プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

2月22日 どうしても気になって…

先日撮ったドジャーの写真を見るにつれ、気になって仕方がありませんでした。
ドグハウスの前の金具に取り付けていたのでメインフレームの足を曲げないといけなかったのですが、これには訳がありまして…

フレームの強度を考えたら曲げずに真直ぐ伸ばすのが基本です。ところが真直ぐにすると取り付け場所はホルトは通せてもナットに手が届かないのです。最初は簡単に考えていたのですがよくよく見ると右舷側はロッカーが邪魔して手が入らず、左舷側はインナーがあって、ここは入るべからず的に張り出していたのですね。しかもスターン周りの電源ケーブルが這い回っている部分。

ふ~む、何とか取り付ける手立てはないものか…
考えられるのはブラインドリベットかブラインドナット。リベットだと6mm以上ですから素人が手出しできないというか手持の工具では無理。ブラインドナットと言うのもありますがボルトを締めたら空回りしそうです。
こんな時には専門家の知恵を借りるのが一番という訳で、いざという時のK道さんに相談しました。すると少し考えた末にブラインドリベットが宜しいようでとの事。しかも取り付けますから位置決めが済んだら声を掛けてとの有難いお言葉。

児島に頼んであった部品を取りに行き、位置決めしてお願いすると、何時ものご担当の登場です。手にはお高そうなごっついリベッター…
使うのは6.5mmのステンレス製ブラインドリベットで、流石のプロも相当力を入れないと駄目というものでした。右舷側をやらせてもらいましたが結構な力が要りました。でも何とか無事に装着完了。ジムで筋トレしたお陰かな。
これがしっかりと固定できた金具。ユニバーサルデッキヒンジというもので、左右に動き、ボルトを支点にして前後にも動きます。
20170222-00.jpg 20170222-01.jpg
取り付けた位置は少し微妙な点があるのですが、後で確認しましょう。

左右の足を曲げたフレームを取り外して真直ぐなものを取り付けると
20170222-02.jpg 20170222-03.jpg
20170222-04.jpg 20170222-05.jpg
前足に当たるフレームの取り付け位置は金具分だけ後ろにずらしてフロントウインドウを湾曲させてもメインシートとの間隔を取れるようにしてあります。
思ったよりもがっちりしていてハードトップを乗せても大丈夫そう。今までのフレームと同じくらいの強度があります。

さて少し心配だったことを確認。
右舷側は
20170222-06.jpg 20170222-07.jpg
ウインチハンドルも回るしジブシートも大丈夫そうです。

左舷側は
20170222-08.jpg 20170222-09.jpg
やっぱり。ウインチは大丈夫でしたが、ジブシートは取回しを変えないと駄目な様です。一度後ろに回してからウインチにリードする事にします。

先日の取り付けから今日まで心の片隅に刺さった小骨の様なものがすっかり晴れました。これで型取りもOK。ハードトップは三分割でドジャーの前縁部に当たるフロントウインドウの取り付け部、上とメインフレームに渡るメインのハードトップ、その上に乗っかる開口部にしようと思います。

前縁部は前のドジャーでも問題になって、フロントウインドウをハードトップの前縁に乗せる形で解決していました。今回は前縁の淵に沿ってカーブになる部品を作ってハードトップの下に潜り込ませようと思っています。

メインのハードトップは以前のものと余り変わりませんが、前縁部の上に被せるのと、開口部のあるのが違いです。その為に横幅は少し広く、前縁部は先のフロントウインドウの取り付け部を支点として縦フレームメインフレームで支える構造にしようと思います。

そして開口部は今回初めて取り入れる部分ですが、ハードトップの上にポッカリ穴を空けて、その上にアクリルを貼った窓にしようと考えています。これならメインセールを確認するのにドジャーの後ろから顔を出さなくても済みますし、取り外しできるようにすると暑い季節に風を呼び込めます。強度が確保できるかと、どうやって水密構造にするかは検討課題ですが…

サイズ的にはもう少し調整が必要ですが、大体のイメージは固まってきました。後はやるだけ。これが簡単に行けば良いのですが…


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
626:余り順調ではありませんが… by Catseye on 2017/02/24 at 09:05:17

道具が(安い)素人向けばかりなので思うように進まない事もありますが、なんとかやっています。
前のドジャーは家で組立調整してから持ち込んだので良かったのですが、今回は現調しながらなので苦労しています。

起倒式のマストだと大変ですね。ドジャーの付けられない理由が良く分かります。

何方もこの季節はストーブリーグの真っ最中の様で、出港する船と言えば釣りボートだけの様です。もう少し暖かくなるまで逸る気持ちを襲えていようと思います。

出られようになったら行きましょう。

625:工作が進んでいる様ですね! by masutopoki on 2017/02/23 at 21:58:42

何時もながらこだわりとプロ並みの工作、感心いたします。
当方のドジャーのフレームもこしらえてくださるとの有り難いご提案頂きましたが、後方(キャビントップ方向)へのマスト起倒ではドジャーが邪魔になってしまいます。
また前方(バウ方向)へのマスト起倒では、多量の長さのマストが一角獣の様になってしまい、他船に対して棄権甚だしく良く有りません。

当方の係留地でドジャー付けたヨットは、数年間係留地に戻らず、一時的にマスト起倒が不要になった船のみですので諦めます。

当方も頑張って春先には上架して船底掃除と塗装して、楽しいクルージングにお供出来ればと思っています。
その時はスプレーや雨はカッパとフード付けて、襲ってくる瞬間に後ろ向きになって避けます。

▼このエントリーにコメントを残す