プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

8月27日 タモリカップ練習

今日はタモリカップに乗り込むクルーの練習日です。クルージングで一緒だったO田さんの船のクルーなのですが、先の体験乗船会でも一緒でしたし、クラブの仲間なので気心は知れているので余計な気を遣わなくて済みます。

何時もO田さんに先を越されているので、少し早目の到着。予定では10時の待ち合わせで、予定通りの到着。O田さん、I渡さん、Y井さんの三人です。
取敢えずO田さんの船のメンテナンスを終わらせてから出港。予てからの役割分担でO田さんがティラーを握り私がセールトリムをやる事で、他のお二人は少し様子を見てから分担を決め事に。

出てみると少し波があり、風も6mと絶好のコンディション。レースを想定した練習が出来そうです。セールアップ後、NUVIONICSに登録した三角コースのスタート地点へ。ブロードリーチですが、5~6ノット出ています。沖の根付近の海域に到達したので、マーク回航のつもりで登りへ。

此処で一回目のトラブル。慣れていないせいか登り切らない内にティラーを戻してしまったので、ジブに裏風が入ってタック失敗。気を取り直して二回目にチャレンジするも同じようにタック失敗。クルージング艇のタックは初めてなのに加えて、ディンギーの頃の癖で回り過ぎないようにと思ったのが原因の様です。
それでも何とか手助けをしながらタック。クローズホールドで走り始めました。一人で乗っている時はヒールが潰せないので5ノットが精々なのですが、いきなり5ノット越えです。それどころかメーター読みで8mの瞬間では6ノットを越えました。
これって新記録です。これも四人でヒールを潰せているから出来る事なのですね。

折からの波と25度位のヒールとでジェノアのフットに波が被って濡れています。この走り強烈です。シングルでは体験できないですね。しかも気持ち良い。

これならレースでも少しは勝負に参加できそうです。

午前中はここまでで昼食タイム。クラブルームで一緒に弁当を突きます。皆さん少し興奮気味であんなに凄い走りが出来るなんてすごいの連発でした。

午後は少しフォーメーションを買えて私がティラーを、O田さんがメイン、I渡さんとY井さんがジブシートという役割にしました。本番もこれで行けそうです。コントは三角コースを意識せずにタックとジャイブを繰り返します。

少し風が上がっているようなのでジェノアを二巻きファーリングしていますが、スピードは余り変わらず瞬間ですが、クルーズホールドでも6ノットを記録しました。これって余り言わないようにしましょうかね。
少し三味を引いた方が面白くなるかも知れません。

後で潮流計算で試算してみたら、0.5~1ノットの逆潮でした。それでこれだけのスピードが出るのですね。これがルボンの本来の姿なのかも知れません。これまで余り攻めなかったので、遅いとばかり思っていましたよ。

相変わらずの波でコースを維持するのが大変ですが、私自身の練習にもなりました。皆さんは何時もマクレガーに乗っているせいか、この位の走りでも大感激のご様子で、本格的な船は良いな~と…

舵を変わったお陰もあってタックやジャイブの失敗は無し。勿論危ない場面はありましたが…

マッタリタイムを楽しむ余裕を残しながら帰港です。着岸は人手が多いと楽です。舫った後もコクピットで暫くジャズを聴きながらマッタリタイムを楽しみます。I渡さんはオーディオに凝っていて、Y井さんはサックス奏者。皆さん一芸に秀でた方ばかりですね。

当のO田さんはM崎さんの船の様子を見に行くと言ったきり戻ってきません。痺れを切らしてM先艇に行くと既に出来上がったO田さんがいるではありませんか。根っこが生えた大根を引き抜きに行ったはずの我々も引き込まれてミイラ取りがミイラになってしまいました。

時刻はもう既に6時。そろそろお開きにしまょうという事ですが、この後電車組は新杉田で一杯ひっかけに行くそうです。車の私とY井さんはここでお別れです。

風がそこそこあったので楽しい…スリリング?…なセーリングが楽しめました。タモリカップは優勝を狙っていくかな~


今日の動画
午前の部だけですが、調子に乗って長いのを作ってしまいました。暇があったら見て下さい。



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
913: by Catseye on 2017/08/30 at 08:48:22

