プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

3月4日 AISついでに

ボートショーでのAIS情報を載せたついでに他の選択肢がないかネットを探ってみました。

安くて現在でも売っているものは少ないのですが、いつの間にかAmazonでデジタルヨットの製品が売られるようになっていました。AIS受信機のシリーズでは一番安価なAIS100という機種です。他にも少し高いのですがUSBが使えるものも発売されています。

AIS100はシンプルな構成でVHFアンテナ端子とRS232C出力しか付いていません。それでもクラスBの2チャンネルに対応するなど基本的な機能はしっかりと押さえています。価格は約35K円。
因みに電源はRC232Cの端子から供給します。

パソコンで使うならRS232CからUSBに変換するアダプターを使えばOK。iPadやiPhoneならWifi経由でないと使えないのでRS232C-Wifi変換器を使います。同様にAmazonで売っているのですが気になるのは技適。

外国製のWifi機器を使う場合、国内の技術適合基準に合っているかどうかという通称「技適」が適用されていないと電波を発信した時点で電波法違反になりますね。スマホに外国製のSIMを差し込んで通話する場合も同様な様です。

Amazonで売っているものの中には技適を受けているものもあるので、それを使うのが宜しいようです。技適を受けた機器は総務省のホームページに掲載されています。

で、AIS100はRS232Cのポートから出力しますが、端子を見たら丸いPS2タイプでした。PS2って一昔前には主にパソコンのキーボードに使われていた端子で9ピンタイプです。RS232CのデータをWifiで飛ばす機械の殆どは平形の15ピンタイプなので変換ケーブルが要りますね。(ピンの数が違いますが心配は要りません。要は使われていないピンがあるという事です)

Wifi変換器はAmazonで7K弱、変換ケーブルは0.2K位なのでトータルでも43K位でiPad用のAIS受信器が手に入る事になります。勿論サポートは無いので自分で問題解決できないと無理ですが…

もう少し調べればもっとリーズナブルなものが見つかるかも知れませんね。
でも今日はこれにて…


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
632: by Catseye on 2017/03/04 at 20:14:00

う~ん
昔々の話で恐縮ですが電話回線でモデムを使って情報の集配信をやるシステムを作ったことがあるのでRS232Cという言葉には慣れています。原理が分かれば何という事は無いのですけどね。

既製品で組むにしても多少の知識は要りますよ。AIS受信機とGPSプロッターとはRS232Cのケーブルで接続するのが一般的な様ですからね。

今はRS232Cなんて使われることも無いだろうと思っていましたが、まだまだ現役なんですね。

因みに我々が使っているRayMarineのオートパイロットはSea Talkですが、殆どRS232Cと同じなんですよ。相互通信する場合は少し違いますけど…

630:AIS受信のみならば by masutopoki on 2017/03/04 at 19:38:27

流石IT関連専門家ですね。
自分にはとてもとても理解不可能です。
せいぜい既製品のAIS受信機のみで海王丸を識別するのが精一杯です。
GPSプロッターを所有している場合は、VHSアンテナを別途設置すれば、AISの受信のみならば40K円+アンテナ代程度で設置も可能かな。

▼このエントリーにコメントを残す