プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

12月4日 保田クルージング その1、保田沖の試練

予てから打ち合わせのとおり3艇で保田にクルージング。の予定。
昨日YBM桟橋で「予定通り行きましょうね」と言っていたセルさんは何と急性胃腸炎で病院へ。聖ちゃんから朝の7時に電話を受けたのですが、頭が回っていなくて「お大事に」とも言えなかったのでした。

で、Y田さんと2艇で保田に向かう事に。
11時には出港しますよという事だったのですが、少し遅れて出港。風が弱くて機帆走で急ぎます。出る時にS木さんの船が無かったので上架しているのかと思ったら、福浦の辺りで追いつき追い越しました。久々の出艇ですね。

そうこうしている内に八景島沖でレース艇の真ん中に突っ込んでしまい、上マークを回航してくるヨットの邪魔になりそうだったので、タックしようとして失敗。結局レース艇が避けてくれるような形になってしまいました。
しかもディンギーもレースしているみたいなので早々に海域を離れます。
20161204-001.jpg 20161204-002.jpg

沖の根辺りで無線でY田さんに連絡。出ましたよと連絡できたのですが、その後は雑音がひどくて聞き取れません。後で聞いたら5W機を使っていたとの事。障害物があると厳しいですよね。
20161204-003.jpg

観音崎を過ぎる辺りで後方にY田艇を視認。連絡しあいながら航路を横断し始めると出船・入船とも皆無。これは楽勝ですね。
本船航路中ごろから徐々に風が出始めてと思った瞬間、8m越えの風が…
保田の沖合に着くころには10mを超える強風になっていました。しかもうねりに加えて南からの波が尋常でないのです。

たちまちドジャーのスクリーンは打ち付ける波のお陰で見えなくなります。ワイパーが欲しい~
Y田艇はこの風の中フルセールで頑張っていますが、私はメインだけの機帆走で、ドジャーの下にセットしたクルージング椅子と座椅子のお陰で濡れずに済んでいます。でもそれで揺れが収まる訳でもなく…

少し風下に落とし過ぎたせいか生簀のブイが一つしか見えない位置に来てしまいました。これはおかしい…幸いにして風下側のスクリーンは透明なままなので、風上に船首を向けると南側のブイがありました。これでコースとしては大丈夫です。
この南風で港入口にある平島という暗礁に乗り上げてもいけないので、変針点でメインセールを降ろします。

セールのないヨットというのは不安定なもので、重いキールがあるとはいえ、南からの波に翻弄されて物凄いローリングです。波の頂点では水平になりますが、その後左右に30度位傾きます。横波を受けての航行はなるべく避けたいところですが、この辺りでは保田入港路と劒崎から三崎を目指すコースでは避けられないところ。

この波の洗礼は保田漁港に入港するまで続きました。動画ではこの部分が欠落しています。流石の私でもカメラを回す気になりませんでした。

保田漁港に入った時、ホッとすると同時に遼艇の様子が気になりました。フルセールで頑張っていた筈がセールを降ろす様にコースを変えた後見えなくなっていたからです。
それでも無事に入港してきた時はホッと。
20161204-004.jpg 20161204-005.jpg

係留を終えて暫くお休みタイム。横波に揉まれたせいか疲れがどっと出てきました。少し休んだくらいでは回復できないでいますが、夕食タイムなので何時もの干物屋に。
それでも食事しながらの会話は楽しいもので、何時しか4時間程にも。

疲れがピークなのでキャビンでの会話も遠慮させてもらい、入浴したらバタンキューでお休みなのでした。大変な事を忘れているとも知らずに…

時々目が覚めるとさとは大雨と強風です。時折ビューと凄い音を立てていますが、何時しか深い眠りの中に…


本日の動画


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
571: by Catseye on 2016/12/07 at 10:29:12

聖ちゃん
コメントありがとうございます。
電話を受けた時、目が覚めた直後だったので頭が回らず失礼しました。朝早くから起きて知らせてくれてありがとうございました。

寒さ対策は空振りでしたが、暖かくて楽しめましたよ。

保田往路の荒れ始めはドジャーのスクリーンに波が打ち付けて初めて気が付きました。その位に急に変わったのでびっくりしたという方が正直なところです。
それからはスクリーン一杯に波が上がってきて迫力がありましたよ。
ドジャーのお陰で被らずに済みましたが、無かったら大変だったと思います。Y田さんはセーリングしていてヒールさせていたのでそれ程ではなかったそうです。
大石君と乗った時はドジャーを越えて波を被りましたが、今回は波受けの角度が良かったのかスクリーンで止まっていました。それでも保田近くの岬から入港直前まで続きましたから、あの時の比では無かったですね。Day2の方にも書きましたが、保田入港時はチューチュートレインの始まりの様なノリで波乗りしていました。

