プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

8月25日 保田 1日目

K津さんから一通のメールを戴きました。「週末に保田に行ってこようと思ってます」
天気をチェックしていてクルージングに行くなら木金しかないな、と思っていた矢先のことです。

その旨返しながら結局保田に行く事に。

1日目の今日は少し早めに出ようと10時過ぎにはマリーナに到着。でも出航は11時を回っていました。しかも風向きは真南。時々南南東に振れます。それなら八景島に寄せてからタックすれば一本で観音崎に行けるかな…
ところが赤灯台付近で漁船が二艘網で繋がれていて、少し離れたもう一艘にも網が入っているような。突っ切る訳にも行かない雰囲気です。

早々にタックして第七灯浮標に向けたらタックしながらでも良いか、と思える様になってきました。でも少しずつ風が振れて、上がってきます。
八景島沖 5m
猿島沖 6m
観音崎手前 7m
といった具合。出るときにフルセールにしたままでファーリングしたくなっかたので頑張ってみます。観音崎を回る時は8mでしたが最後までフルセールのままでした。
20160825-023.jpg 20160825-025.jpg
150%ジェノアとフルメインではほぼ限界。ヒール角も25度とエキサイング。もう少し頑張れば30度まで行きますがレースではないので観音崎を回ってからはジェノアをNo.2までファーリング。
K津さんに聞いたら結構な走りをしていたそうです。前回の保田行きの感覚が残っているのでしょうね。

浦賀航路第一灯浮標からは何時ものコース取りをしますが出船2杯に航路を譲ったお陰でクオーター近くに風を受ける様になりました。スピードもどんどん上がってきます。メーター読みで7ノット。良い調子です。
入船もタイミングが良く針路変更は一度だけでした。

ここまでに一度も手を抜いていないので、出航時の到着予定17時が16時になっています。良い調子ですね。
ペースが早いので途中から回転を落としてペース調整です。それでも5ノット。

保田入港直前にメインをダウン。南風を受けても良いように左舷付で北向きに着岸。舫い終わってから徐にオーニングを取り出してドジャーとビミニの間を覆うようにします。これだと南風を一杯受けてキャビンの中まで涼しいのですね。

何時もより疲れが少なく感じています。早速ビールを開けてグビッ。飲み終わった頃に潦艇の到着。舫いを手伝って涼しいコクピットへお誘いします。
ビミニの後ろ側は陽が当たって暑いので、ドジャー近くに座ると涼しい。本線航路横断の話題で暫くは持ちきりです。

夕食は何時もの干物やに。前回までに2回ほど間に合わなかったことがあったので3度目の正直という事で早めに入るとありつけました。定食の他に適当な刺身があるか聞いたらしこイワシがあるという事なので早速注文です。出てきてのは脂の乗っているイワシの刺身。好物の一つなのでお酒が進んでしまいます。

話題も尽きません。このまま閉店まで居そうな感じですが引き上げです。勘定しているとお客さんの一人から「ヨットですか」と声が掛かります。館山から暇があるとこちらに来ているそうで、店のご主人とは懇意にされている様子。
ここのご主人は保田に浮き桟橋を設けて関東一、日本一?の海の駅に仕立てた仕掛け人だそうです。浮き桟橋の規模では他に例が無いですからね。
またお会いしましょうという事でお別れ。

艇に戻ってからはいつもの様に風呂を済ませて、AmazonビデオでCSIタイムです。シリーズ1から見直している所なのです。モニターとマルチメディアプレーヤーはこの為に。
気が付いたら12時。何時になくチャレンジ風にセーリングした割に疲れが少なく感じたのですが、やはり疲れているのですね。直ぐに寝付いてしまいました。



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す