プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

5月5日 為せば成る3.2mmのフェンダーホルダー

今日は朝から晴れているのに一昨日のホルダーが完成していないので自宅で続きを。

前回記事の一部を訂正しました。試しに3.2mmのステンレス線を曲げてみたらそこそこ曲がるのでビミニトップの支柱に付ける方を続けて作りました。支柱は45度くらい傾けて取り付けてあるので、傾きに合わせて変形。
先に写真があった方が分かり易いですね。
20160505-001.jpg 20160505-002.jpg
横向きの写真で右側が前方。少し傾いているのが分かります。寸法出しは適当にやってあるので、取り付けてから修正するかもしれません。
スターンに取り付けるホルダーと比べると頑丈にできているので補強の輪っかは必要なさそうですが、フェンダーが斜めに入るのでガイドとして付けた方が良さそうです。

ロウ付けは少し慣れてきたのか必要なところにハンダを流し込めるようになりました。
20160505-003.jpg
写真ではハンダが付いていないように見えますがきちんと流し込んであります。
こてを当てて結合部分を熱し、ハンダを付けてからフラックスを垂らすとハンダが染み込んでいくのでてんこ盛りにしなくて済みます。
20160505-004.jpg

現物合わせしてフックを取り付ければ完成です。

一昨日の記事で3.2mmのステンレス線は曲げるのが難しいと書きましたが、曲げること自体は素手でもできます。先っぽの方で短く曲がっていたら手では難しいのでペンチやプライヤーを使います。力の入れ具合では曲がりすぎるのでほどほどに。
因みに曲線部分は手曲げ、輪に取り付く部分は道具を使って曲げてあります。

切断は折り曲げながら切るのは無理なので、ダブルアクションのカッターを購入しました。鋼線5mm位切れるもので十分です。これも少し力を入れてバツンという感じで切ります。

Amazonのユーザーレビューに手で曲げるなら覚悟が要ると書いてあったのを鵜呑みにした私がバカでしたが、為せば成るものですね。

0.7mmのステンレス線を巻いた上にロウ付けしたので見栄えは良くありませんが、そこそこ満足のいくものが作れました。
今回の材料は3.2mmの10mが0.6K円位なので、諸々を入れると1K円位で完成した事になります。セルさんの100均には負けますけどね…




トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
379: by Catseye on 2016/05/06 at 09:28:38

masutopokiさん、お早うございます。

日頃持った感触で作っているので、サイズが合っているかどうかは付けてみないと分からないのですけどね。今日持って行って合わせてみようと思っています。
今まではデッキに転がしていましたが突っかかって危ない目にあった事も。一時期、スターンにぶら下げていましたが悩みは何方も一緒ですね。

378: by masutopoki on 2016/05/05 at 18:59:44

フェンダーホルダー良いですね!
自分も直径20mm以上のフェンダーを片側3個づつ付けていますが、外して補完するにも嵩張ってしまい、航海中はキャビン内に転がしておくか(床がビショビショになる)、スターンパルピット左右に3個づつ結んでぶら下げて走っています。
デッキに置いて航行すると揺れで落ちてしまい、フェンダー下げたままの初心者ヨットマンに見られそうで・・・。

▼このエントリーにコメントを残す