プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

9月9日 タモリカップ初参戦

今日はタモリカップの当日。7時半に集合という事で、少し早目に起きてコーヒーや食事の支度です。
やはり朝のコーヒーは欠かせませんからね。

第一部 レース
集合の時刻ピッタリに皆さん集まりました。コーヒーを飲みながら昨夜練ったタック方法とマーク回航の手順をブリーフィング。多少無駄があっても確実な方法が一番な様です。その間にもセルさんやY田さんが桟橋を通りかかってはご挨拶。

海上パレードは9時半からですが、少し早目の8時半に出港します。例年パレードが混雑すると聞いていたので早く出た訳ですが、これが大当たり。マリーナ出口で遅い船の為に渋滞しています。次から次へと出てくるので一旦詰まると収拾がつかなくなるのです。入出港路は追い越し禁止ですが、禁を破って遅い船を追い抜きます。後を見ると先の船は相変わらずノロノロと走っていて後続の船は迷惑している様子でした。海の上ではルール厳守ですが、時に寄りけりですよね。

海上パレードは「帆船みらいへ」のスターボード側をポートに見るようにして船を進めます。一列になるように整理のボートが居るのですが、余りにノロノロだと進路が保てなくなって危険なので最低でもエンジンスローでみらいへの前を進めます。本来ならIRCクラスの船を先に通すのですが、既に集まった船が100艇以上いるのでそんな事は構っていられません。

結局10番目位の位置で「みらいへ」の前を通過します。海賊の衣装は各自用意して居ているので、事前に着替えてあります。O田さんの指導宜しく顔を45度上に上げて海賊らしく振舞いますが、どう映ったのでしょうかね。

取敢えずキャビンに衣装をかなぐり捨てて、スタート位置とマークを確認に散策します。1~2mの北東の風で午後から上がるという予報なのですが、マーク位置を決めかねているらしく、マークを積んだ船の周りを回りながらそれとなく聞きますが、つれない返事ばかりです。

幸浦の方へ進めるとタモリ旗を揚げた本部艇が居ます。でも、アンカーを打っていないので位置が決まっていないようです。この本部艇について回ればスタート位置が分かるのでコバンザメの様についていきました。結局幸浦の前、岸から100m位の位置でスタートラインが確定したようです。

私たちのクラスは最後なのでペラを回したままでスタートラインに沿って行き来しています。最初のスタートはスタート予告がVHFでも流れていて分かり易いですね。2m位の微風でもそれなりに走るのは流石です。
続いて第二クラスのスタート。これもスタート予告がVHFで流れました。実際のスタートはクラス旗が降りた時です。普通は無音なのですが、VHFではスタート信号?が流れました。
これなら失敗は少ないかな…

いよいよ私たちのクラス(ピンク)のスタート予定時刻です。えっ、中々フラグが上がりませんね。スタート位置も修正になったようですが、一向に上がりません。痺れを切らしてVHFで問い合わせが続出ですが、本部艇からは明確な答えがありません。
その内にピンクフラグが上がったのでエンジンカット。風の力だけでスタート位置を決めていきます。

このピンククラスは私の様にレース経験のない人が多く、スタート位置を探るというより微風の中で操船するのが精一杯です。あちこちでぶつかっています。私たちはレース前のブリーフィングが良かったのか、タックの失敗もなく好位置をキープしながらスタート信号を待っていました。肝心のVHFのチャネルが変わっているとも知らずに!…
実は少しでも体が振れるとダイアルが手前にあるので変わってしまう事が多いのです。

周りの船に合わせてスタートを待っていると、中々揚がらずに固まって待っているような状況です。でも、よくよく見るとピンクフラグが下がっています。これってスタートしたという事!

早速第一マークに向かいますが、遥か遠くです。しかも待っている間に逆潮に変わっていたので中々進みません。周りの船より少し早目ですが距離的にはそんなに大きく離れてはいません。しかも2m位あった風も0~1mと潮に流されて戻ってしまっているようです。時刻は既に1時。

M崎さんの船が近くに寄ってきて、リタイアしたとの事。「こんなじゃやってられないよ~」とは彼の言でした。
我々はもう少し頑張ろうという事で第一マークを目指しますが、到底到達できそうにないです。

2時。もう止めようか…という事で本部艇にリタイアを告げて帰港します。
初レースというのに全然走れなかったのが残念ですが、タイムリミットが3時ですからどう頑張っても無理というものでした。

ピンククラスはスタート予告がずれたのと、ほぼ全艇勘違いしてスタートした事を知らなかった事。風が弱くてレース以前の状態だったのが、走れなかった要因でした。ひとまずは本部で帰港宣言してバーベキュー大会のリストバンドを受け取りました。

