プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

6月5日 大島クルージング その3

保田の朝。Y田さんが壊れたジブファーラーを取り換えるため油壷に回航するというので8時に出港です。見送るために早起き(といっても7時ですが…)してコーヒーを準備します。

コクピットで談笑しながら、しきりに海況については騙されたと…確かに海快晴を信用せず、富士山が奇麗に見える時は西が強くなるというのも無視しながらの強硬突破でしたからね。
それでも懲りない私は何でしょうか。

この航海中は色々と良い経験をしました。藻が巻き付いた時の外し方や風や波に対する処し方は勉強になったのです。流石に30年乗っている人と高々10年に満たない経験の違いというものがありました。
少し話が長くなって12時までに着かないといけないところが遅くなってしまいました。

セルさんを起こしながらY田さんの出港を見守りです。また行きましょうね。

で、船に戻りながら船底を見ると何やらペラに巻き付いている様子です。ホンダワラを巻いてしまったようです。ユラユラとしているのが見て取れます。う~ん、冷たいので潜るのも何ですからボートフックで巻き付けてみます。
何回かやっていると大体は取れましたが、まだシャフト周りとペラにまとわりついてします。機帆走には問題なさそうなので帰ってから対処する事にします。

帰りは何時ものコースなので何も心配ありません。10時少し過ぎた頃に港内でメインをアップしての出港です。
20170605-021.jpg

沖合の漁網を避けながら北系の風に合わせてセーリング中心の機帆走。今日は少し頑張って見ましょう。第一灯浮標を目指します。入船が途切れた所で横断を始めます。
クローズホールドで始めは3回巻きのジブで、終わる事にはフルセールでエンジンを止めて走ってみました。見掛け7mの風で5ノット強、ヒール角20度強といったところです。これならレースに出ても何とか行けるかも知れません。
20170605-012.jpg

それでも観音崎までは真上りなのでジブをファーリングしてエンジン全開です。波長の短いうねりしかないのに6ノットしか出ませんから、ペラに巻き付いている藻の影響かも。
20170605-013.jpg

観音崎をかわしてからは微風です。それでもセーリングしているとセルさんから微風レースの練習に付き合いますよと…
沖の根まで競争です。でもこの風で?
0.5から2mの風で走水の近くですから潮に流されたらお終いですからね。

暫く我慢のセーリング。沖よりも岸寄りに風波があったので、岸に寄せながらの我慢比べです。こんな時にタックして失敗すると絶望的ですね。思わず反対に舵を切って潮に流されながら270度回転してタックしてみたり、旨くタック出来たりと色々です。それでも競争しながら我慢比べしているのと、デイセーリングでのんびりやっているのとは意識が違うので時間が過ぎるのも忘れて没頭していました。

VHFでもう止めましょうかと言われるまで我を忘れていました。
ここからは機帆走で帰ります。猿島から八景まではあっという間。
20170605-014.jpg

マリーナに還りついたら早速燃料を補給してK道さんにお願いして船をクレーンで釣り上げてもらいます。
ペラにまとわりついた藻は少なかったですが、これでスッキリです。

艤装を解いて船内を片付けている時にY田さんから電話連絡が入りました。何とか無事に油壷に入って帰る途中との事。ホッとします。

こちらも疲れた足を引きずるようにして車へ。


疲れましたが不無事に帰って来れました。それでもな次に出たくなるのです。ヨットって不思議ですね。


<本日の動画>
3日から6日までの通しになっています




トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
775: by Catseye on 2017/06/09 at 17:43:07

ポッキーさん

お疲れ様でした。
昨日あたりから動き回っていまして、今日はセルさん達と横浜港の象の鼻桟橋に行って来ました。港内は波静かですが、行き着くまで間は波に揉まれっ放しでしたよ。

不思議なものでクルージングから帰ってくると、直ぐに何処かに行きたくなるんですよね。
この次は波の少ない時にゆったりと行きたいですね。
夏の季節なら波静かでしょうから…

774:週末になってやっと疲れが取れて来ました by ポッキー on 2017/06/09 at 14:58:19

楽しかったクルージングから早4日。
歳のせいか疲れが取れず今日辺りからやっとこ外回りの営業開始。
しかしまた直ぐにクルージングに出掛けたくなるのは何故でしょう・・・。
今度はもう少しゆったり行程と、へんてこりんな波が無い時期に!

773:動画は波が小さく映りますね by Catseye on 2017/06/07 at 09:21:30

ポッキーさん

動画を編集した甲斐がありました。写真は瞬間を切り取るので、躍動感を出すのは並大抵ではありませんが、動画だと多少は映せるので楽です。

ただ、定点カメラで撮っているのと手振れ防止が働くのでショックや振動、多少の動きを吸収してしまいますから、どうしても波が小さく映ってしまいます。

定点カメラを水面近くに置くともっと強調されると思いますから、今度やって見ます。

ブローチングの場面は運良く撮れていました。私は何故かジブを巻いてあったのですね。多分疲れていてセーリングする気にならなかったのだと思います。
これで入港アプローチが撮れていたらもっと良かったのですが…

大島の知識はかなり高度ですね。それならば頷けますよ。知っていてる事を活用するのが知恵ですが、私などは富士山が良く見える時は西風注意と知っていても、あの場面では思い出せなかったですから。

航行中、終始リードして頂いて有難うございました。お陰様で撮影も出来ましたし、クルージングも楽しかったです。

有難うございました。

772:記念の動画です by ポッキー on 2017/06/07 at 08:20:25

文章や写真以上に動画のライブ感はナイスです!
しかしどうして写真や動画ではうねりや波が小さく映るのでしょう?
デッキ上では揺れと波にぶつかる衝撃で身体が飛ばされそうだったのに・・・。
自艇のブローチングの場面は記念物です。
ハッキリ言って島陰で気持ち良くフルセールしていた所、島陰終了と同時に西風のお見舞い!
以前の巨大船の引き波での1回転も含めてまだまだスキルアップと海況予想は未熟です。
東海汽船の動向見て元町港に行かず波浮港に行ったのは,ヨットでの大島経験10回以上がなすものではなく実は自分は大島大好きで、自動車免許とバイク免許は大島の合宿コースで取得。
息子は大島の高校に行かせて、入試前の学校見学から数度は大島訪問数回。
ですから東海汽船が如何に元町港に入港出来る確率が少ないかを良く良く知っていますし、ヨットで入港停泊等もっての外の経験値からです。
沢山の投稿有難うございました。
そして編集も御苦労さまでした。

▼このエントリーにコメントを残す