プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

2月10日 ウ~、サブッ

今日は午前中は晴れて、午後から所により雪という予報。早目の行動が宜しいようで。

準備して居たら出るのが少し遅くなってしまいました。高速を使っていきましょう。という事で出てみたら途中工事で車線規制やら事故渋滞、挙句の果てに出口でも渋滞と良い事なし。着いたのが12時少し前という始末でした。

見上げてみると真上は快晴ですが、西の空が黒く、ちょっとヤバそうな感じです。

荷物がカートに溢れる位なので、一旦船に乗せてから今日の仕事を始めます。予定ではメインフレームを組み上げ、横と縦のフレームを結合するまでできれば御の字なのですが。

取敢えず今まで使っていたメインフレームを解体して取り付け金具を取り外して磨く事にしました。アルミパイプとステンレスの取り付け金具なので、接触面は当然電蝕がある筈。少し手こずるかもしれませんね。

メインフレームはドグハウスの横に取り付けてあります。ここはステンレス同士の金具なので電蝕は一切なし。でもアルミパイプとの接合面は電蝕だらけです。ブライヤーで挟んで回そうとしてもがっちり噛んでいて外れません。メインフレームには6個の金具が付いていて、横と前後のフレーム、ドグハウスの取り付け金具がありますが、根元の金具は左右ともびくともしません。
横と縦のフレーム取り付け金具は比較的簡単に回りましたが、取り外すにはフレームを切断するしかなさそうです。

ここで登場するのがパイプカッター。挟んで回しながら締め込むだけで簡単にカットできます。4個は簡単に取れましたが、根元のはパイプを少し残してカット。縦と前後のフレームに付いている金具も取り外して合計10個の金具を回収しました。

さて、金具を磨きますかね。

根元の金具は万力とプライヤーの親玉を借りてパイプを強引に回すと外れました。パイプ自体には要がないので廃棄です。どの金具にもびっしりと白くイオン化したアルミの化合物が付いています。因みにステンレスは電蝕では解けません。アルミの方が溶けるのですね。
これを持参したリューターで奇麗にします。使うのは丸砥石がついたもので、台湾製。防護用の眼鏡を着けて磨き始めましたが結構磨きでがあります。

「あ~、雪が降ってきた~」。という声を聞いて外を見ると何時の間にか白いものが…
寒い筈ですよね。

直ぐに止むだろうと多寡を括って続けましたが、磨き終わってもまだ雪が止みません。こうなったら船のストーブを点けて頑張るか…
磨き終えた金具を持って船に戻ると既に3時を過ぎていますが、まだ頑張るぞ~

ストーブはFFヒーターなので点けるとポンプがカチカチと音を立て、点火するとボーっとバーナーの音がし始めます。少しすると暖かい空気がキャビン一杯に広がるという寸法です。
起動時は3A、少しすると2.5Aくらいで安定します。適温になるとずっと静かになって1.5A位なのでバッテリーの負担は重く無い筈。ところが今日は室温が5度と寒いので何時までも起動時と同じでした。

ハッチを開け首を出して見回すと桟橋には雪が深々と降っています。残りは外に出てやる仕事ばかりですが、寒くてその気になりません。今日の所は作業を切り上げて帰る事にします。

帰り着く頃には雪も峠を越したようでしたが、5時を過ぎる頃にはまた降ってきたようです。
明日はどうするかな…



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す