プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

6月15日 メディアプレーヤーのホルダー

今日は朝から曇り。海に出ようかと思ったけど、先日キャビンで試したマルチメディアプレーヤーのホルダーを作る事に。
置くならなるべく邪魔にならない所で、モニターの上が良いかなと思い、デッキ下の斜めになった場所に設置する事にして作り始めました。

最近アクリルで電源ボックスを作ったりして慣れたのと、前に買った端材がたっぷりあるので、これを使う事に。
Andorios端末と2.5インチHDDはそれなりに熱を出すので通風を考えながらスケッチして部材を切り出します。

アクリルの切り出しには専用の鋸があると良いそうですが、私はレザーソーを使っています。切り出し時に出る熱にも負けなくて切れ味は抜群です。切り出した時に出るバリはリューターで削り取ります。

出来上がりがこれ。
20160615-001.jpg 20160615-002.jpg
最初の写真は天地が逆さまです。

向こう側に行くにつれて浅くなっているのはデッキ下の勾配に合わせたもの。
プレーヤーとHDDを入れると…
20160615-003.jpg

プレーヤー 前面にはリモコンの感知部分があるので、アクリルだと好都合というもの。ヒールしても飛び出さないように押さえつける板も張ってあります。

これに電源を付ければ完成です…2AまでのUSB電源では動かなかったのでDC-DCコンバータを組んで12Vから5Vに降圧する事にしました(Max75WまでOK)。これにもアクリルを使ってボックスを作ってあります。

明日は雨のようですが取り付けて試してみましょう。


アクリルは溶剤で接着すると分子レベルで結合するので、接着が旨く行けば一体のようになって結構強いものが出来上がります。しかも透明…溶剤を付け過ぎてあちこちにまだら模様が出来ていますが…なので中身が良く分かって好都合です。

こんなのが増えてくると見た目がどうか気になるところですが、簡単に作れるメリットがあるのでどんどん増えそうな予感。

例えば…
国際VHFのDSCが使えるようにGPSから緯度経度と時刻情報を入力させたいのですが、適当なものが見当たりません。専用品は20K以上するし、うまく動く保証もないようなので、どうせなら失敗覚悟で作る事にしました。
秋月電子から部品を調達済みなので、これも小さなアクリルボックスに入れようと思っています。


航海用の電子機器は電気的な仕様が公開されていないので一朝一夕には行きませんが、RS232C、CMOSやTTLレベルなら分かるので、実験しながらやってみようと思います。

最終目標はAutoパイロットを始めとするRaymarineのSeaTalk1にGPSを繋げて緯度経度や速度を認識させたいのですけどね…



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
401: by Catseye on 2016/06/16 at 08:47:41

セルさん、おはようございます。

アクリルは接着が旨く行くと奇麗なだけでなく強度が出ます。割と簡単でセロテープで仮止めして溶剤を注射器で流し込むだけ。
この流し込みには注意が必要で、たっぷり流すと漏れ出して汚くなってしまいます。それでも木材を接着するより楽なのでたくさん作ってしまいそう。
カットは色々試した結果、レザーソーで木と同じ様にやってます。切り口の処理はカッターの刃で削ぐようにして何回か滑らせていると奇麗になりますよ。

強度については作り直すものがあるので、お会いした時に試してみましょうね。

400: by セル on 2016/06/16 at 01:05:03 (コメント編集)

アクリル工法中々綺麗ですね
こんな感じでケース作っていると見栄えも良いです
でもアクリルカットや接着の方法がめんどくさいと思っていましたが、
結構簡単に書いてありますが、やり方また聞かせてください
強度なども

▼このエントリーにコメントを残す