プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

11月13日 保田にクルージング その2

明けて二日目の朝。良く寝ました。揺れで一回起きただけで、7時半までぐっすりです。

さて、何時もの朝食を作りますか。毎度お馴染みなので、次は違うものにしますかね。
ゆっくりと済ませてから出港準備していると、大きなカタマランが入ってきました。少し居ただけですぐに出てしまったようで沖で会いました。
20161113-007.jpg 20161113-008.jpg
20161113-009.jpg

今日の予報は午後から5m位の程よい風が吹くはずです。どの辺りで出会うでしょうかね。少し期待しながら出港。
北東から南系の風に変わっていますが弱くて中々ジェノアを膨らませないでいると、潦艇はしっかりと風を入れているようです。写真でも分かりますが、逆ヒールさせてジェノアに風を入れていました。
20161113-010.jpg
私は少々疲れが残っているようなので、不精を決め込んでいます。

出て直ぐ位に左舷に大型船を発見。ゆっくりですが徐々に大きくなってきます。この他にも入船が多くてワッチが欠かせません。見通しで浦賀航路第一赤灯浮標辺りで、フェリーに続いて最初の本船をやり過ごした後、直ぐ後に件の大型タンカーが迫っています。
とても前を突っ切るだけの余裕がないので、停船してやり過ごす事に。

先導タグボートのお咎めも無く、大型船が通り過ぎるタイミングでスターン目掛けて航行開始。大型船が微速で進んでいてくれるお陰で引き波が少なく無事に通過できました。あれだけの大型船が12ノット位で進んだら相当な引き波がある筈ですからね。どの位の大きさかは動画を見て頂ければ分かります。

その後は出船も無く無事に本線航路を横断でした。
20161113-011.jpg

浦賀沖から観音崎にかけては平穏そのもの。最近のクルージングはいつもこんな感じです。有難いと言えばそうなんですけどね。
20161113-012.jpg

観音崎を過ぎた辺りで次の目標を沖の根灯浮標にしてそこでお別れする事に。では写真撮影を、という所でジェノアの展開?…
20161113-018.jpg
出港前に見たのですがファーラーがエンドレスのドラムになっているので手元で操作できるのですね。ジェノアを展開するのに体が動いている様に見えません。
20161113-013.jpg
取敢えずベストショットと思われるものを乗せておきます。

猿島沖位までは風が無くてモーターボートそのものでしたが、横須賀沖で岸寄りのヨットが結構なヒールで上っているのを見て少しは帆走できそう。この辺りでお別れと思っていたらY田艇がジャイブしながら方向転換しました。右舷側に自衛艦が並走して居たのでコースを譲るためで、私も続いてジャイブしようとしました。
20161113-014.jpg

ところが風が上がっているので、ブームブレーキのロープが外れません。ロープが古くて抵抗が大きくなっているので外れなくなっていました。これが外れないとジャイブできないのです。一旦登らせますががっちり食い込んでしまったので、反対舷のロープを緩めて何とか外しました。
何とかなりましたが、はたから見ていたら滑稽な感じでしょうね。ジャイブしたと思ったらブームが帰らず、上って下って、またジャイブですからね。

VHFで連絡が入っていたようですが、気が付かなかったのも敗因でした。

この後でY田艇は八景方向へ。
20161113-016.jpg
何時もの八景島ですが、何となく違って見えました。
20161113-015.jpg

マリーナに着くと早速給油。タンクが大きいのであまり気にする必要は無いのですが、何時も満タンにしておきたいですからね。
バースに戻ると直ぐにヤードに。K津さんが船底塗装をやっていました。余り汚れていなかったそうですが、次のクルージングに備えてとの事。良ければ木・金辺りで行きましょうかと…

戻る時にクラブの方とお会いして良い風だったですね…良かったんですけどね…直ぐに落ちてしまったんですよね。

久しぶりのクルージングで楽しめました。もう少し風があればベストでしたけどね。

また行きましょうね。


本日の動画


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
533:万が一 by masutopoki on 2016/11/17 at 21:14:15

