プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

2月28日 型取り

ドジャーの型取りをやるのには風のない日が最適。
今日はちょっと風があるのでやらない方が良いのですが、今週の天気を見ると今日しかないと思ってマリーナへ。

出る時に何時ものホームセンターで養生材を5枚程追加購入。今回は切らないでそのままの形で車に乗せました。90×180cmの大きさなのでスペース効率の良いFITでもそのままでは入らないのですが、助手席の隙間に押し込んで出発。左側の視界はドアミラーだけという危ない状態だったので、仕方なく折り曲げて視界を確保したのでした。

マリーナの風向風速計は瞬間で7mを越えていました。大きな養生材を抱えて桟橋を歩くと真直ぐに歩けません。ちょっと手こずるかも知れませんね。

船に着いてみると何処からか低音のエンジン音が聞こえます。火曜日はマリーナが休みなのですが、結構来る人が多いのです。殆どが私と同じ老人ですが…

型取りする前に修正後のフレームを記録しておきます。大分マシになったと思います。
20170228-001.jpg 20170228-002.jpg

早速風上側の側面から始めます。長いままの養生材をガムテープで止めながら印を付けてカットしていきます。側面の上下が出来た所で確認の写真を一枚。
20170228-003.jpg 20170228-004.jpg
20170228-005.jpg
後ろ側のメインフレームから舷側へ伸びているのは横風除けのフラップですが、これを付けるかどうか思案中で、どうせならビミニトップの支柱と連結してしまおうか…
見た感じ漁船風になってしまいましたが、アクリルのウインドウを付けると感じが変わってきます。一度型を外して大きめに反対側を作ります。

で、両方ともやって見たらどうなるかと言うと
20170228-006.jpg 20170228-007.jpg
20170228-008.jpg

窓の位置も書き込んでみました。横向きの一枚が一番分かると思います。イメージは鉄人28号?(年代が知れます?…)
窓は側面だけでなく上面も曲げます。少し曲率が大きいですが、2mmのアクリルを使う予定なので十分曲がると思います。

アクリル窓の繋ぎをどうするかも悩みですね。出来る限り繋ぎ部分の生地を少なくして一体に見せたいところです。上下一体で成形したいところなのですが、これだけの大きさを一体にするのはサイズ調整が難しいんです。曲げ専用の型を作ればベストですが、エイヤッでも何とかなってしまうので手間を惜しむことにしましょう。
取敢えずアクリルを曲げて現場で合わせる事にします。

ハードトップの部分は平面図を取りたかったので単純な板になっていますが、この部分に肉盛りして滑らかなカーブを描くようにするつもりです。どんな風にやるのかはお楽しみに…
高さは見た目より少し高くなる予定ですが、ブームと干渉するかしないかというギリギリの高さなので悩みの多い部分ですね。

取敢えずの型は取れましたが、風が強くて風下側は調整が必要。もう一度行かないと駄目かな…

風の強い一日でしたが型を張ったままにしているとドジャーの中は無風です。日差しが暖かくて外すのが惜しくなるほどでした。


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す