プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

9月21日 上架8日目、台風直後

今日のマリーナ行きは台風の被害確認のつもりでしたが、関東付近では温帯低気圧に変わっていたので何も影響ありませんでした。あったと言えばコクピットに置いてあったバケツに雨水が溜まった位。

船は工場の前に移動されていて何やら作業中。はて…
PSSのシャフトシール交換ならばここに移動しなくても良いし…窓がありませんね…そう言えばアクリル窓がそろそろ交換の時期と言って、お願いしていたのを思い出しました。色はブルー系が良いなと。
20160921-009.jpg

既に交換が始まっていてこんな状態になっています。
20160921-001.jpg 20160921-004.jpg
20160921-005.jpg 20160921-002.jpg
20160921-003.jpg
何時もFRPの施工をやってもらっている若手の人に聞かれたのは元々あった穴の始末。勿論、埋め込んで下さいと即答。室内も目立たない程度に平滑にしてもらう事にしました。どうせやるなら徹底した方が…

元々のアクリル窓は前オーナーがDIYで交換したものらしく、穴が開いている所から分からない程度の水漏れがあって腰掛のシートが何時も濡れていました。また、蜘蛛の巣状のクラックが入っていたので一年もしない内にひび割れするのは目に見えていたし、透明なので何もアクセントが無く間が抜けた感じでしたね。
交換するグラスはポリカで、色は見た目ブルーに近いグレーですから少しアクセントが付く事になります。ちょっと楽しみですね。


今日の天気は雨は降りそうになく晴れてもいないのでワックス掛けには丁度良いのですが、雨だれが凄くてワックスを掛けても直ぐに汚れてしまいそうです。明日は雨の予報なので作業を中止して辺りを見渡してメンテナンスが必要な部分を探します。

一番簡単な作業はビミニトップのテンション調整です。
20160921-007.jpg
ソーラーパネルを幌に直接縫い付けたお陰で垂れてきていたのですが、幌の取り付けロープを付け替えて調整する事にします。これまではテンション調整用の短いロープをフック毎に本結びで結んでいました。これだと余ったロープが見苦しかったので、一本のシートで数珠つなぎにします。前後とも一本ロープで結んだら見苦しさは無くなりましたが、ソーラーパネルの重みで弛んでいる所が見苦しく感じます。

真ん中のフレームを利用して前方の弛みを無くすようにきつく締めたら何とか見られるようになりました。ソーラーパネル用の支柱は作っていますが、フィッティング作成に思ったより時間が掛かっていて、見通しが立たないので取り合えずの対応をしておきます。

次に目を付けたのがスターンのフェンダーホルダー。
20160921-008.jpg
二連のホルダーは乗り降りに便利なように取り外してあります。二連は幅が広すぎますね。単発のホルダーを組み合わせた方が良さそうです。幸いに3.2mmのステンレス針金が余っているので単発物を二つ作る事にします。

お次はペラに海藻を巻いてしまった時の対応。コクピットで外す事を考えていまして、ほぼ見当が付いてきています。問題はサイズなのですが…
20160921-006.jpg
この写真を撮っていて閃きました。シャフトや継手などでもプロペラシャフトにまで届くのですが、下手に作り込むと置き場所に困りそうなのでもう少しシンプルにしたいのです。
それにロープや藻をどうやって掴むかが問題。今まで巻き込んだのはロープだけで、取り除くのは難しいケースばかりでした。ロープの端を掴めても簡単には外せそうにないのでどうしましょうかといった感じですね。

因みに写真のプロペラ位置はメンテナンスの為に少し伸びています。実際には支点とプロペラハブとの間は1cm位なので、ここにロープが挟まると少しの力では抜けないです。逆に言えばこれが解決できれば殆どのペラ巻きは解ける筈です。
頭の中ではペラシャフトまで届くシンプルな方法が浮かんできているので、解く部分のアイデアを捻れば頭の中でだけは完成なのですが…



写真を撮っている内にPSSのシャフトシールは今日中に届きそうという声が。ポリカの窓の交換には晴れた日が一日は必要らしいので、窓の交換の方が長いという事の様です。最も下架した後でも出来る作業のようですからシャフトシール次第という事ですかね。
昔々、プロジェクト管理で最早、最遅スケジュールやコスト見積もり、積上げなんてやっていたものですが、ここでは頭の中で組み合わせるだけで十分。
あ~、余計な事考えてしまった…メインセール諸々の請求書を貰ったせいかな…


ワックス掛けは程度問題の様な気がしてきたので、適当に終わらせる事にします。次の上架のタイミングでワックス掛けよりも黄色がかった船体をどうやって白くするかを考えた方が良さそうです。白さを求めてBS-1を使うか塗装するか、それとも歳相応に我慢するか…ですね。
う~ん、我慢する方が賢明かな……

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す