プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

11月7日 久々のマリーナ

今日も天気が良いのであわよくばデイセーリングとマリーナへ。

その割には着いたのが12時半。
MICSの海の安全情報(前は何でしたっけ…)を見たら海上強風警報になっていたのでセーリングは半分諦めてメンテナンスに切り替えていたためでした。その後すぐに強風注意報が解除になっていたのは知りませんでした。そう言えばマリーナのアドバイスフラグは赤のまま。

着いて早々にK道さんと出会ったので諸々のお話を。なんでも私が気に入っているカタリナ30は古いものだと船底がぼこぼこになっているという事です。上架していた時に一緒に上げていた艇もぼこぼこでしたね。YBMにあるのは全部そうだという事で、カタリナの魅力は地に落ちてしまいました。と言っても買えませんけどね。

風速は7~10m/sといったところで出られなくはないのですが、停泊中の船が大きく揺れている所から海上は波が高いのでしょう。朝の内はもっと風があったそうです。

出港を諦めてメンテナンス全開モードに。でもまずは食事から。
一口齧った所へO田さんの呼ぶ声が…

丁度ストーブを点けた所だったのでキャビンで談笑です。前回のパーティーは皆さん好評だったようで、この際だから忘年会もやろうかという声が高くなっているそう。中華街辺りで一部屋貸切ってやってはどうでしょうかねという事でした。確かに楽しかったのでやるなら参加する事に。
それではという事でお別れの際、外に出たら寒い!の一言。キャビンの中はは20度ありますからね。

今日のお題は二つ。
一つ目は舫い入れの置き場所。少し大きかったかなと思い、仮置きしてから外皮を縫おうと置き場所を何回か試してみた結果、逆Y字のバックステイとそれを引くロープの間にすっぽりと入る大きさでした。まるで最初からここに置くことを前提に作ったよう。
位置的に両サイドから舫いを入れられるので一つで良さそうです。早速外皮を作る事にします。

二つ目は懸案になっている窓カバー。キャビンのアクリル窓を交換する時、内側をゲルコートで奇麗に塗ってもらうためにカーテンの土台ごとレールを外したのでした。カーテンを付けるのは諦めてはめ込むカバーを作ろうというもの。
これが無いと船内泊では夜明けとともに明るすぎて目が覚めてしまう事になります。

今日はその型取り。どうやるかというと大きめの硬い紙を繋げて窓全体を覆うように貼り付けます。
20161107-001.jpg
こんな感じですね。
窓枠に沿って爪で形どっていきます。奇麗に取れたら鉛筆で枠を強調します。
20161107-002.jpg

これを外せば枠型の完成という訳です。これを奇麗に切れば良いのですが、今日は揺れがひどくて陸の上でやった方が得策の様でした。
20161107-003.jpg
これってテーブルを上げて腰の位置でやっています。ルボンのテーブルは真ん中に太いアルミパイプが上下に通っていてテーブルが留め具で固定されています。これを緩めると高さが調整できるという仕組み。便利ですよ。

さて、作業に夢中になっている間は余り感じなかったのですが、今日の揺れは大島に行った時よりひどくてかなり揺れています。終わった途端気分が悪くなってきたので早目に退散でした。

クルージングで波が悪くなり、かなり揺れていても感じないのに変ですよね。船が動いていないと揺れを感じてしまうのでしょうね。

さて、窓カバーはどうやって作るかな。どうせなら暑さ寒さを凌げるように断熱にしたいし、遮光も大事ですからね。見た目も良くするとなると…
こう言うものを考える時が一番楽しいんですよ。



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
516: by Catseye on 2016/11/10 at 13:12:54

Y田さん
今年は保田しか行っていないので三崎と思いましたが北東の風だと桟橋に押し付けられるので寝心地は良くないですね。予報では北北東、北ですがケッジの効かない風向ですね。
取敢えず保田という事にして明日の予報を見てから決めるというのはどうでしょう。
VHFは取り合えず72で、込み合いを見て変えればいいと思います。変える時は電話します。

キャットウォークの作りはルボンも同じです。チェアを二つ作ってあって用途に応じて座れるようにしています。両方ともキャビンへの出入りが厄介なのは同じですね。

515:週末の行き先 by masutopoki on 2016/11/10 at 11:30:05

週末は取り敢えず保田ですか、海況と出港時刻では三崎も有りかもですが、よほど海況良くないと岸壁停泊中も揺れますね。
未だ日曜の風情報は見る事出来ないですね。
それからVHFのチャンネルは何番でしたっけ?
後、リベッチオのメイントラベラーのキャットウォークは幅が10cm程で細いし、中央にレールが有りまたキャビン入口はバリが高く出っ張っており、お尻が痛くてとても座れません。
従ってキャビン入口にシャワーチェアをセットするしか有りません。
でも冬~春の油壺への上架移動では本当に役立ちます。
難点は椅子をセットすると、キャビン内に入る事が出来ない事かな!

