プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

9月25日 上架?日目

上架の期間が長くなってくると一々何日目というのもね…

昨日は雨の中様子を見に行って見たらキャビン側の窓際がこんなに奇麗になっていました。
20160924-001.jpg 20160924-002.jpg
20160924-003.jpg
何処が今まで違うかと言うと窓枠の上下左右に付けてあったカーテンレールの取り付け板が無くなっていて、ウインドを取り付けていたビスの穴が塞がれて無くなっているのです。これがどれほどキャビンをスッキリさせているかというのは中々分かりずらいのですが、奇麗になっている事だけは確か。

雨が降りしきる中だったので自分でやる仕事は作ったフェンダーフォルダーを取り付けてお終い。ホルダーはこれで4作目。流石に作り慣れて見た目の仕上がりは上々です。ロウ付けにも慣れたので、丸い囲いや縦線は繋ぎの細い線を使わずにロウ付けだけで仕上げてみました。強度が少し心配ですが、ダメもとでやって見ます。
他には取り立てて無いので、早目の引き上げでした。


で、今日は朝から晴れ。どうせマリーナに着くのは昼頃なのだけれど、船体の磨きが残っています。雨で流れたゴミや吹き残したワックスを取り除きながら乾拭きとパフ掛けを開始。トーレールにフックを掛けて間隔を調整しながら磨いていきます。
昼食後に初めて終わったのは5時。一日の成果はこんなんになりました。
20160925-001.jpg 20160925-002.jpg
20160925-003.jpg 20160925-004.jpg
何せ齢30年以上(殆ど40歳に近い)の船ですから磨いてどの位白くなるかというのは写真では分かりませんね。昨日の雨の中では白い筈が黄色く見えたし、今日は少し白いけれどやはり黄ばみが目立つのは致し方ない所です。
もっと白くしたかったらBS-1というFRPの黄ばみ取りがあるのでこれに頼るしかなさそうです。

そんなに若ぶってどうするのよ…という声も聞こえてきそうな

年増の厚化粧ならぬつや出しですが、それなりに見えるようになった所で今日は終了。K道さんと下架のスケジュールを打ち合わせて水曜日に下す事にしました。海の上でも出来る作業だけが残っているという事になります。
が、残ったのは自分の作業だけかな…

残りはドジャーの張替だけ。ご覧のとおり前と左右のウインドが外れています。幌が大分傷んでいるので作り替えるのですが、ドジャーの後ろ側を伸ばしたいので試案のしどころになってます。
延長部分が無ければ今の幌から型紙を起こして縫製すれば終わりなのですけれどね…

外した幌には緑色の苔の様なものが端の方に一杯ついています。しかもノリ付きのマジックテープは接着剤が切れて浮いている始末。同じマジックテープでも棘のある強力接着剤付きのメスはこんな事にはなりませんでした。巻いてあるのはメスのマジックでもソフトタイプ。ソフトタイプは毛羽立ってきて付かなくなるのと接着剤がちょっとね。今度は棘のある方を使う事にします。

取り合えず新しい幌を作るまでは今までの幌に活躍してもらうう事にして、マジックテープも旧来のモノを使う事にします(在庫も少し残っている事だし)。

ハル磨きが終わったので下架準備は船内の後片付けだけですが、これが難題なのです。一杯散らかった物を何処に仕舞うかな…


今日は久々にK津さんとごたいめ~ん。昼頃、ヤードまで来てくれました。話題と言えば新艇で組上げ途上のHanse 315。345と並んで組上げ中ですが中々良さげなのです。
水線より下のラインが見るからに走り易そうで追い風でも舵を取られそうにない船型をしています。しかもコンパクトにして十分な装備。アフトキャビンに独立トイレ兼シャワー室。メインキャビンは片寄されていてバウまで走っても邪魔者はありません。バウも十分な広さです。これで31.5ftという事はギリギリJバースに入るのでお得感があります。
良いね、良さげだよね等と私たちの間では持ちきりになっています。