土曜の雨予報でクルージングが順延となりましたら教えてください。
私は日は好天ならメンテナンス。
K津さんんも空いているならば、日~月休んでクルージングでも。

532:次回はヨロシク by masutopoki on 2016/11/17 at 08:33:26

N野さん、K津さん、次回は宜しく!
冬が近付けば風も強くなり、ガンガンセーリングしての保田ですね。

531: by Catseye on 2016/11/16 at 19:48:50

セルさん、Y田さん

改造は楽しいものですから、楽しみましょう。別にレースしている訳では無いですから自分が楽になると思うような改造だったり、改良はオーライですよね。座椅子を乗せた時は好きもんが何か変な事をやってるぜ…と言われても構わず乗せて効果を実感していました。こんな良い例はいっぱいありますよ。
長く乗っている人ほど躊躇いがあるのだと思いますが、実際に使ってみるとクルージングでは本当に体が楽なので誰彼構わずに勧めたい気分です。
快適なクルージング万歳です。

私の航法はシングルならば目的地に着く時刻に合わせて方法を選びますが、潦艇がいる時は自分に余裕がある限り相手に合わせるようにしています。それなりに余裕のある装備をしていると言えばそれっ切りですが、返ってセーリングが疎かになったりもするので良し悪しですね。

ジャガーのダブル6ですか。う~ん、私としてはeタイプ3.8リッターのクーペ(シリーズ1)のつもりだったりして…
パイロットハウスへの憧れはここから来ているのかも知れませんね。ジャガーのクーペは雨漏りしたりして大変だったようですけど。

因みに2GMで60%のエンジン負荷って回転数で言えば2,000~2,200rpmです。この200回転の差は平水だと1ノット位あります。多寡が200回転ですが、トルク恐ろしですね。
これ以上回しても機走だけでは平水7ノットが精々で、バウが持ち上がり燃費が悪くだけです。ここまで回すのは悪天候の時だけ。観音崎の向い潮2ノットで向かい風6m、向い波50cm位の時だとフル回転(3,000rpm以上)させて機走5ノット以上をキープするようにしていますが、ルボンの水線長ではこれがマックスです。

週末はもう少し帆走に力を入れて走ってこようと思っています。まだまだ走れる機会があるので次に期待してくださいね。

530:2YM(2GM)と3翼ペラが欲しい・・・。 by masutopoki on 2016/11/16 at 18:27:40

N野さんの文章に私が『セールにしっかり風を入れている』と時々書いてくださいますが、実の所草レースよりもまじめに常に風を受ける様に心掛けています。
特に航路横断時やN野さんの後を追う場合は、水線長がほぼ同じヨットですから本来ならば機帆走でも同じ船速の筈なのですが、如何せん私の方は1GMで2翼ペラの為エンジンは大概80~90%でぶん回して付いて行きますし、今回VHFで確認しましたら2GMで3翼ペラのN野さんの方は60%程度で機帆走しているとの事。
当然私の方はエンジン熱も高く、燃費もそれなりに悪く、何より高負荷での突然の故障の心配も有り、常にセールの力を僅かでも借りようと努力している次第です。
今回も航路横断時や常に5knot程度で走って頂き本当に有り難く思っています。
いやはや2GMと3翼ペラが欲しくなってしまいました。
しかしその改造をするともう1隻ヨットが買えてしまいますので我慢です。
コクピットに気が回ると大変な事になるとは記載されていましたが、防水カバーの座椅子は買ってしまうかも知れません。
ヨットはフェールセーフとシンプルイズベストが基本的な考えでこれまでやって来ましたが、楽チンで快適なクルージングと言う悪い例を見てしまい困っています。

529: by セル on 2016/11/16 at 18:01:31 (コメント編集)

やばいですね Y田さん 我々の病気が感染してきたようですね^^
まだキャビン内は良いですけど、コックピットに気が回ったら重症になりますよ
船は弄れば弄るほど自分仕様になる 言わば自己満足のDIYだと思います 
他人が見たらそんなの必要?と思われるような物でも、自分で弄って乗りやすい使いやすいと思い満足するもんですから、一つ作っている間にまた一つと広がってしまうんですよね 困ったもんです
永野さんの船は、車で言う昔のジャガーのダブル6ですかね 
一年で半分はドックにいるくらい触っていますよ
これもヨットの楽しみでしょうね
今回は残念ですがまた行きましょう  DIYじゃないけど来月も行きますよ!

