プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

7月17日 YBMサマーフェスティバル、体験乗船の船長さん

クラブの幹事なるものをやっていると色々な経験が出来るるもので、今回はYBMサマーフェスティバルの体験乗船に船を出すことになりました。大変だという話を聞いていたのですが、他に出せる船が無かったのと、好奇心をそそられたので引き受けた次第です。

前日、デッキ周りを整理して船体を洗ってビジターバースに回して帰宅したら、泊まっているものと思い込んだ仲間が泊りに来たというハプニングもありました。

YBMのサマーフェスティバルなので、体験乗船会だけでなく、フリーマーケットも。今回はテント一張りと1ブースです。これは準備風景。
20170717-001.jpg 20170717-002.jpg
黄色いポロシャツはS木さんが用意してくれたもので、全員お揃いです。

今日は朝から曇りがちの天気で風が殆どありません。何時ものスタイルで機帆走ですね。
20170717-003.jpg
9時半から艇長会議。受付はテントのスタッフが行い、乗船者を我々のスタッフが受け取って桟橋へ案内します。乗船する時から下船するまでは艇長の責任範囲です。
体験乗船は4回。それぞれ40分なので幸浦から根岸灯浮標位の間を行き来する位のものでしょうか。

各クラブから参加したヨットは自艇を含めて4隻、ボートは6隻です。ヨットは50,30,33ftと自艇よりも大きい物ばかりで、モーターボートで最小の24ftを含めても小さい方から2番目です。

一日で4回も入出港するというのは初めての経験。どんな人が乗ってくれるのでしょうかね。
(体験乗船中は舵取りに専念していたので写真はありません)

最初の回はご夫婦と女性二人の組み合わせ。ご夫婦は昨年ボートに乗ったので今回はヨットに乗ってみたいと、女性お二方は毎年乗船しているとか。何方も経験があるようなので、少し回ってきましょう。

スタートは同時に離岸。4艇が一緒だと少し緊張します。ぶつけないようにスロットルを慎重に操作して出港です。黄色ブイを過ぎると少し波があります。風は2m位なのでジブを展開するとしても弱すぎますね。予定通り機帆走で辺りをぐるりと回るとあっという間に帰港のお時間です。
クルーが乗ってくれているので着岸は余り気にしなくてよいので楽です。

一服していると次の回の乗船時刻。これもあっという間です。
この回の乗船者は子供連れの二組。片方のお母さんは子供と手話でしたから話しかけても返答はありません。周回に気を遣って分かり易いコースにします。
他の艇はというとジブを張っているので、こちらも張って見ます。エンジンを止めると静かですね…殆ど進みませんが。
余りやっていても意味が無いのでエンジンを始動して幸浦まで。少し遠出したので帰りは時間ぎりぎりでした。
子連れの場合、下船するまで気が抜けません。それでも無事に送り出して昼食のお時間です。

YBMが用意してくれたシュウマイ弁当をクラブハウスの冷房の効いた部屋でクルーと一緒に頂きます。乗船中は気が張っているので暑さは余り気にならないのですが、戻ってくると汗が一気に出てきます。冷房の有難味を感じますね。

ひと休みすると次の乗船回。今度は一家で。お父さんは仁平に平笠といういで立ちです。子供たちがはしゃいでいますが、お父さんの一括で静かに。流石ですね。
今度のコースは八景に出来る限り近づいてみます。三角屋根が少し見える所まで行きつきましたが、時間切れで帰港。それでもフルスロットルですから何とか時間内に戻れます。波があるので切り分けるようにして進みますが、これまでの様にスプレーが上がるという事が無くなりました。軽量化のお陰?

