プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

8月11日 新規オーナーの歓迎会

今日は「外来艇歓迎実行委員会」ならぬ「外来艇歓迎クラブ」の一員として、YBMが定期的に開いている新規オーナー歓迎会に参加。因みにクラブとしてYBMに公認されたそうです。皆さんヨロシクお願いししますね。


大勢で群れるのが苦手な性格なので、この手の会合には寄り付かないようにしているのですが、冒頭のクラブにメンバーとして名を連ねているのと、当初予定していた人の都合が付かなくなったので代わりに参加する事になりました。

何か月おきかに新規のオーナーの歓迎会を開いているのは知っていたけど、私の時にはなかったなと思ったら、入った翌年から始めたそうな。んっ…

YBMが各クラブの代表者と一緒に開いているというので興味があった事と、頼みにしていた人の都合が付かないのだったら人助けと思って参加する事にしたのだけれど、昨日は渋谷で日付が変わるまで飲んでいたので、私も誰かに変わってもらいたい位の状況でした。

何を歌って、どの位飲んで、どうやって帰ったか覚えていない位でしたからね。そんなに飲む方が悪いんだけど…


何があっても約束は守るというのが信条なので、予定の11時半前には会場になっているイーストのハッピーなんとか…要は浮バース…手前のボードウォークに腰掛けていました。日差しはそれ程ではなかったのに麦茶片手に虫の息…


で、暫くするとクラブの代表をやっているO田さんが親水公園をぐるりっと回って歩いてくるのが見えてきた。メールではビールの注ぎ役と言っていたけど、会場を見る限りビールサーバだから勝手に取りに行くのだよね。注ぎ役というのは言葉の綾で、クラブの活動を売り込むのと新規オーナーを飽きさせないという意味なのだろうと勝手に解釈したのでした。

一緒に会場に入ると何か雰囲気が変。各クラブから何人かずつ集まっているというけど、五つクラブがある筈で3人ずつとすると15人。スタッフが5人位いるけれど20人強しか居ない。
スタッフの説明でお盆というのに開催時期をミスったと聞いて納得。本来なら20人位新規オーナーが居る筈なのに2オーナーで4人しか参加していないのでした。

成程、これじゃクラブ同士の親睦会としか言いようが無いよね。迎える人の方が多いのって何なのよ…

それはさておき、歓迎会に参加してくれたオーナーには楽しんで帰って欲しいから、クラブ間の挨拶は代表に任せてスタッフの勧めもあって新規 オーナーさんと話し。

30ftの木造艇を手に入れた方と26ftのオーナーさんと暫し歓談。26ftの方は油壷の方でレースのクルーをしていらしたそうで一国一城の主になるのは初めてとの事。離着岸が苦手だそうでコツを教えてほしいと言われてしまった。私も苦手な科目なのに。

でも初めての人に教えるのなら大丈夫。下手に自己流の癖が付いていないからね。

取り敢えずスプリングだけで停める方法と一本舫いを説明。でも百聞は一見に如かずだから、今度バースで一緒にやりましょ、という事になりました。口で言うより行動で示した方がやり易いし分かり易いですからね。


歓迎会という事を忘れてクラブ員だけで固まって飲んだり話をしている人や、ディンギーに乗って悦に入っている人もいたけれど、何の為の催しか忘れちゃいけないよね。勿論クラブ間で親交を深めるというのは大事だと思うけれど、この場じゃない。

新規オーナーさんと暫しお話していたけど、海が初めてという人は居なかったので話が早いのです。それに飽きない。初めて会ってこれだけ打解けられるというのは、世の中にそんなにないと思います。
ウエストでお会いするのが楽しみになってきました。

写真を一杯撮ったのだけど、初めてお会いする方やスタッフも大勢いたので割愛します。肖像権というのもありますからね。何時も登場して頂いている方にはちゃんと断ってますからね。
ねっ、ねっ、ね…


帰り際、O田さんと歩きながら唸っていました。歓迎会ではソフトドリンクしか飲まなかったのに前夜の酒がまだ残っている?
それでも一目散に駐車場に向かっていましたとさ…



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す