528: by Catseye on 2016/11/16 at 14:58:52

Y田さん
暖かな楽しいクルージングでしたね。この季節には珍しい天気だったと思います。
写真は他にもありますので次回お会いした時にお渡しできるようCDに焼いておきます。

固定視点の動画の撮影にジンバルを使おうかと考えているのですが、先日の様な揺れの時は見ている方が船酔いすると思うので考えてしまっています。水平線を見ていればどの位揺れているのか分かりますが、分かる人には分かる位で程よいのかもしれません。

外洋に出れば出る程に一定方向の波になるので、多少の波があっても何とかなりますが、東京湾に戻ってくると辛く感じますね。本船の引き波や岸に当たって帰って来る反射波でチョッピーになるのですが、時に1mを超える引き波に遭遇すると翻弄されてしまいます。

今週末は天気が崩れそうですが、何とか行けそうなので、楽しんできたいと思っています。風がある割に波が少なそうなのは期待できそうですが…
事ほど左様に同じ海況というのはないですね。今まで色々写真を撮り続けてきましたが、八景島沖で撮った写真も波の状況だけでも同じものがありません。

ヨットに乗っていると何かと欲しいものが増えてしまうのはご同様です。窓を塞ぐ材料を探していて吸音材に行き着いてしまい、エンジンルームの左右を遮音してみたくなってしまいました。更にコクピット床面にすのこを引いて、そこにも吸音材を入れようかと思っている次第です。殆ど病気ですね。

また行ける時に行きましょう。

527:写真や動画アップ有難うございます by masutopoki on 2016/11/16 at 13:16:33

N野さん、海況も良く暖かく楽しいクルージングでした。
それにも増して2日間もの写真や動画のアップと書き込みも有難うございます。
今回は僚船の写真や動画も少々撮影しましたがコメントにはアップ出来ませんのでお許しください。
確かに動画はヨットが揺れていますから横波も少々分りますが、写真ではチョッピーな横波に翻弄されたのは分りませんね!
毎回そうですが相模湾でヨットやっている先輩に東京湾の写真を見せますと『池だ!』と言われますが、実際は相模湾の一定方向からの波は身体が転倒する様な感じですが、東京湾の方向定まらないチョッピーな波は身体が放り出される様な感じで、足腰弱った中高年には危険と思っています。

悪い病気が発生してしまいN野さんとK津さんの書き込み読みますと、今週も出掛けたくなってしまいますが土曜日にやんごとなき用事が有り御一緒出来ません。
今回の往路の横波もそうでしたが、自然相手の趣味は2回と同じ状況無く、毎回が経験となり本当に楽しく止められません。
金~土も海況見て楽しんで来てください。

それからN野さん達とクルージングに行きますと、色々参考となる艤装やキャビン用品が目に焼き付き、帰宅してからついついアマゾン等ポチってしまいます。
前回はコーヒーのドリップセット類をポチってしまい(今までは簡易ドリップパック)今回積み込んでのクルージングでした。
今回もまた欲しい物が発生してしまい、少々高額な物をポチってしまいました。
唯でさえ使わなくなった物を持ち込み、荷物で溢れています第2の実家(マイヨット)のガラクタが増えてしまいます。

526: by Catseye on 2016/11/16 at 11:15:38

セルさん
土曜日は雲行きが怪しそうですね。続けて予報をチェックしています。
行く仕度はしておきます。

525: by セル on 2016/11/16 at 10:33:57

金曜は良さそうですけど、土曜が予報では曇り~雨になっています
帰って来るまでは持ちそうな気がします 
行く予定で準備しておきます。

524: by Catseye on 2016/11/16 at 10:03:21

セルさん

そうですね、実際はもう少し厳しかったと思います。臨場感の出し方はあるんですけど、絵にならなくなってしまうとおもいますよ。
この時はもっと大変だったけどな〜くらいが良いかも…

体調は戻ったので、金・土、行きましょう。

523: by セル on 2016/11/16 at 00:36:08 (コメント編集)

やっぱりクルージング(保田)は良いですね
動画も綺麗に映っていて乗っているようでした
行きの海は、動画ではそれほど波も立っていないように
見えるんですけど船の揺れを見れば波の強さも解りますね 
以外と動画は臨場感が無くなるのでぱっと見じゃわかりませんからね
連荘ですが行けるようなら今週も行きましょ
木はちょっと無理そうなので 
金・土曜辺りでしたら平気です

▼このエントリーにコメントを残す