一回の乗船時間は40分ですが、着岸してから出港まで20分しかありません。一息ついたら出港。今度は少し若い一家です。しきりに質問を貰います。船は幾ら位、維持費は、何処まで行ける、何人泊まれるの?…
かなり興味を持たれているようですからきちんと返事をします。キャンピングカーを持つのと変わりないんですね…そうなんですよ…

最終回なので時間的には余裕があります。根岸第一灯浮標まで足を延ばして引き返すとモーターボートの引き波に合うこと暫し。その都度何かにつかまってと言いながら波乗りを楽しむと嬌声があがります。こんな時にもスプレーは余り上がらず、コクピットまでは届きません。これだけ人が乗っているのにね。
帰港時刻ギリギリまで楽しんだので着岸は最後でした。

これで体験乗船は終わり。クルーとして頑張って頂いた方々には感謝です。4人で乾杯~。冷たいビールはありがたいですね。
20170717-005.jpg
直ぐに体験乗船会の反省会。YBMスタッフからは事故もなく無事に終われた事、御断りも出たほどに、これまでになく盛況だったとの事でした。冷たい飲み物で乾杯して協力感謝の印としてビール券を頂きました。これはクラブに寄付して次回の催し物に使います。
これが済むと撤収です。地上班はテントを片付けて…
20170717-004.jpg 20170717-007.jpg

面白半分に引き受けた体験乗船会でしたが、思ったよりも乗船そのものを楽しんでくれたので、私も楽しかったです。またやっても良いですが、一日で4回の入出港は流石に疲れますね。自バースに戻る時も手伝ってもらいましたが、気の良い連中で、楽でした。
何時も乗っているのがマクレガーなのですが、乗って見たら波当たりが柔らかくて乗り易かったとの事。次回はクルージングに行きましょうね。

船内を片付けているとどっと疲れが出てきました。クラブの反省会に出た後、帰るつもりでしたが、船に戻ってバタンキューでご就寝でした。


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
864: by Catseye on 2017/07/20 at 13:33:43

セルさん
聖ちゃんは分かっているような気がしますよ。ホントに ^ ^
ボランティア精神で乗ってもらっているので、良い意味での緊張感がありますけどね。

自分の船に丁度良い重さというのは賛成です。今までの重さは少々過大だったので、波を受けると切り裂く様になっていたんです。乗り心地という意味ではその方が良かったのかも知れませんけどね。

重さを捨ててみると本来の走りが出来るんです。今まで撮り貯めた写真の中の初期の頃、何も付いていなかった時の走りは軽快でした。前のオーナーから聞いていたクローズホールドならレースでも負けないというのはそんな状態の事だったと思います。

今は色々な装備をしていますが、アルミや軽量合板を使って重くならないような配慮をしていました。

何時しかゴムボートなど帆走に関係ないものを積み込んでいたので、今回、レースに出るという機会で見直す切っ掛けが掴めたのだと思います。

まだ初期の頃の様には行かないですが、かなり近くなって来たようです。
長期クルージングで外洋を走るようになったとしてもまだ不要と思われるものが一杯あるので、FF暖房、冷蔵庫、ドジャーやビミニトップの重さに見合うだけの軽量化は進めようと思っています。

863: by セル on 2017/07/19 at 23:51:36

聖ちゃんに、この間の日曜、永野さん4回出たんだってとか言う話をしていたら、4回は大変だと言ってました。知らない人を乗せるなんて港内だけならまだ知れず、湾に出るなんて考えただけで疲れるし知らない人を乗せる緊張感って全部船長責任になるからねと
解かったような事を言ってましたよ^^

船が軽いと、良い事かどうかはわかりませんけど、自分の船に丁度いい重さと言うのがあるんじゃないでしょうかね 
大型船でも海水乗せたり、出したりしながら調整してますからね
でもヨットは絶対的に軽い方が早いと人は言いますけど フェスタなんかも軽いけど、軽すぎて逆に潮に流され過ぎてしまう時もありますから難しい所ですね
体感で感じるくらいなら、結構今回は出したようですね

862: by Catseye on 2017/07/19 at 11:32:30

セルさん
年寄りに4回の出港はつらいですね。それでも天気が崩れなかったのと待ってくれた人が楽しんでいてくれたので良かったです。

来年はこの時期、クルージングに行こうと思いますよ。

船が軽いという事は良い事なのですね。波当たりが以前の様に戻りました。

861: by セル on 2017/07/19 at 01:36:09

お疲れ様でした 4回の出航は疲れますね
持ち時間も決まっていれば、なおの事
それまでに帰る時間も計算する事に成りますからね
でも、色々な人が乗船して、喜んでくれているのは疲れが飛びそうですね
一番天気が崩れなくて良かったです
また来年も頑張ってください^^

▼このエントリーにコメントを残す

≪前のエントリー≪  ≫次のエントリー≫