プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

2月3日 ドジャーの改造を始めました

寒い間にやるべき事を済ませてしまおうと、第二弾としてドジャーの改造を始めました。
家に閉じこもっている間中考えていた事なのでイメージ通りか確認するのが先決です。まずはドジャーの解体から。

マリーナに着いたのは正午頃。昼食を挟んで作業開始です。

まずはドジャーの天板を取り外します。
20170203-001.jpg
アルミ材の抑えを四隅のボルトとダブルナットで留めてあるだけなので簡単に外れます。
それでもフロントスクリーンの抑えを一緒に外すのがちょっと大変。ベルクロで押さえてあるのですが、強力なので外すのに力が要ります。

続けて横のスクリーンを外します。
20170203-002.jpg 20170203-003.jpg
これもベルクロを巻いて押さえてあるので外すとなると結構力の要る作業なのです。それだけ頑丈なので台風が来ても外れる心配がないという寸法ですね。

これを両側やるとこんな感じになります。
20170203-004.jpg 20170203-005.jpg
横のフレームは外して今回変更する高さに合わせてあります。前から見ると…
20170203-006.jpg 20170203-007.jpg
横のフレームは後端がもう少し上がる予定です。

横から確認してみましょう。
20170203-008.jpg
何となく良い感じですね。

横のフレームは長さが少し足りなくなるのでパイプをつないで延ばす事にします。後ろのフレームは曲げの位置が違うので新しく作ります。寸法を測ろうとしたらメジャーを忘れてきました。こんな時はK道さんにお願いするのが一番。借りに行こうと思ったらK池さんとばったりです。

何をやられているんですか~
ドジャーを改造しているんです…

色々と興味があるようで質問攻めですね。K池さんは中間検査だそうで色々と準備中。定員が10名になっているので保険もそれなりに掛かるのが大変というので、定員を減らした事を伝えると、そんな事できるんですか…という事なので中間検査でも種類の書き換え手数料を払えば定員は変えられますよと。
本検査の時なら書き換えの手数料は取られませんが中間だと書き換え手数料が要るんですよね。

暫しお話ししてお別れ。私はメジャーを借りに。

必要な寸法を測ってからはパイプに付いているメスのベルクロを剥がし始めました。でもこれが大変。
強力な接着剤で付いているのでなかり力を入れないと取れないのです。しかも横のフレームには斜めにグルグルと巻き付けてあるので、一本分剥がしたところで降参。後は別の日にしましょう。

外したスクリーンはキャビンに仕舞ってお次のテーマはティラーです。そろそろニスを塗り直す必要が出てきました。
8ミリのボルト三本で止まっていますがダブルナットにしてあるので緩めるのに少々手こずりました。外したのがこれです。
20170203-009.jpg
このティラーは船を手に入れて直ぐ位に作ったもので、ニスを塗り直しながら使っていますが、何処も腐ったりしていません。定期的に塗り直せば結構長く持つものですね。

特に悪い所が無いので塗り直すだけで済みそうです。

ドジャーはこれで後戻りできなくなりました。後ろのフレームを作って取り付けたら幌とハードトップを作り直すことにします。


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
620:毎度のアンカリング by masutopoki on 2017/02/06 at 13:14:36

係留場所の都合で疲れての帰港時はアンカリングして、ゆっくりつかれない様に時間を掛けてのマスト起倒が必須です。
特に歳重ねてシングルハンドの場合は尚更。
従って船停めて、バウからアンカー投入して、底に着いたら後進掛けて、風下方向に舵切り後進してアンカー効かせる、の作業がバウのみで完了すれば安全なのですが、この場合は広々とした場海面での作業や操作で、舵やスロットルのリモコン精度や微妙な調整は不要です。

しかしシングルハンドでの槍着けの場合には、スターンから落としたアンカーロープがペラに絡まぬ様、張り具合を調整しつつスロットルを微妙に操作、バウで舫いロープを岸壁に掛け、岸壁に衝突しない様後進入れる、をしなければなりません。

以上の作業をシングル槍付けで為してはみたものの、如何せん、岸壁に舫い結ぶのは他人の助けが必須。
あとはアンカーロープがペラに巻かぬ様張っておきながら前進する事と同時に、スロットル調整と最後の衝突防止の後進は、バウに居たままではリモコン付けても難しく、一度付けたアナログリモコンスロットルは外したのです。