514: by Catseye on 2016/11/10 at 10:51:01

Y田さん
上架中なら仕方がないですね。
土曜日はクルージング日和な様ですね。明日の予報を見てからにしましょう。駄目なら次の週という選択肢があるので無理をしない様にしますね。

波が余り無い事を祈っています。

キャットウォークってあまり使われていない言葉の様ですが、前のオーナーが良く使っていました。バルクヘッドとコクピットの間の狭い棚上の場所でメインシートのレールが設置されている事が多いです。ニュージャパンの船は殆どがそうです。
猫が身を細めながら通る位狭いところという意味合いの様ですよ。

ドジャーは別名キャノピーとも言いますから間違いではないですよ。飛行機の風よけから来た言葉ですね。
ドジャーの方が語源がはっきりしないです。

土曜日は暖かいようですから心配ないかも…

513: by ついでに on 2016/11/10 at 04:29:45

キャットウォークって懐かしい単語ですが、キャビン入口はキャットウォークって言うか知識なく判りません。
文章から想像するとスプレー避けるためにどの辺に座っているのでしょうか?
それから自分が記載したキャノピーはドジャーの誤りでした。
とりあえずは自分は例の介護用シャワーチェアーをキャビン入り口にセットして、スプレー避ける為と下半身だけはエンジン熱で暖を取る為に、首をすくめての航海かな。

512:土曜は大丈夫みたいですね by on 2016/11/10 at 04:14:16

N野さん、K津さんは船底の為に昨日上架されたようです。
一緒に来れず残念ですが、自分は来週末も日~月ならば空けられそうです。
一応現時点では土曜は大丈夫そうですね。
明日の朝には日曜日の風予報も見れますね。
前回もそうでしたが、出港時は8m未満ではないと途中で難儀することと、往路追い風でも向かい潮ですし、復路は追い潮でも向かい風にて時間は掛かりますね。

511: by Catseye on 2016/11/09 at 14:26:34

Y田さん
波の無い事を祈ってます。出港前の儀式は色々ありますが、この季節はコーヒーですね。ポットに入れて暖かいのを飲みながら。
ドジャーがあるとキャットウォークに腰かけて温まりながらというのが定番です。
FF探訪でも夜は消して寝るんですよ。温まると電気も食わなくなりますが、それでも1.2A位流れていますからね。その代りと言っては何ですが、航海中も暖房は入れています。ヒール角25度位までは大丈夫です。元々はキャンピングカーの暖房なんですが、マリン仕様になっています。
夜の語らいには温かくしたキャビンが良いようで…

510:冷たいスプレー by masutopoki on 2016/11/09 at 12:40:46

N野さん。
>帰りの登りは避けられないでしょうからね。
ホントその通りと予想します。
キャノピー必須な季節になって来ました。
N野さんのヨットが羨ましい・・・。
仕方が有りません、直ぐにオチョコになって壊れるとは思いますが、キャビン入口に透明な300円傘をセットしてその裏側でスプレー避けて頑張ります。
出港前にお湯沸かして暖かいコーヒー飲みながら暖を取っての行程かな。
夜間はカセットガスボンベのストーブしか有りませんから、酸欠や火災の心配が有り消して寝ますので、シュラフを重ねて暖を取って眠ります。

509: by Catseye on 2016/11/09 at 09:24:05

Y田さん、おはようございます。

そうですね。海況次第ですがどちらかでクルージングに行きましょう。この時期は風向きにしろ日照時間にしてもゆとりをもっていった方が良いと思います。
帰りの登りは避けられないでしょうからね。

