プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

9月20日 ゲストを迎えてセーリング

今日はM木夫妻を迎えてディセーリングです。
少し早めにマリーナへ。艤装を含めて準備します。
八景島海の公園でアンカリングを含めたコースを設定してみました。短からず長すぎないコースですから慣れない人にもお勧めできると思います。

夫妻が到着後暫くキャビンで歓談。エンジンを掛けて出発しますが、風にあおられて前後進を繰り返しながらやっと離岸です。しかも離岸の最中に電話まで…
アスターンの離岸をもう少し練習しないと…

マリーナを出てセールアップ。余りスマートには行かなかったですが、なんとかホイストには成功。何時もと少し勝手が違う?!
スターボードタックで沖出しします。一直線に八景島が狙える所でタック。

M木氏とは昔一緒にディンギーに乗った事もあるので途中舵を替わってもらいました。久々の感触を楽しんでいるようです。奥様とも会話が弾みます。お二人ともセーリングを楽しんでおられるようです。
こんな写真も頂けました。シングルで出ている私にとっては貴重な1枚です。
20100920.jpg


八景島湾口でセールダウン。機走で海の公園を目指します。湾口北側からエントリーすると生簀を示すブイが航路の両側にあるので気が抜けません。後で分かったのですが、中央からエントリーすればブイは遠くなので楽に進入できます。

アンカリングは練習の甲斐あってスムーズと言いたいのですが、アンカーが抜けてしまってやり直しです。その間に釣りボートの集団の中に入ってしまいました。釣りの皆さんごめんなさい。

タープを張って昼食に。奥様お手製のお弁当をおいしく頂きました。御馳走様でした。
食後にマッタリタイムをゆっくりと過ごし、アンカーを抜いて出航します。風が弱いのでアンカーロープを手繰るとスコっと抜けました。何時もこうなら楽なのですけどね。

先行するヨットの後をついて行くと湾口中央から出ていきます。このコースなら生簀のブイを気にする必要はありません。これまでもこうやって操船やコース取りを勉強してきましたが、これが一番楽な方法かも知れませんね。

帰りは南西の風を受けて観音開きで沖出しします。と思ったら無風に近くなりました。それでもマリーナへ一直線に狙えるところまで出られたので、クォータリーでコースを取り直します。

沖を見ると30ft位のヨットがジェネカーを張ってスイスイと。あれがあればなー、と思いながらコースを岸寄りに合わせます。すると風が出てきてスピードが上がっています。件のヨットは先へ。こちらはNo.2ジェノアなのでダウンウィンドの差は歴然です。

と言っている内にマリーナ湾口まで来ました。セールダウンして自バースを目指します。

バウ漬の着岸は比較的慣れているのですが、今日は何時もと違って上手く行きません。アスターンに入れるタイミングを誤って行き過ぎです。とうとう桟橋に吹き寄せられてしまいました。
ここB区画ではこんな時に何処からともなく助っ人が現れます。今日は二人も!
手伝ってもらいながらやっと着岸出来ました。

皆さんありがとうございました。

舫いを簡単に取ってオーナーロビーへ。今日の興奮を静めてしばし歓談後、色々ありましたがセーリング自体は楽しんで頂けたようでした。またのお越しを期待してお別れです。

さて、本舫いを取った後で離岸の時の電話を確認したら、注文してあったオートパイロットの部品入荷の知らせでした。受け取りに行き、装着してみると寸法もピッタリです。後は調整しておしまいですね。

マリーナを後にする前に今日の反省。
・アスターンの離岸をもう少し練習する。風向によっては舵が効かないので勢いを付ける方向を慎重に見極める。
・セールアップをもたついたので、セールアップ前にハリヤードを確認しておく。今日は2回もミスしました。
・バウ漬の着岸が未熟なので、操船練習をしっかり。

座学だけでは上手くならないので、練習あるのみですね。


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す