プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

9月21日 オートパイロットの調整

昨日ティラーエクステンションの部品が手に入ったので、マリーナは休みですがオートパイロットの調整に。

平日の火曜日はマリーナが休みです。何時もは行かない日に行くと何かが起こるような予感が…
と思いながらマリーナへ。

コンパスのキャリブレーションから始めます。

センターエリアとイーストエリアの間の広い海域で360度ターンを繰り返しながらコンパスをキャリブレーションします。マリーナが休みの日なら海域が空いていると思ったので、敢えて休みの日に来た訳です。
DEVIATIONが5度と表示されてOKとなりました。15度以内ならキャリブレーション成功です。

コンパスのヘディング調整はコースコンパスよりもiPhoneのコンパス表示を採用です。

既に使える状態ですが、S1オートパイロットにはティラーの切れ角等を自己学習する機能(AutoLearn)があるので、マリーナ湾口を出て広い海域で調整する事にしました。
しばし機走した後で周りに船のいない事を確認してからAutoLearnモードにしました。暫く機走するとジグザクを繰り返して「LRN FAIL」が表示されました。という事はエラー?
海の上では思考能力が低下するので自バースに戻って原因を調べる事にしまた。

エンジンを掛け、前進に入れるとエンジンが止まってしまいます。えっ、エンジントラブル?
今日はマリーナが休みなのでスタッフの助けは呼べません。
エンジンボックスを開けて調べてみるとビルジに黒い油が…
再度エンジンを掛けると掛かります。ギアを入れると止まるので駆動系の問題のようです。アイドルからスロットルを操作すると回転が上がるので、ひょっとしたらプロペラに何かが絡んだ?

船外をチェックしてみるとバウの舫いロープが解けて海の中に。しかもキールの方へ続いていて引っ張っても動きません。
アーァ、やってしまった。

ところでどうやって戻りましょうか。今日はマリーナは休みですから入出港の船は殆どいない筈です。何時もならセーリングでの入出港は禁止ですが、今日ならOKでは?

と考えている内に黄色ブイまで流されてきました。迷っている暇はありません。風向きも北東から北北東の微風です。メインセールをアップしてゆっくりとマリーナにエントリーし始めました。

殆どいない筈の出航船と4杯ぐらい出会いましたが、なんとかできそうなので助けは求めません。湾口の安全ブイを過ごしオーナー桟橋を目指します。微風が幸いしてコントロールは容易です。
オーナー桟橋にポートサイドで着岸。風上に向かう形なのでなんとか着岸出来ました。

桟橋からプロペラを見るとロープのエンドが見えます。意を決して泳いでロープを外す事にします。スイミングステップはこんな時の為にあるのですね?
ルボンのプロペラは他の船と比べると水面に近いので、潜らなくてもなんとか手が届きます。プロペラを取り巻いているロープを少しずつ解します。小一時間格闘している内になんとか取れました。
Tシャツにパンツのいでたちでシャワーを浴びに行き、綺麗になって着替えたところで昼食に…
船に戻るとアウトレットの桟橋から声が…

O田さん夫妻です。ビミニトップを注文して作られたとか。太陽電池の接続など色々と話が弾むので、船内にご案内。

これまでにやってきた事を全部ご説明しました。しかも今オートパイロットの調整中で、ペラにロープを巻き付けてしまった事まで。
O田さんはご夫婦でセーリングとクルージングを楽しまれているようで、あちこちに行かれているようです。色々と教えて頂けそうですし、私の装備にも興味を持たれたご様子なので、再会を約してお別れしました。

さて、ペラのロープも解けたので、キャリブレーションの続きです。
AutoLearnが上手くいかない原因としてはティラードライブの配線が+-逆としか考えられません。配線を逆にして+10度にコース設定すると正しい方向に動きます。

再度マリーナを出て広い海域で再設定すると正常に終わりました。

これで使えます。

自バースに戻る途中もテストとしてオートパイロットにするとジーコジーコ動いてコースを維持します。
これは楽しみです。近いうちにセーリングで試してみる事にします。


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す