このところレース志向だったK津さんですが、久々にご登場の聖ちゃんを交えて10月3~4日で保田へクルージングに行く事になりました。勿論天気次第なのですが…
ブログ繋がりの方とも月初めに行きたいねとやっていたので微妙なタイミングではありますが、少し長丁場でやって見ても良いかも。
1日に出て三崎泊、2日に保田またはマリーナ帰着、3日に保田で合流して4日に帰港なんて言うのも良いかもです。
下架したら早く出たいですものね。



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
447: by Catseye on 2016/09/27 at 17:25:00

masutopokiさん、こんにちは
ご一緒出来れば幸いです。
日程ですが1日~2日はシングルです。K津さん達は平日に行きたいようなので、3日に保田で落ち合う事にしています。
なので1日泊は三崎、保田何れでもOKですよ。

何方にせよ風と潮はキッチリ見ないといけませんね。
南系の風だと辛いので雨または南系の風だと見合わせた方が良いかも知れませんね。

船には大分手を入れて、オリジナルなのはバルクヘッド等位と少なくなってきました。考えながらなので中々進みませんが、多少でも参考にして頂ければと思います。

446: by masutopoki on 2016/09/27 at 15:05:55

永野様、いつも楽しくブログ拝見しています。
内装や外装艤装を色々考えて改造されていらっしゃる様でとても参考になります。
当方は船を維持するのが精一杯で改造資金の余裕は有りませんが、機会が有れば拝見したくいつも思っています。
そちらの2艇が10/1~10/2が三崎コースで有れば、旅先は最終的にアシカ時まで行って左へ曲がるか真っ直ぐ進むか判断したいと思っています。
お邪魔にならなければその節は宜しくお願いいたします。
金曜夕方の予報で海況良ければ取り敢えずGOしますが、予報風速8m越える場合や向かい風、そして雨だと自分は中止と考えています。

445: by Catseye on 2016/09/26 at 17:04:30

余り無理しないようにしましょう。当初のとおり保田目標が良いと思います。
天気予報に注目ですね。観音崎沖や浦賀航の波高が1.5mを超える予報なら出ない方が良いと思います。漁船がバウから高くスプレーを上げている時に三崎に行きましたが、勧められるものではありませんでしたから。
最終決定はメルアドへお願いします。
mnagano@g06.itscom.net
です。

444: by masutopoki on 2016/09/26 at 15:11:28

再度了解いたしました。
昼の直天気予報では10/1~10/2は雨天になっていました。
中高年のシングルハンドでも有り、少々ちびりでも有るので当日の海況予報見て最終決定はする予定です。
三崎に行くのも良いのですが、午後の到着ですと100%停泊出来る確約が無く、さすがに三崎を追い出されそのまま保田へ向かうのは体力的にちとしんどいかな。
エンジンも28歳の1GMですから、無駄な物を色々満載した自艇ではMAX5ノット。
秋分の日も過ぎた今は17時までには到着しませんと
暗くなってしまいますので、逆算すれば14時には三崎港から脱出しませんと、保田は厳しいかなと予想しています。

443: by Catseye on 2016/09/26 at 11:39:50

了解です。
観音崎までマリーナからは巡航速度だと1.5時間程度掛かるので9時から9時半の間に出港しようと思います。常時エンジンを掛けているので風が無くても同じ位です。土日の三浦は混むので係留できなければ保田に向かいます。

442: by masutopoki on 2016/09/26 at 10:42:38

了解いたしました。
10/1は11時頃が干潮で大潮でも有りますから、11時までには観音崎を通過したいとの出港予定です。
逆潮ですと時間は掛かるし、機走すれば燃料食うし、観音崎辺りには不規則な波が発生しますし。

441: by Catseye on 2016/09/26 at 10:09:03

masutopokiさん、おはようございます。
聖ちゃんが来るというのでK津さんと保田に行く事にしました。今年何回目か分からない位行っているので、たまに違う行先も良いかなと思っています。
海の上でお会いできると良いですね。

440: by masutopoki on 2016/09/25 at 22:19:59

キャッツアイ永野様、クルージングの情報有難うございます。
保田は10/3(月)~10/4(火)の行程の様ですね。
多分当方は10/1(土)~10/2(日)で保田1泊の予定ですから、永野様が三崎に向かっている際に海上でお会い出来るかも知れませんね。

▼このエントリーにコメントを残す