508: by Catseye on 2016/11/09 at 09:17:22

Jollyhotさん
お会いできなくて残念でした。
ほどんどキャビンに居ましたし、結構揺れていたので寸法取りを終わらせて早々に引き上げした。
窓カバーは簡単に済ませようと思えばいくらでも手抜きできますし、効果もそれ程違わないかもしれませんね。
遮光、断熱、防音の条件を兼ね備えるのは発泡スチロールなのですが、もう少し欲張ってみようと思ってます。

507:今週末は暖かい! by masutopoki on 2016/11/09 at 08:46:04

N野さん、おはようございます。
今週末のYBMの風予報は金曜日までしか見る事出来ませんが、天気は良く気温も暖かくヨット日和かと予想しています。
海況見て土~日、または日~月はクルージングと考えています。
尚今週末の潮は朝9時頃干潮にて、どちらにしろ向かい潮で進まねばならず、の~んびり午前中には出港かと思っています。

506: by jollyhot on 2016/11/09 at 01:28:42

Catsさん、こんばんは。
7日、来ていたんですね。
私も息子とセイルの取替に行きましたよ。会えなくて残念でした。
今日もすごく寒くて、次回は私もカセットストーブ持っていくつもりです。

窓カバー、私なぞ5mmのウレタンシートをはめ込んでるだけです。それでも遮光と暖房効果はあります。
うっかりすると1年中はめ込んだままになってたりします。なにしろ貧乏船主なので、その辺は適当です。

NAVIONICS、参考になりました。

505: by Catseye on 2016/11/08 at 19:27:50

Y田さん
ヨットに限らず海の世界ではここ10年くらいで劇的に環境が変わってきているようです。高齢化もその中のひとつで私の様なヨット乗りが増えています。
35年も乗っていると引きずっていることも多くなるでしょうから無理もない所です。
幸いにして私の場合は急に変貌している状況の中に身を置き始めたので、戸惑いながらもなんとかやっているのが実情です。
5W機は手軽さが売りなので、ぜひ開局してみてください。届く範囲が直線の見通し位なので猿島と浦賀の間では交信できなくなりますが、アシカ島と劒崎の様に海上に電波をふさぐものが無ければ何とか届きます。
25Wだと余裕なんですけどね。

大分寒くなってきましたね。昨日船に行きましたがストーブが欲しくなり点けてしまいました。夜に入ると寒くなるので風邪を引かないよう気を付けましょうね。今週末暖かければクルージングですかね。

504:情報有難うございます by masutopoki on 2016/11/08 at 15:50:00

N野さん、まずは素晴らしい情報有難うございます。
知らなかった自分が恥ずかしいです。
25w固定機が更新検査前に交換されれば費用が抑えられる事と、5wハンディー機の更新費用は実際は無料との情報。
マリンVHF当時の無駄がね更新検査費用に嫌気がさして、緊急時のみに役立てば良いと考えていました。
勿論救助後にはお咎めも有るでしょうが、それと命が有る事は比較にはならないと考えていました。

自分はクルーザー歴35年にもなりますが、ヨットを始めた頃はバブル経済と共に進んで来ており、ヨットは売れに売れたが係留場所確保が困難で、本当に苦労しました。
その間に横浜市の不法係留ヨットの一掃、夢の島やYBMのオープンが有りました。
最初は横浜市の運河に不法係留されたヨットを『係留権付き』と言う名目で堂々と販売されていた時代を経て、横浜市の突然の法改正で不法係留ヨットはYBMB区画に優先的に入れる筈でしたが、都民所有であった為入れず、YBM横の『アウシュビッツ』と隠語でささやかれる場所への強制移動を避けヨットを処分。
その後YBMのB区画に一般募集で入る為に、マイレディー25を購入するも、これまた横浜市民枠と他の枠とで倍率が桁違いにて、抽選に外れてしまいYBMのC区画(当時はJ区画は無く一気に90万円)は当選したが高額で諦めました。
まあ本当にバース確保が困難な時代で、行政に振り回されてしまいました。
何となくマリンVHFにしかりその記憶が残り、正式申請を怠っておりましたが、N野さん達と行程を堂々と楽しむ為に購入時箱に入っていました免許申請書を読み返して正式開通させます。
有難うございました。
それから今週末は金曜日まで悪天候で寒い様ですが、
土~日~月は何となく暖かそうで、予報外れたならば来週末の日~月辺りはヨットかなって考えてはいます。

▼このエントリーにコメントを残す