これはバーベキュー大会で頑張るしかないね…

第二部 大バーベキュー大会
シャワーを浴びて一休みしてから次のイベント、大バーベキュー大会に臨みます。メンバー揃ってセンターハウスに向かうと、そこには長い行列が出来ています。入場者のリストバンドを確認しているために出来ている行列です。それ程待たされること無く入場。
エントリー番号が席の番号なので相当前です。探しながら行くと何と席はステージから二列目の大スクリーンの前。

特等席ですね。ここならステージも肉眼で見えますし、声も直接聞こえてきます。席にはバーベキューセットが用意されていますが、肉を焼き始めると風下に座った私の顔に煙が…
10名様御一行で用意されている席ですが少し狭目です。Y田さんがやって来た頃は肉も焼き上がって一回目の肉が半分位焼けた時でした。

最初のステージは可愛い女の子たちのバンド。ビートの利いた音でガンガン来ますね。中々のステージでした。これが終わる頃にセルさん達が到着。漸くメンバー全員が揃いました。肉を全部焼いてしまったらお代わり。なんと何回でも代わり出来るのです。
ビールと酎ハイは一杯目が引換券と交換で、二杯目以降は空き缶と交換というシステムです。

並んだ時に一緒だった人たちの入れ知恵で、紙コップに空けたら次を貰いに行けばよいというので真似をしてどんどん飲み物が出てきます。でもビールばかりというのも何ですからね…
日本酒も樽酒で振舞われていたようですが、気が付いた時は既に遅しで、空になった後でした。

肝心のレース結果ですが、第二、第三グループは大会代表の機転でくじ引きになりました。しかも何故かクラブメンバーのM崎さんがクラス優勝という事に…

次のステージはサルサバンド。これもビートの利いたサウンドで思わず踊りたくなってうちのメンバーを誘って前に出ていきます。踊り過ぎに注意とパンフレットにありましたが、構いません。ステージの前はダンス用に空けて合って誰でもが踊れます。サルサはジムでやっていたズンバでも踊っていたので、どちらかというと得意分野?
何処からともなく、ラテン出身だったんですか…と聞こえた様な気がしますが。気のせいでしょうね。

皆で踊れば怖くないのです。ノリノリの所へセルさん達は静かに食事中?こんな時にはブチ切れないとね…早速誘い出して踊り始めます。踊った事が無い?…サルサのステップは簡単そのもの。三歩前に進みながら上半身でポーズ!、三歩後退しながら同じようにポーズ。それだけです。偶に進みながら回転したり、ステップを刻むとそれらしくなります。

それだけでは面白くないのでサンバのステップも取り混ぜながら踊ると何だか分からなくなるようですが…

セルさんも元は踊りで鳴らした事があるそうなので、誘うと…盆踊りかな…でも恰好は決まってますね。
何だかしきりにビデオを取りながら、人の顔を見て怖い~と。

タモリさんも挨拶だけでなく、コンガ?を叩きながらの大熱演です。流石に楽器を扱わせたらなんでも熟す人だけありますね。
ファイナルは熱狂的ともいえるサルサで締め。踊り過ぎに注意というのも分かる舞台でした。これがタモリカップなのですね。

お開きになると席の上を片付けての退出。これを全部やる人の身になったら当然の事です。というのもYBMのクラブの人たちがボランティアでやっているのですからね。私たちのクラブには声が掛からなかったので、こうして楽しんでいられるという事なですから。

船に戻ると次の宴会の始まり。でもその前にシャワーを浴びましょうね。踊り狂っていたので、明日が怖いかもね。
二次会は自艇の上で。話が始まると止まりません。女性がいると違うよね…これは私の意見。
酒が足りない…O田さんの意見だったり、色々です。

それでも十分飲み足りたのか、三々五々お別れして、船にはI渡さんと一緒に泊まる事になります。再度シャワーを浴びて戻ると戦い済んで熱狂の後の静けさですね。寝床を設えると直ぐにお休みでした。

レース中の動画はカメラの位置を最適化していたのですが、ノーレースに近かったので取りやめにしました。多分セルさんの動画に映った私の嬌態の方が面白いと思います。
暑かったので写真も無しという事で相済みません。


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
938: by Catseye on 2017/09/11 at 17:40:54

マハロパパさん
ビミニトップを付けていても暑くて大変でした。もっと風が吹いてくれれば良かったですね。
レースが残念だった分、パーテイーで弾けてしまいましたよ。

935: by マハロパパ on 2017/09/11 at 12:26:38

風が弱くてDNF続出だったみたいでしたね。でもそのぶんパーティーで楽しまれたようで♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

▼このエントリーにコメントを残す