619: by Catseye on 2017/02/05 at 13:57:45

Y田さん
ドジャーは作り直しに近くなっていますが、手順を踏んでいけばそれ程難しくないですよ。アルミパイプを曲げるのだけは道具がないと難しいかも知れませんが…

アナログステアリングはオートパイロットを入れる前に同じような事をやっていました。出港時にフェンダーを取り込むまでの間バウで操作するとかアンカリングの時に使っていたものですが、オーパイと同時に取り外してしまいました。
スロットルは目から鱗ですね。アンカリングの時に便利そうな気がします。今はスターンからアンカーを入れてバックで回収しています。ロープをペラに巻かないよう気を付けながらやっていますが、バウでやれればそれ程気を遣わなくて済みそうです。

618:アナログリモコンスロットル by masutopoki on 2017/02/05 at 13:25:40

写真を見ますとドジャー大工事の様子で、私にはとてもとても不可能です。
リモコンスロットルはシングルハンドでのアンカリングや槍着けの為に、一度はセッティングしてはみました。
しかしスロットルをバウからロープで動かす方式で、ダイレクト感が掴めずと微妙な操作が出来ずで外しました。
舵の場合はある程度の遊びも許容範囲で、精度の必要が有りませんので、現在もバウからロープのアナログステアリング装備は付けています。
従って今回のリモコンスロットルは、長い棒でバウで操作出来るシステムで、小漁師さん等も小さな船で使っているのを見た事有ります。

617: by Catseye on 2017/02/04 at 16:37:20

Y田さん
定員が変えられるという事を知らない人が多いですね。役所の怠慢の様な気がします。
検査結果はグレーという事ですがお大事になさって下さいね。ヨットに乗れるだけマシなのでしょうね。

実は私もステアリングとスロットル、同じ事を考えています。例のクルージング椅子に座るとスロットルに手が届かないし、座りながら舵が切れないものかと思っているのです。
舵の方はオートパイロットのドライブの電気系統を乗っ取ってステアリングに回転抵抗を入れた並行回路を入れてやればいいかなと。又はワイヤーでティラーを引く様にしてステアリングで回すとかね。
スロットルはワイヤーで引くテコで回せばと思っていました。
如何でしょうか同じ考えですか?

616:定員変更 by on 2017/02/04 at 15:24:41

了解です。
一応本業が損保代理店なので。
自分も定員変更(減)は本検査の際に、沿岸航行追加と一緒におこないました。
常に使うのはインフレータブルライジャケですが、残りの定員分は桜マークオレンジライジャケは嵩張りますので。
体の状況は術後一年目の検査結果はまあグレー
と言う状況。
ヨットには乗ること可能ですが、アルコールは乾杯程度の以上は生涯禁止かな。
自分はアナログリモコン操舵と、アナログリモコンスロットルの作成。

615: by Catseye on 2017/02/04 at 13:53:47

Y田さん

ヨット保険の事はお話ししてみます。というよりこのコメントでも十分かも。

ドジャーは改造というより作り直すといった方が適切な様な気がしてきました。今までの幌と窓も廃棄する事になりそうですからね。
ハードトップがどんな具合になるのか自分でも分かりませんよ。

614: by Catseye on 2017/02/04 at 13:50:07

定員変更は手数料の事もありますが、安全備品が少なくて済むのもメリットですよ。使わないライジャケをキャビンに置いておくほどの余裕はないですからね。

改造の方はやっつけでもも良いので、早めにやろうと思っています。ミシンでジャカジャカは結構楽しいですよ。窓のアクリルを縫うのはミシンでは出来ないので、それが一番大変です。でも出来上がると嬉しいものですよ。

質問ならいつでもどうぞ。

613:ヨット保険 by on 2017/02/04 at 11:34:32

N野さん、動き始めましたね。
改造拝見楽しみにしています人の方に、ヨット保険は定員以下で契約しても、実際に乗っている方の人数で契約しても支払いは問題ないとお伝えください。
契約はYBMのみは了解していますので、ご質問のみでもお答えします。

612:大手術ですね by jollyhot on 2017/02/03 at 23:57:53

こんばんは。

定員変更については週明けにも協会に訊いてみようと思います。
改善大手術みたいで、なんかたいへんな状況の中、今日はいろいろ教えていただき、ありがとうございました。
ミシンでジャジャジャーとできる人はやっぱりすごい。
ライフラインエンドとアクリル板の湾曲、必要になったらまた訊きに行きますので、よろしくお願いします。

▼このエントリーにコメントを残す