プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

5月6日 フェンダー完成

昨日出来上がったフェンダーを着けにマリーナに。
昼過ぎから雨の予報なので早めに行くはずが…

予備のステンレス線、カッター諸々の工具を持参して現物合わせのフックまで作ってしまおうという魂胆ですが、着いたのは11時頃。取り敢えず装着してみます。

スターンの方は華奢ですがパルピットの高さに合わせているのでジャストサイズ。フェンダーの直径が8インチ=20cm位なので、一回り大きい感じで収まりも良好です。仮止めに4mmのロープを使ったらうまく収まったので、予定していたフックは止めてそのままにします。
ビミニトップの支柱に取り付ける方はゆとりのサイズでもう少し頑丈。少々手荒く放り込んでも大丈夫な感じです。
左舷側には馬蹄型のブイを括り付けてあるので、これでスターン周りはほぼ満席。スターンの右舷側はFF暖房の排気口があるので、ここには何も置けません。(うっかりフェンダーを掛けておいてパンクさせた事も…)

燃料補給方々ビジターバースに移動して取り付けのイメージ写真を撮ります。前に見えるのはセルさんのSelfish Cats。
20160506-001.jpg 20160506-005.jpg
スターンのは収まりが宜しいようでしっかりホールドしてくれています。

支柱に取り付けた方は
20160506-003.jpg 20160506-004.jpg
フェンダーを二つ乗せてもびくともしません。ガイドの必要もなさそうですし、フックを作る必要もなさそうです。取り付け位置はこれが限界でヒールが過大になると引きずるかも。様子を見ながら調整する事にします。

丁度着け終わったときにセルさんと聖ちゃん、アンジーさんが…
久々の顔合わせです。

アンジーさんは先日3歳になったばかり。人懐こい犬で会う度に撫でまわしてあげると顔を嘗め回されます。
二人と一匹で出港していたらしく、船が苦手なアンジーさんは少しご機嫌斜めだったらしいですが、顔を合わせると元気が出たようでした。

セルさんとは熱海クルージングやホルダーの話で盛り上がり。O石さんと聖ちゃんもメンバーに入っているとの事で楽しみです。

昼食のため暫しお別れ。私は食後フェンダー磨きを。
今日は化学兵器の登場で、フェンダーのベトベトを磨くのに無水エタノールを用意しました。ネットで調べたらゴム系の製品でUVに晒されてベトベトになったものはこれで拭けば落ちるとありました。マウスなどの小さなものが対象だったので落ちるかどうか試しにやってみます。

布に少し多めにとって吹くとアララ、奇麗に拭き取れます。フェンダーの写真にあった黒い汚れはあらかた奇麗に。
流石に黄色く焼けている部分は落ちませんが、少し置いて乾かすとベトベトしていたフェンダーは嘘のようにきれいになりました。

途中で雨が降り始めたので、戻ってきたセルさんたちとはお別れです。クルージングが楽しみですね。

私も自バースに戻りますが、雨と共に南西の風が強くなってきて離岸が少し難しくなりました。バースに押し付けられるような感じです。こんな時は一本舫のお出ましです。右舷のウインチから桟橋のクリートに行ってこいで舫を取り、微速前進にすると船は桟橋と平行になります。
前後の舫いを外し、沖舵にしながら舫を外すと難なく離岸できました。

自バースに戻るこんな短時間でもホルダーを使います。デッキの上に何も無いというのは便利ですね。

自バースに戻ってからはお次の新兵器、アセトンです。
フェンダーのベトベトがにハルにこびり付いているのをアセトンで拭くと嘘のようにきれいになります。丁度通りかかったセルさんご一行を呼び止めて効果のほどを喧伝。

ちょっと驚きの奇麗さです。アセトンはFRPに浮いた油やゲルコートを固めるために使ったワックスを取るために使われますが、こびり付いたゴムの汚れも奇麗に落としてくれます。でも万能ではなく金属汚れは落ちません。雨だれの殆どは錆びですから、これには錆落としを用意した方が良さそうですね。

残りの気になっているものはバウのソーラーパネル。以前はバウハッチに乗せていたのを交換したため取り外したままにしてあります。ガムテープで止めていましたがさすがにずり落ちてくるので何とかしなくては。
交換済みのバウハッチに穴を空けたくないのでマストの前に固定するか…ここはセルフタッキングのジブシートリーダーを付ける場所だし…まだまだ悩みは多いのです。

来週後半は天気が悪そうなので、クルージングはもう暫くお預けです。



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
383: by Catseye on 2016/05/07 at 10:19:01

masutopokiさん、おはようございます。
ありがとうございます。ホルダーを作ってみて便利さが実感できました。

作られるのなら3mm位のステンレス線の方がしっかりしますよ。2mmは少し華奢でしたから直ぐに壊れると思います。そうしたら作り直せばいいんですけど…
スターンの方は突っ込むだけでも良さそうですが、ビミニ支柱に付けた方は波を受けると後ろに抜けそうです。手間でも結んだ方が良さそうですね。
入出港時に少し余裕をもって海上で止める瞬間があっても良いと思います。

382: by Catseye on 2016/05/07 at 09:53:15

セルさん、お早うございます。
何かを作るときは如何しても入れ込んでしまいますね。それでも装飾の類いは何も無いんです。ステンレス板でCatseyeと入れたらカッコ良いんですけど…
排気管の上は結構な温度になるので耐えられるもので無いと置けないんです。冬場には活躍しますがこの時期には無用の長物化してしまいますね。

薬品は後10回分位残っているので使うときは言ってください。綺麗になりますからね。

熱海に行く前にメインセールができているかも。
貝道さんに見積もりをお願いしてあるんです。

381: by masutopoki on 2016/05/07 at 08:02:59

同じスターンパルピットに吊るす形でも、ホルダーに入れるだけで何とおしゃれなのでしょう!
自分も簡易的に何か作って装着してみます。
まずはフェンダーの上と下を固定して、以下にもホルダーに入れた様に見せる事からかな。
ただホルダーは突っ込むのみで安定しますが、結ぶとなると手間も掛かりシングルハンドでは作業多くなりデメリットです。
仲間がいる場合は頼むのですが・・・。

380: by セル on 2016/05/06 at 22:22:57 (コメント編集)

中々良い感じで良く出来ていて、既製品のようでした
細かい作業していますね
トランサムに纏めて無いのは、排気管の場所が近いからかと思っていましたがやはりそうでしたか
横付けもカッコいいです。
それにしてもあれだけ磨くだけでフェンダー綺麗になりましたね
熱海はその内、時期見て良い日を選びましょう
慌てづ最高の日和を見つけていきましょう

▼このエントリーにコメントを残す