プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

7月11日 ドジャーフレームの調整

今日はかみさんを誘ってマリーナへ。買い物もあるけれど珍しく船で過ごすと言う。

マリーナが休みなので人は少ないと思っていたけど結構すれ違う人が居ますね。中でも船を買ったY田さんと挨拶。この人は面白い人で、人懐こくて人情家。船を買ってくれた人はとことん面倒をみますと言ってくれます。落語が好きで娘が横浜で演芸に出演している時にも来てくれました。

で、当のかみさんはというとアフトデッキで昼寝…気持ちよさそう…

さて、今日は前回問題となっていたドジャーフレームの高さを調整します。7m位の風でもメインシートを強引に引き込むとフレームに当たってしまうのを、どの様に調整するか…

取敢えず後ろのフレームを前後方向に調整してブームを下げます。普段の位置は分かっていて、前回引き込んだ位置もマークしてあります。これよりも下げるとなると…
コクピット床面からの高さを測ったら154cmでした。ブームを目一杯に引き込んだ位置で合わせてみると145cmです。これにハードトップが乗る事を考えるとフレームとしては142cmにする必要があります。結構切る事になりますね。

高さの調整は単独では出来ません。単純にやるとフロントウインドウのフレームの方が高くなってしまいます。少し後傾させないとバランスが保てないので、全体が低くなりますが思いっきり後傾させる事にしました。以前のはメインシートブロックすれすれでしたが、少し余裕が出来たようです。

サイドフレームのパイプ長さを調整してから、前後の接続フレームの長さを合わせます。何とか恰好が付いたようです。
調整前後のフレーム中央。(左?が前回)
20170708-011.jpg 20170711-001.jpg
ポートサイド
20170708-012.jpg 20170711-002.jpg
スタボーサイド
20170708-013.jpg 20170711-003.jpg

写真を見ただけでは良く分かりませんね。ブームの高さが違っているのと、撮った位置が違うので判然としません。それでも以前より頭を低くしないとコンパニオンウェイに入れなくなっています。
また、前のフレームを後傾させたので、キャビンに降りる時は頭をぶつけないよう注意しないといけなくなりました。

ドジャーV1の時はブームの後端の高さに余裕があったのですが、新しいメインとブームでは以前より下がっているようです。それでクローズホールドでブームを締め付けるとドジャーフレームに当たってしまうようになったようですね。

多少窮屈になりましたが、ドジャーとしては低くて迫力がありそうです。その代り、ドジャーの天井に穴を空け頭を出して覗けるようにしないと窮屈そうです。
強風時のトリムか居住性の何方を優先するかですが、今回はレースにエントリーする事もあるので、トリムを採りましたという事です。
このお陰で、ビミニトップの前縁が持ち上がっている様に見えます。これも少し前下がりになるように調整が必要ですね。


取敢えずフレームの調整は終えたので走りながら使い込んでいこうと思います。

調整を終えたら今度は買い物。Tシャツを買い込んで旅行やクルージングに備えます。
この夏のクルージングは伊豆諸島めぐり。仲間同士で大島へ。その後は単独航で新島、神津島へ行こうかなと思っています。帰りに西伊豆に寄っても良いですしね。


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
852: by Catseye on 2017/07/14 at 09:26:20

皆さん、話が盛り上がっていますね ^ ^;
昨日、タモリカップの事務局からメールで「参加艇アンケート」の登録依頼がありました。セルさんがアップしてくれたアンケートの内容をWebで登録するようになっています。

スピンやファーラーについては、どうやら検査をするような仕組みにはなっていないようなので、紳士協定の様です。私はスピン装置にはスピン本体とスピンポール、ハリヤードが必要なのでどれか一つ欠けていてもスピン装置には当たらないという解釈で、スピンポールを持っていないので大丈夫などと勝手に解釈しています。
あっ、ハリヤードを隠さなきゃダメかな…

それにしても各艇ともウエイトには困っていないようですね。そういう私のとこも一緒に乗る人の体重を考えるといくら軽量化に努めても意味が無い様な気がしてしまいますよ。

851:ホントだ! by ポッキー on 2017/07/13 at 07:06:30

K津さん、確かにジェネカーやスピンは使用するしないに関わらず、装備如何で記載しなければなりませんね。
お二人ともジェネカーファーラー外しませんと、装備無しのチェックは駄目な様ですよ~。

追加クルーはN野さんやK津さんの動向(乗員の増加)見ながら相談して、折角の1テーブルそしてN野さんが頑張ってくれた19番目のエントリー順番を崩さない様に配慮しながら回答します。
そして条件が変わらなければOK出しますのでご心配無くお願いいたします。
何しろ追加クルーはヨット乗りではなくボート乗りの為、入出港の舫い取りは役に立ちますがレースではヒール抑える以外には助かりません。
それに練習無くぶっつけ本番の上船なので!

