プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

2月17日 いや~、風強かったです。カメラも戻ってきました。

今日はポカポカ陽気だと思い、ドジャーのフレームを調整に…
今日は朝から風が強かったですね。マリーナでは瞬間で17mでした。春一番に相応しいと言えばそれまでですが、係留していても15度位ヒールするってどういう事?

冷たいより暖かい方が神経麻痺には良いのだろうと今日を選んだのですが、昨日の方が良かったかもね。そんな愚痴が出る位に風が強くて、予定していた幌のサイズは後日に回さないとやっていられない位の風でした。どの位だったかというと、次の写真の様でした。左(上?)が風を受けてヒールした状態。右(下?)が少し傾いている状態です。ひどい時はもっと傾いていました。因みにフレームは外したもので風で傾いたのではありません。
20170217-001.jpg 20170217-002.jpg
それでも休憩タイムでキャビンに入るとそんなに風が吹いているのかな…と思う位なのでヨットの安定性と静粛性というのは凄いものです。差し板もスライドハッチも開けたままなのにキャビンに入れば別世界。不思議ですね。

さて、今日はフレームの調整。前回V字の角度が浅くて云々と言っていたのは縦と横フレームが前で交わって作る縦方向の角度の事。これが浅いとメインのフレームを支えきれなくて後ろに傾いてしまうのです。ドジャーのフレームは三角形の塊で、メインフレームと横フレームが縦のフレームのサポートを得ながら前足のフレームを上に押し上げて安定するのです。
これが自立型フレームの基礎。

で、前回までのフレームはどうだったかと言うと。自立しないフレームでした。
20170211-005.jpg
これが調整した後では
20170217-003.jpg
横のフレーム位置が下がって前のフレームとのV字角が深くなっています。
古いドジャーだとドグハウスに取り付けたメインフレームが真直ぐだったので、安定していたのですが、今回のメインフレームは足が前に向かって曲がっているので、この位V字を深くないと自立しないのです。もう少し深くした方が良いのかも知れませんが、今回はこれでやって見ます。

で、調整した後のフレームはというと
20170217-004.jpg 20170217-005.jpg
20170217-006.jpg
メインフレームがブームに触れそうですが、ハードトップを乗せると重みで垂れ下がるのでこの位で丁度良い筈です。

ハードトップの重みで下がらなければフレームの長さを少し調整すれば大丈夫です。コクピットに入る時にも邪魔にはなりませんでした。
ついでに横フレームの接着剤付きベルクロを剥がしましたが、これが難物。流石に強力接着剤と言うだけあってプライヤーで挟んで梃を働かせないと剥がれませんでした。接着剤がこびり付いているので溶かす方法を見つけないとね…

フレームが自立するように調整できたのが3時頃。風の勢いは増すばかりで、型を取ろうにも型板を持ち出しただけで飛ばされそうです。今日はフレームが調整できただけで良しとしましょう。

写真は昔のバカチョンのデジイチで撮影したものです。それなりに映っているので一安心といったところですね。ところが家に帰ると精密機械ですといって荷物が届いていました。カメラです。
頼んだのが14日、その日の内に先方に届き、16日は修理が終わって発送されていました。見積もりには22日頃完了という事でしたが早いですね。
記事は昨日アップしたのですが、その日にはもう修理が終わっていたという事でした。

明細を見るとバックプレートの液晶だけでなく、レンズマウント、ボディー周りの皮を模したゴムの交換、ローバスフィルタの清掃、ファームウェアのバージョンアップまでされていて新品同様です。交換部品の多寡に関わらず見積もり料金が変わらないというのは不思議ですが、得した気分です。
流石はニコン…と言っておきましょう。

という訳でバカチョンデジイチで撮る写真は今回限り。次回からは何時ものカメラに戻ります。

幌の型を早く取りたいのはやまやまですが、ハードトップを乗せないと形が安定しないのでまずはハードトップ作りから始めます。前のドジャーでもそうでしたが、ハードトップを乗せると重みで全体が下がってきます。

横フレームとメインフレームとの繋ぎ部分を下げたので、全体の構造としては今までのように上が色付きのアクリル、横が幌と透明アクリルにしようと思います。次の2枚は前のドジャーの完成フレームと竣工時の写真ですが、これに近いイメージになると思います。
20170217-007.jpg 20170217-008.jpg

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す