プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

8月30日 オートパイロット取付進行状況

主要な装置の取り付けが終わったので写真をアップします。

キャビン右舷の側壁(バテンバラ打ちの壁)にサーバー(コンピュータ)。太陽発電のコントローラと並べました。
DSCN2977.jpg

苦労して開けたバルクヘッドに取り付けたST6002コントローラです。外側から見るとこんな感じです。
DSCN2978.jpg DSCN2980.jpg

ティラードライブの電源ソケットはドライブの下に付けました。この高さで無いとコードが短いため付きません。ソケットの口と周りはコーキング材を充填し、コードはロッカーからキャビンへ配線してあります。
コクピットコーミングトップのネジ(電源ソケットの上)はティラードライブ取付補強材の接着剤が乾くまでの仮ネジです。
DSCN2981.jpg DSCN2982.jpg

ティラードライブの電源ソケットは18mmのバイメタルホールソーで開けましたが、あっという間に終わりました。やはり木工用のホールソーで90mmというのは役不足だったようでした。

コンパスの取り付け写真を忘れてしまったので次回掲載します。

残るはティラードライブ用の取り付け穴、スイッチパネルのはんだ付け、配線類を片付けると終わりですが、ティラードライブエクステンションを長さを確認してから注文したので納品されるまで暫くお休みです。(二週間掛かるという事ですから本体と同時に幾つか長さを変えて買っておけば良かったと思いました)

バルクヘッドの目隠しも考えないといけませんね。


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す