休みを取るのが中々難しいでしょうけれど、また一緒にクルージングに行きましょうね。

567: by 聖 on 2016/12/06 at 23:36:25

センパイ、先日は当日にキャンセルということになってしまい申し訳ありませんでした。
しかも早朝に電話をしてしまい、「夜中中、嘔吐と寒気が止まらない」とのセルさんの小さな声に私まで慌ててしまい…上手くお伝え出来ずにすみませんでした。
前日から寒さ対策の用意をし、楽しみにしていただけにとても残念でした。
今回の往路はとても大変だったみたいですね。大石君と行った時よりひどかったなんて…想像しても怖いです><
今度こそ、行きも帰りも穏やかな日に保田クルージングご一緒できたら嬉しいです。
お二人とも大変お疲れさまでした!どうぞゆっくりお疲れをとってくださいね。

561: by Catseye on 2016/12/06 at 09:21:21

Y田さん

疲れがピークでしたが早くアップしたいと思って頑張ってみました。
往路のローリングで体力を消耗しきったみたいで、夕食後の歓談も失礼してしまいました。大荒れの中を何日も行くような太平洋横断などは夢のまた夢と思いましたよ。
12月にしては天気も恵まれたと思います。日を選ぶと今回の様なクルージングが楽しめますね。これは1月でも同じですがもっと寒いんです。

毎年大島に行くのは日課の様なものですが、今年は体力的に難しくて楽な保田ばかりでした。それでも疲れ果ててバースに入ったら最後、バタンキューで寝てしまう位ですから、ついでに大島とか保田行を大島行に変えるなどは思いもよらなかったです。
もう少し体力を付けてからの方が良いかも知れません。

560: by Catseye on 2016/12/06 at 09:11:54

セルさん

大変でしたね、折角楽しみにしていたのに残念でした、でも又の機会もありますから。
動画では中々大荒れの雰囲気が出ないと思うのですが、実はビデオの操作を間違えていて撮ったつもりが撮れていなかったんです。
あの荒れ方は今まで行った保田の中でもワーストでしたよ。コクピットで前を向き、ドジャーのフレームにしがみつきながらバランスを取っていたのですが、外から見ていたら滑稽な姿だったと思います。

本当は大島に行きたかった?…そうですね、天気次第では行っていたかも知れませんが、元気は無かったです。今日は晴れていますが南風が強くなりそうなので、乗り切るだけの体力が残っていませんでしたからね。

559:N野さんの心の中は? by masutopoki on 2016/12/06 at 03:14:06

早速のアップ有難う御座います。
帰宅後往路の疲れがどっと出てリビングでバタンキューで、先程目が覚めました。
航路横断時や保田湾口の、落水するんじゃあないかと思えるローリングが見る事出来ずチョット残念。
でも毎回の沢山の撮影と朝食を有難うございました。
往路は荒れましたが復路は天国のような海況で、自分は初めての12月の保田でしたが、ご一緒させて頂き本当に良かったです。
N野さん、本当は保田ではなく大島行きたかったのですか??

558: by セル on 2016/12/05 at 22:52:04 (コメント編集)

今回予定していたのに行けなくなり、申し訳なく思います
とても残念でした。
やっと回復してきました 急性胃腸炎だったようです
昼間元気だったのに夜になって急激に嘔吐と熱にやられました。      
今回動画楽しみにしていたので見ながら行った気に成りました
この後の大荒れ見たかったですけどね^^
なんか今回は大変だったみたいですね かなり大荒れになったようで、この映像からでは想像もつきません
大石君と行った時の数倍とは余程凄い揺れだったんですね 機走で30度って中々ないですよね 無事でよかったです。

全然話は違いますが、寝ながら考えていたんですけど、もしかしたら今回の保田の帰り、そのまま大島とかに行こうかと思ってませんでした?^^

▼このエントリーにコメントを残す