850: by セル on 2017/07/13 at 00:54:29 (コメント編集)

↓↓↓こんな事を書こうと思ったんじゃ無く、会場は確か10人1テーブルだったと思いました 早めに入れた方が良いです。
それと申込書よくよく読んでみたら なんか変な事が書いて有ります 
「ジェネカ・スピンの装備の無い船でありジェネカスピンを使用するしないではないです」と言う内容です
言い換えればファーラーを意味しているのかと?なので使用不使用は関係ないと判断できますね
その下にメインもマストファーラーか否かと言う内容です。

849: by セル on 2017/07/13 at 00:42:02 (コメント編集)

少し、話は聞いていましたが、どの様な病気になって、どの様な手術をしたのかわかりませんが、元気にまたヨットに乗れるまでに成ったのですから、良しとしましょう
世の中には、色々な人がいますので、それだけでも幸運ですよ

俺スタイル?  そもそもヨット乗っているやからは、根が生意気で自分の事しか考えていないような、高慢な人種が多く 
現役の頃から人に頭を下げた事も無い人ばかりでしょう。
その癖、引退したら家にも居られなく、マリーナに来ている寂しんぼうの集まりだと思いますよ
なので、みんなでクルージングに行ったらまず、100%人に合わせて走る者は居ません!(いた事がありません)予定の進路を守る者も居ません!
でも目的地では、ちゃんと迎えてくれ、夜は一緒に楽しく過ごし、翌日は、またばらばらに帰港し、勝手に帰ってしまう(笑)
自分はこんなスタイルは嫌いじゃないです 
だから一緒に行けるんだと思います 
船体組んで同じ進路を取って、同じスピードで走っていたら
其々が気を使って、クルージングを楽しめない様な気がします

しかし、一緒に同じ方角へ進んでいると思うだけで、シングルで進むより
はるかに心強いいし安心感がある、それで良いんじゃないでしょうかね
長い時間、自分の船に乗っているのですから、自分の時間です 
したい事をして楽しんでいたら良いと思います 
その中で、近寄ったら写真を撮ったり状況を報告したり、時には張り合ったり
それも長いクルージング時間の楽しみでもあります
そこから進路が変わったとしても、それは自分の乗りやすい進路か、自分で導きだした早い進路か?そんな楽しみもありますよ
その辺が、一緒に出て行ってくれる永野さんも、感覚的に楽なんじゃないでしょうかね
ポッキーさんも、無理はしないで自分のペースで、ストレスのないヨットライフを送れればと思います 

とか言っても、ヨットマンは理想を求めるのがヨットマンですから、次は何処に行こうかとか、今度はどんな乗り方してやろうかとか、次はこんなヨットに乗ろうとか 色々な夢を持つ生き物です   
ほんと女から見たら質の悪い野郎どもだと思います(笑)

848:テーブルの空き by Catseye on 2017/07/12 at 15:17:09

ポッキーさん
一度落ちた体力は中々回復しませんね。歳もありますからね。

申し込みは7名でしていますが、1テーブルで何人位座れるのかは分かりません。多分10人か20人位と思われますから、まだ空きはあると思います。

追加で申し込むなら早めに決めた方が良いと思います。席の順番が変わる事もあるかも知れないですからね。

847:体力の劣化 by ポッキー on 2017/07/12 at 13:59:30

N野さん、お心遣い有難うhございンす。
毒薬は1年間続け、今年3月を最後に中断しました。
今は単なる老化と運動不足による体力の劣化です。
但し落ちた筋肉は中々戻りませんね!
それから自艇のクルーがパーティーのテーブルに空きが有れば増えたいとの希望も有ります。
N野さん、K津さんとの1テーブルに1~2名の空きが未だ有れば教えて頂けますか?
しかし6,500円/名とは伝えていませんので追加で参加するかは確実では有りません。

846:マッチしていて良かったです by Catseye on 2017/07/12 at 09:40:51

ポッキーさん
薬の影響で体力が…という事をお聞きしていたので、無理の無いクルージングを心掛けるようにしています。前回の大島はちょっと強行軍でしたが…

クルージングではフリートを組むやり方もあって、それはそれなりで楽しいです。でも、経験や乗り方自体が違う船同士のクルージングではフリートを組むのは中々むずかしいと感じていました。

自分のペースで無理なくクルージングするという今のスタイルはセルさんと一緒に行くようになってからの事です。それが妙に合っているんですよね。
出るのが少し違ったり、コース取りが違っていても何故か到着は殆ど同じですからね。

天候を見ながら判断して無理はしないけど、途中で少しハードになっても頑張るというのが最近のスタイルなので、無理をしないようにしながら一緒に行きましょう。

泊地でのおしゃべりも楽しいですからね。

845:パーティー手配等色々有難うございます by ポッキー on 2017/07/12 at 06:45:56

N野さん、
昨年夏以降楽しい保田クルージング、弾丸大島クルージング、そしてタモリカップ手配等、別係留地にも拘らずご一緒させて頂き本当に有難うございます。
自分のヨットの楽しみ方は近場クルージング30%、係留地の草レース20%、メンテナンス50%でしたが、昨年初頭手術した後転移再発を防ぐ為に薬と言う名の毒薬を飲みまして、体力や筋力がガタ落ちとなりヨットを止めていました。
従前の自分の遠方クルージングは、同じ係留地の30ftのヨットの3~4人の中に乗せて貰い、GWやお盆休み等の長期休暇を有効に使い、大島や新島や吹きの江や神津島へ1週間程度のクルージングを楽しんでいました。
しかし手術後は薬の影響からか体力劣化で疲れ易くなり、仲間に迷惑も掛けられず短期間のクルージングを探していました。
ヨットを少しづつ再開しようかなと考えていた矢先にブログでN野さんやK津さんを知り、コメント書き込みしました所、新たな楽しみが見つかりました次第です。
N野さんやK津さんが行う自分のヨットをシングルハンドでも出港させ、VHF無線を使用しながら視程範囲内で自由に且つ旅先では一緒に語らう、短期間の近場クルージングをする新しい楽しみ方を知りました。
何となく今後の自分のヨット人生にマッチした乗り方だな~って最近感じています。

▼このエントリーにコメントを残す