セルさん
お気遣いありがとう御座います。気を付けますです。
練習では気持ちの良い走りができました。他から見ていたらガンガンに走っている様に見えたでしょうね。

カタツムリはルボンと同じ様に古い船ですが、いかにも走りそうな船型ですよ。乗り手も大学OBのトップ3を揃えるそうです。
付いていけるか心配ですが、楽しめれば良いですからね。

912: by セル on 2017/08/29 at 23:15:15

何よりでしたね あの時は内心心配しました
打ちどころによれば  そのまま病院ですからね
気を付けてくださいね

6ノットは良い走りです 当日良い風が吹けばいいですね 
勝敗うんぬんより気持ち良くレースが出来ますよね
まして上架したんですね やる気満々!
この前、レース出たんですけど全然船速が伸びなかったです 
多分汚れているんだと思います

カタツムリこの人たちもレース好きですよ
毎回会いますからね 結構それなりに早かったような気がしました。

911: by Catseye on 2017/08/29 at 22:37:36

マキロパパさん
タモリカップはお祭りですから、勝敗に関係なく楽しめますよ。レースに出るなら1.2m切り詰めたマストは確かにハンデですが、風が良ければ余り関係なくなりますよね。
それにルボンはジェノアで走るヨットですから、メインの大きさには囚われなくてよいのでは?

発売当時の設計は現在でも通用します。今回の練習でハッキリと自覚しました。勿論レース用に設計された船とでは相当なハンデを貰わないと勝ち目は薄いですが、風次第で何とでもなるようですよ。

因みに積み荷を降ろした状態だと30ftクラスとも張り合えるだけの力があります。

910: by マハロパパ on 2017/08/29 at 20:55:21 (コメント編集)

タモリカップは私も出てみたいなあと思っていますが、私のルボンはマストを1.2m
切り詰めたクルージング専用艇なので、相当ハンデをもらわないと難しいなあと思
います。でも、大会主旨を理解していればなんとかなる?
前オーナーが舵の「ちょっと気になる古い船」のコピーを持っていて、それを読む
と発売当時はルボンも結構レースを意識した艇だったと書いてあり、重い荷物を降ろして身を軽くすればなんとかなる?

909: by Catseye on 2017/08/29 at 19:20:59

セルさん
ご心配お掛けしました。何とか大丈夫そうです。肩は脱臼したかと思いましたが、若しもやっていたらあんな騒ぎでは済まなかったでしょうね。
医者には何処でやったのと聞かれて素直に保田の桟橋でと言ったら、あ~桟橋ね…と言っていたので、保田に行った事がありそうなお医者さんでした。

練習は初めてのメンバーなのであんなものでしょう。それよりも風に恵まれたせいでいい走りが出来て満足しています。

K道さんに登りで瞬間でも6ノットと言ったら、えっと言ってましたからまんざらでもないかも知れませんね。
上架していたらカタツムリが上架して居ました。船型からすると速そうですが、ついていけない事は無さそうです。

908: by Catseye on 2017/08/29 at 19:15:16

ポッキーさん
2日は旨く合流出来たら良いですね。台風は余り心配しなくても大丈夫そうですよ。

艇長会議は申告するのとレースのルールを知りたいので参加必須なのです。お会い出来たら良いですね。

907: by セル on 2017/08/29 at 18:07:50

中々ブログ上がって無かったから、帰ってから怪我ひどくなったのかと思って
心配してましたよ
この練習が出来るくらいならもう平気ですね!
中々良い走りしてますね
優勝も有りかもしれませんよ!!

906:K津さん共に頑張っていらっしゃいますね! by ポッキー on 2017/08/29 at 11:47:30

自分も今週末9/2(土)は練習とプロペラ掃除の為に、猿島辺りまで行こうかと思っていますが、どうも台風の動きが心配です。
9/3(日)は艇長会議でお会いいたしましょう。

▼このエントリーにコメントを残す