プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

5月13日 洗車ならぬ船洗い

昨日今日と続いて良い天気に恵まれてセーリング…ではなくて船のお掃除に。

普通ならクルージングに出かけている所ですが、土曜日はYBMで壮行会のパーティーがあるので体力を温存するためにマリーナで諸々のメンテナンスを。

壮行会はドイツから来ている夫妻が船の修理も終わって出港するというので、盛大に送りましょうというものです。外来艇を歓迎する趣旨の外来艇歓迎実行委員会を主催している方と桟橋でお近づきになったので、その縁で参加する事になりました。
船がマリーナに着いているというので取り敢えず見物に。

イーストの外来艇桟橋に舫われていたので見てみると、立派なバウスプリットを備え、ジブが二本のカッター。大きなハードドジャーが付いていて、アフトキャビンの大きな外洋艇です。スターンから見るとチャインが張っていて追い波でも安定が良さそう。
マストには日本国旗、スターンにドイツ国旗とマナーに沿った佇まいです。コンパニオンウエイが開いていてビールの積み込み中でした。オーナーに色々と伺えそうなので明日が楽しみです。


さて、今日は天気快晴で風もセーリングに丁度良い塩梅。これで出なかったら何を言われるか…

ぐるっと一回りしてきて昼時を少し過ぎた頃ですが、昼食はまだ。食べながら出るかなと思ってキャビンに入りジャズを掛けた瞬間、出る気が失せてランチタイムに突入でした。

そうなると何時も気になっているデッキやあちこちの汚れが気になり始めて…どうせなら奇麗にしようっと。

やおら掃除用具を取り出して、今日持ってきたX-ホースの長いのをセット。今までは15mでしたが今回のは45m。何処へでも届きますね。

最初はバウの掃除と洗い。これは比較的簡単ですが、舫いロープが邪魔かな。
お次はアンカーウェル。ここにはアンカーだけでなくロープとチェーンが入っています。何時もなら水を流してお終いなのですが、今日はじっくりと洗います。
中のものを全部取りだしてウェル全体に洗剤を着けながら洗います。泥だらけだったウェルが奇麗に。

次にアンカー類をすべて元に戻し、水抜きを止めてから水と洗剤を掛けてごしごしと。水栓代わりのロープを外して流しては水洗い。これを何回か繰り返してからロープ類とアンカーとチェーンを桟橋に日干しです。

お次はデッキ。
洗剤は水垢落としとクレンザー。クレンザーは頑固な汚れに使います。バウからスターンへ、右舷から左舷へと洗っていくと…あらら奇麗に。45mまで伸びるホースだけあって持て余し気味ですが、コクピット中やスターンまで十分に届くので使い勝手は良好。

コクピットも水量十分に流せるので洗剤を着けながらゴシゴシやっていると見違えるように奇麗になりました。それでも落ちない汚れは油汚れなので今回はパス。次回アセトンを使って奇麗にする事にします。

十分な水を使いながら船体を洗っているといつの間にか靴はびしょびしょに。船にはサンダルも置いてあるので最初から履き替えてやれば何という事はないのですが、濡れたままの靴を履いて帰る事に…
どうにも脳神経がダメというか学習効果が無いというか、後から気が付く脳天気さでした。

これだけやって何日持つかなんて考えたら船洗いなんてできるはずが無いです。それでもコクピットの隅に溜まっていた青苔や汚れの類は完璧に掃除できました。これだけでも掃除した甲斐があるというもの。人を乗せる時には気になるものですからね。

一汗かいたので冷たいものが欲しくなります。冷蔵庫からキンキンに冷えたビール~ならぬソフトドリンクを出してゴクゴクと。車でなきゃビールを飲むのですが…

今日の成果。
20160513-001.jpg

20160513-002.jpg 20160513-003.jpg

写真に撮ると余り変わった気がしませんね。それでもジャックラインの下辺りは塵も無く、汚れもきれいに落ちているのが分かります。ビミニトップの高さを調整したので、コクピットに立っていて頭がつかえない程度になっています。

細々と気になっている部分は次回、アセトンで拭きまくる事にします。


さて、お次のお題は何だろう。

ビミニトップの高さを調整したのには訳があります。ドジャー周りが汚くなっているので作り直すついでに二つの事をまとめてやりたいと思っています。
一つは色々考えた末にドジャーの幌とハードトップを作り直します。もう一つはソーラーパネルの支柱を作ります。

ドジャーはフレームを追加して後ろ側に伸ばし、ビミニトップと繋げます。そうです、26ftの船でフルエンクロージャーというのは例が少ないと思いますが、投影面積を小さくすればできないことは無いでしょう。フリッカという22ftの船でもやっている例がありますからね。
目標はフルエンクロージャーです。

もう一つのソーラーパネル支柱はビミニトップの幌に乗せたらたるんできてしまっていて、少々みっとも無い事になってきています。この冬もビミニを広げたままでしたが、支柱を作れば畳めるし、スターン部のパイプフレームが構造体になってソーラーパネルを支えられると思いました。

ドジャーとの連携もあるので少々複雑になりますが、梅雨明け位までに済ませられれば良いかなと思っています。
伊勢志摩サミットが一段落する7月までに終えれば西行でも活躍するでしょうからね。


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す