブルーレイとテレビが直ぐに見れるよう卓上型を取り付けて来ました。
またバッテリーの充電確認が正確に出来るよう新しいデジタル表示器とソーラーレギュレーターをバッテリー別に2台取り付けました。
軽油も補給しましたし保田クルージングは準備完了。
それから復路の6日は弱めの南風の予報でで、往復共に追い風で楽チンと風の冷たさも感じないと思います。

▼このエントリーにコメントを残す

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。